スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重すぎた使命

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
騎士 ホットロディマス(復刻版)


Dsc05147.jpg Dsc05148.jpg

2012年の6月からこのレビューを始めて今回で100回目となります。
というわけで記念すべき100回目は1回目に紹介したジンライと並んでトランスフォーマーの中では最も好きなキャラクターの一人ホットロディマスを紹介したいと思います。

Dsc05200.jpg
「ちょい待てよ!何をあわててるんだ?」

というわけで、落ち着いて、今回はホットロディマスのレビューと平行するかたちでトランスフォーマー2010屈指の名作ストーリーである第28話「重すぎた使命」も紹介していきたいと思います。
※「重すぎた使命」は2011年に発売された食玩、トランスフォーマーDVDレジェンドにも収録されています。

「重すぎた使命」の「使命」というのは平たく言うとロディマスコンボイが総司令官として宇宙の平和を守っていかなければならないという使命のことで、ご承知の通りムービーで戦死したコンボイが後継者に選んだのはウルトラマグナス、しかしマトリクスが選んだのはホットロディマスだったというのが、2010以降続くロディマスコンボイの悲壮感漂う戦いの始まりですが、紆余曲折あったのち最終話の一つ前でロディマスのうっぷんが爆発してしまうところに、2010全体の奥行きの深さやロディマス達の群像劇の面白さが集約されていると思います。

Dsc05194.jpg Dsc05197.jpg

「重すぎた使命」では舞台が日本ということで、象徴的な意味で富士山や皇居が登場しますが、冒頭でアストロトレインに攻撃を受ける新幹線はなぜかトゲトゲしています。ちなみに右の画像の「未来の消防士みたいな格好をした中国人風の男」が他でもない新幹線の運転手です。

Dsc05150.jpg Dsc05152.jpg

Dsc05156.jpg Dsc05153.jpg

さて、玩具の紹介ですがホットロディマスのビークルモードは2010の主要メンバーがそうであるようにフューチャーカーとなっていて独自のデザインによるカーモードとなっています。
ボンネットにはエンジンが剥き出しになっていて、4ミリ穴が空いており付属武器のフォトンレーザーを取り付けることができます。ちなみにフォトンレーザーは二種類あって良く見ると左右の銃は違うんですよ。
また、今回は復刻版の紹介ですがTFコレクション版ホットロディマスはターゲットマスターとなっていますので、4ミリ穴が5ミリ穴に拡張されてるほか塗装なども一部変更されています。

Dsc05155.jpg Dsc05154.jpg

後年発売されるヘケヘケ版ホットロディマスと比較していますが、初代ホットロディマスのカーモードをして童夢零(ゼロ)にアレンジしたのはすごいアイディアですね。

Dsc05160.jpg Dsc05157.jpg

本物のレースってのを教えてやる。
いやあスカッとする!昔を思い出す!


劇中ではラナバウト、ラナマックとカーチェイスを繰り広げることになっていますが、分かる人が見ると実はスタントロンのデッドエンドとワイルドライダーなんですよね。当時の脚本ミスのようです。

それではロボットモードにトランスフォーム!!

Dsc05174.jpg Dsc05175.jpg

Dsc05176.jpg Dsc05177.jpg

<プロフィール>
役割:騎士
変化:スーパーカー
能力:最高速度193km デストロンのマイクロサーキットを一時的に電磁化することができる。
性格:英雄になる事と重要な地位につく事を夢見る若いサイバトロン戦士。その若さからくる衝動的な行動は自分を不利な立場に追いやる事が多い。少々短気だが常に良心的で勇敢な戦士だ。
武器:射程距離6440mの2つのフォトンレーザー


私の記憶だとホットロディマスは2010放送初期には販売されていなかったと思うんですが、というのも日本では長らくコンボイとロディマスコンボイが交代する重要なストーリーであるムービーが放送されませんでしたから、ロディマスコンボイはホットロディマスがパワーアップした姿というのが伝わりにくかったか、知っている人が少なかったからだと思います。もしかしたら私の住んでいる地域だけだったのかもしれませんが、ホットロディマスが店頭に並んでいるのを見たのはかなり時間が経ってからという記憶があります。

Dsc05202.jpg

すったもんだのうち、デストロンにマトリクスを奪われてしまうロディマスコンボイ。ホットロディマスの姿となって目を覚ましますがマトリクス奪還を提案するウルトラマグナス達に対しロディマスが放つセリフは心に突き刺さります。

「ちょうどいい機会だからハッキリ言おう。
オレはもう銀河系の平和だとか宇宙の運命とかにかかわるのはごめんだ。
どうなろうと知ったことか、来る日も来る日もやれデストロン軍団だ、クインテッサだと息つく暇もありゃしない!
それもいつかは必ず終るっていうんならともかく、この戦いにゴールは無いんだぜ!
マトリクスを取り戻したいだと?結構じゃないか、取って来いよ。
でもそいつを付けるバカはもうオレじゃないぜ。オレはもうゴメンなんだよぉ! 」


トランスフォーマーは毎回デストロンが悪事をはたらき、サイバトロンが退治するというのがいつもの構成ですが、いくら正義とはいえ悪にとどめを刺さないという姿勢が900万年も続く戦争の原因ではないかと思うんですよね。まぁアニメだから悪を根絶してしまうと話が終わってしまうわけですが、それにしてもぞっとするくらい長い間戦っているんだというのはロディマスの発言からも伺い知ることができると思います。この終わりの無い戦いにいつまで身を投じればよいのか、自分はリーダーになりたくてなったわけでもないのに、という思わず本音がどっと溢れてしまったロディマスに本当の人間らしさを感じて、最初に見たときはドキっとしました。

それ以来、人生の節目には何かと「重すぎた使命」を見返しては共感したり、思いに耽ってみたりしています。
サラリーマンのバイブルというか、ある程度の年齢に達した男性にとっては思うところのあるストーリーだと私は思いますよ。

Dsc05186.jpg Dsc05184.jpg

ヘケヘケ版ホットロディマスと比較してみます。ヘケヘケ版はとても良いできですが、旧作と比べるとすこしカクカクしていてもう少し従来の柔らかいラインを残して欲しかったかなと思います。可動もイマイチなのはそのデザインのせいでしょうね。

Dsc05207.jpg

巨大ロボットが剣道場で師範から諭されるという異様なシチュエーションには思わず笑ってしまいますが、これで迷いが吹っ切れたロディマスはデストロンからマトリクスを奪還し、サイバトロンのリーダーとして戦っていく決意を固めるという形で物語は締めくくられます。そもそもどうして舞台が日本だったのかというと、このシーンに繋げたかったからかもしれませんね。

Dsc05183.jpg Dsc05179.jpg

ちなみにヘケヘケロディマスも拳が4ミリ穴なので武器を交換することができるんですよ。

というわけでレビュー100回記念は大好きなキャラクターであるホットロディマスの紹介でした。
今回の記事を書くにあたって、また何度か見直してみましたが何度見ても良い話で心に響くものがありました。
これからも人生や仕事で躓いたり、迷った時は「重すぎた使命」を見て癒されようと思います。

それでは、次回は「重すぎた使命」のもう一人の主役、スカージの紹介でお会いしましょう。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

首輪物語

トランスフォーマー パワーコアコンバイナーズ
アイスピックwithチェーンクロー


Dsc05142.jpg Dsc05143.jpg

というわけで、今回もタナツカネタで海外ではパワー・コア・コンバイナーズ名義で販売されたアイスピックの紹介です。アイスピックは後に日本国内でユナイテッドEXローラーマスターVSチョッパーマスターのローラーマスターとして販売された経緯がありますが、国内版ローラーマスターは名前も違えば成型色もガラッと変わって藍色のような暗めの配色で全くの別人となっています。
ちなみに映画DOTM版ヒューマンアライアンスにもキン肉マンのペンタゴンをモチーフにしたようなスノーモービルに変形するキャラクターが居ましたが、どうやらそのペンタゴン野郎と同一人物だそうでパワーコアコンバイナーの後の姿ということだそうです。

icepick.jpg pentagon.jpg
似ているのは顔だけじゃないっていう・・・


Dsc05065.jpg Dsc05069.jpg

Dsc05070.jpg Dsc05068.jpg

アイスピックのビークルモードは雪上車とでも言うんでしょうか。雪山に物資を運んだりする車両で似たようなのは見た事はありますが、そういうのは全輪がクローラーであってアイスピックのように前輪が普通のタイヤで後輪のみクローラーっていうのは私は知りません。海外にはあるのか架空の乗物なのか・・・。

Dsc05072.jpg Dsc05071.jpg

前部のブレードはロボット時に前垂れになることもあって、割と幅広く開閉できます。私は閉じている方が好きですね。

Dsc05075.jpg Dsc05077.jpg

アイスピック単体で遊ぶほか、相棒のミニコン・チェーンクローをウェポンモードにして取り付けることができます。
チェーンクローのウェポンモードはミサイルランチャーになっていて同時期に発売されたミニコンの中では比較的まとまりのあるデザインなので扱いやすいと思います。

Dsc05073.jpg Dsc05074.jpg

Dsc05079.jpg Dsc05078.jpg

マイクロンジョイントですので付属のミニコンの他にも当然いろいろと取り付けることができるので、今回はルーツを取り付けてみました。
なんかゴジラに出てきそうな未来の兵器(メーサー砲のこと)を搭載した車みたいで、意外とかっこよく見えてきたりします。

Dsc05124.jpg Dsc05126.jpg

Dsc05128.jpg Dsc05130.jpg

で、変形する前にミニコン・チェーンクローの紹介です。チェインクロウかと思ったら一般的にはチェーンクローみたいですね。国内版はグレーっぽい普通の成型色なのですがこちらはクリアブルーのボディーが神秘的でもあり雰囲気は断然良いと思います。ちなみに国内版では名前はスパナ、よくみると手がゴンスケ(21エモン)みたいなんですよね。この形状からスパナになったのでしょうか。
可動も良好でチェーンクロー単品でも私はかなり楽しめます。


というわけでそろそろトランスフォーム!!

AnimationIP.gif

変形はこの時期のものにしては非常に単純でとくに説明書が無くても変形できるくらいの難易度となっています。


Dsc05098.jpg Dsc05100.jpg

Dsc05101.jpg Dsc05102.jpg

体型は腕が異常に長く手がクロー状のいわゆるハイゴッグ体型ですが、バランスは良くまぁ変では無いと思います。
ただ・・・

Dsc05112.jpg Dsc05111.jpg

この顔はなんなんすか!?
思ったほどつっこんだ人が居ないみたいですが、これ相当変でしょう。首輪みたいなのしてるし、しかも若干首が傾いているんですよね。
あと、首輪に絞められているせいか、口も「ウッ!」ってなってるでしょ。
おいおい!よく見たらおでこからゾイドのポリキャップ生えてるし!!


Dsc05107.jpg Dsc05105.jpg

Dsc05106.jpg Dsc05104.jpg

可動に関しては腕を始めよく動くと思いますが、脚はカカトが無いので接地性はイマイチです。まぁハイゴッグ体型のロボットは腕がダイナミックに動くので面白いですよね。

アイスピックのプロフィールですが、英文を私なりに翻訳すると
アイスピックは自分がディセプティコンの次世代を担う存在だと思っており、彼は合体機能を備えていない者全てが破壊されるべきだと考えています。
また、彼はオートボットから破壊していく気ですが、旧世代のディセプティコンが彼の射線上に入るならば、ためらうことなく撃つつもりです。
ということで、見た目のわりに敵味方を問わず必要無い者は排除するという危険な思想を持っているようです。

Dsc05113.jpg Dsc05115.jpg

ミサイルランチャーとしてチェーンクローは右肩のマイクロンジョイントに取り付けることができますが、個人的には小脇に抱えても良いかなと思います。腕の長さが丁度良いんですよ。

Dsc05116.jpg Dsc05117.jpg

で、チェーンクローはロボット、武器ともう一つの形態としてアーマー(写真左)になることができるのですが、これがアイスピックの胸に付いた不自然なジョイントの正体で、アーマー化したチェーンクローを取り付けることができます。
でも、顔が向き合っててどう見ても不自然なので、私のオリジナルとしてガトリングガンのようにしてみました。(写真右)

Dsc05133.jpg

いろいろ細かい遊び要素が詰まったパワーコアコンバイナーですが、その醍醐味はやはり合体ということで
レッツコンバイン!!
私は恐竜ドローン軍団しか持っていないので、あまり合わないかもしれませんがこんなんで勘弁してください。

Dsc05139.jpg Dsc05140.jpg

一見、脇が痒いのかと思ってしまいます。
ボディに厚みが無いのでペラペラした感じですが、写真の撮り方次第ではまぁ見れますね。
合体時の顔はクリアブルーでキリッとした顔が神々しい感じもあるので、メカ系ドローンよりもむしろ恐竜の方が良かったかもしれません。

というわけで今回はパワーコアコンバイナーズからアイスピックの紹介でした。あんまり作り込まれた感の無いざっくりした印象で、物自体もスカウトクラス並みに小さいんですが、遊びの要素はたくさんあるのでおもちゃとしては良いかと思います。

さて、次は記念すべき100回目の更新となります。それでは皆さんまたお会いしましょう。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

小さきもの

極小変形トランスフォーマーVSX
コンボイVSメガトロン


Dsc05013.jpg Dsc05014.jpg

というわけで電撃ホビー2004年9月号付録、極小変形トランスフォーマーVSXパック後半戦はコンボイの紹介です。

Dsc05047.jpg Dsc05049.jpg

コンボイのビークルモードは・・・なんて今さら説明するのもなんですがトレーラーキャブがコンボイの世を忍ぶ仮の姿となっています。接続部にボッチがありますが、これは別のパッケージではコンテナが付属する商品もありまして、その名残となっています。
スタイルとしてはG1コンボイは手首が差し込み式となっていてロボット時にヘッドライトに取り付ける余剰パーツとなっていましたが、その点が極小版では解消されています。忠実に縮小したからといってこのサイズで手首を別パーツ化すると紛失は必至ですのでこれくらいのアレンジはむしろ歓迎すべきでしょう。

Dsc05050.jpg Dsc05052.jpg

極小トラック野郎集合!!
今、フト思いましたがスーパージンライを真似たデコトラを作ったら面白そうですね。それはもはやデコトラと言えるのかどうかは別として宝くじに当たったら作ってみましょう。年末はダメだったので次は夏か・・・。

・・・はい。これくらい小さいコンボイならガム版モーターマスターと陸の王者の座を争えそうです。
ちなみに我が家のスーパージンライは塗装したお陰で拳がちゃんと収納できなくなったのでパーチカル・ビームキャノンが斜め45度に取り付けてあります。まぁこの方がかっこいいという意見もちらほら。

それではトランスフォーム!!

Dsc05054.jpg Dsc05058.jpg
変形機構ももちろん当時のコンボイそのものです。

そう、G1コンボイって後ろから見ると背中ががら~んとしている印象があるんですが、その点も再現されているかと思います。ちなみにライフルは手に持っているのではなく腕にはめ込んで保持するようになっています。

<プロフィール>
役割:総司令官
変化:トレーラー
能力:コンボイは強力なパワーとレーザーライフルを備えた指揮官。バギーはスパイ行動を行い2000kmも行動できる。
コンバットコンテナは通信器材や大砲を持っている。
性格:最大のパワーは知慮であり、人類を、そして地球を守ることを使命としている。


バギーってのはローラーのことでしょうね。私も大人になるまで彼がローラーだってことを知りませんでしたし。

Dsc05060.jpg Dsc05056.jpg

今気付いたのですがガム版のスーパージンライは当時品よりも顔が小さかったりとスタイルが良くなっているせいもあって、並べてみるとコンボイをそのままパワーアップしたような感じに見えますね。(実際に海外ではそうなんだけど)
コンボイの肩のマフラーがパーチカル・ビームキャノンになったのかなと当時のデザイナーの意匠に思いを馳せる今日この頃。

というわけで極小変形トランスフォーマーVSX後半戦は我らが総司令官コンボイでした。
私は近年、スカウトクラスよりも小さい物を紹介するのはなるべく避けようと思っているんですが(だからといって大きいのは撮影ブースに入らない)ずっと保管していると、あまり良いタイミングではありませんでしたがレビューの出番って回ってくるものですね。

ちなみにこの対決パッケージに20周年という表示がありますので今年はTF30周年、ちょうど10年前くらい前の物になるんですか。月日が経つのは早いですね。私は幼稚園のバスが迎えに来る前に初代のトランスフォーマーを見て、それからバスに乗って通園していたのですがあれからもう30年ですよ。いやはや、私も年をとりましたし声優さん達も高齢化してきて当然ですよね。ちなみにコンボイの玄田哲章さんは現在65歳だそうですが、あと20年は現役で声優をやってもらいたいものです。シュワちゃんの声もやっぱり玄田じゃなんじゃないとね~。

それでは短いレビューでしたが、皆さんまた次の記事でお会いしましょう。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

追悼企画 機械巨人の星

極小変形トランスフォーマーVSX
コンボイVSメガトロン


先日、1月17日に「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」及び「トランスフォーマー2010」においてメガトロン、ガルバトロンの声優を務めた加藤精三さんがお亡くなりになりました。私個人としてはメガトロンもガルバトロンも物心がついて最初に見た悪党という印象が強く、トランスフォーマーファンには珍しくメガトロンが嫌いというスタンスでこれまでやってきましたが、加藤さん自信の吹き替えはとても好きで、やはり加藤さん無しのメガトロンは考えられず、また本当に最近ではケーブルテレビの番組でナレーションを演じていらしてトランスフォーマーファンとしては親しみを感じて番組を見ることができていたのも今となっては感慨深いものとなっています。

というわけで、今回は加藤さんへの追悼の意味を込めてメガトロンもしくはガルバトロンを紹介をしたいと考えたのですが、流石にメガトロン嫌いを公言しているだけあってメガトロンもガルバトロンも持っていないんですね。やっぱりオライオンパックス&メガトロナスは買っておくべきでした!!
でも何か関係するものは無いかなと探したらありましたよ。。。

Dsc05013.jpg Dsc05014.jpg

本品はパッケージ裏にあるように電撃ホビーで2004年9月に雑誌の付録として配布されたものとなっています。

Dsc05015.jpg

4、5年前に未開封(だと思う)の中古品で手に入れたのですが、中はこんな風に入っていました。ちなみに当時から説明書って無かったんでしょうか?あとでまたお話しますがメガトロンの変形には相当苦労しましたよ。

Dsc05036.jpg Dsc05038.jpg

Dsc05040.jpg Dsc05041.jpg

メガトロンの世を忍ぶ仮の姿(ビークルとは言わない)は言わずと知れたワルサーP38です。日本ではルパン三世の愛用銃としてもよく知られていますが、G1メガトロン同様スコープも付いていて、とてもよくできています。
MPコンボイとかだったら丁度持たせるのに良いサイズなのかなと思いましたが、持って無いのでユニクロンに持たせてみました。ちーとユニクロンが大きすぎるみたいですね(苦笑)

以前から言っていますが、幼少の頃の私は乗物以外にトランスフォームするトランスフォーマーを理解できなかったので、そういう点でもメガトロンは嫌いだったんですよね。ワルサーになると明らかに大きさが変わるし、そういった宇宙の神秘も消化することのできない頭の硬い子供でした。

それではデストロン軍団トランスフォーム!!

Dsc05031.jpg Dsc05033.jpg

Dsc05064.jpg Dsc05018.jpg
後ろ姿をよくみると複雑な機構をしてることが分かるかと思います。

極小サイズながらメガトロンの雰囲気は十分に出ていて、塗装もシルバーが美しいですね。

旧作を持っていない私には大きなことは言えませんが、変形機構は当時のものとほぼ同じつくりになっているそうで、そのせいか大変難しいというか小さ過ぎて動かすのが怖い存在となっています。説明書も無かったので本当にどうやって変形するのか手探りという感じでしたね。いやしかし、トランスフォーマーの最も初期の段階でこれだけの変形機構を備えていたメガトロンは優秀な玩具だったと思います。

<プロフィール>
役割:破壊大帝
変化:ワルサーP38
能力:強力な破壊力の融合カノン砲を持っている。融合カノン砲はブラックホールをつくり出し、そこから反物質を引き出す恐ろしい破壊力を生み出す。
性格:全宇宙の征服をたくらむデストロン帝王。サイバトロン軍団の破壊と地球上の資源を手に入れることを決意している。


Dsc05025.jpg Dsc05027.jpg

スコープこと融合カノン砲は肩のポッチにも取り付けることができます。ですがすぐ落ちますので我慢を。

Dsc05042.jpg

「このワシを呼びつけることなど誰にもできんはずだぞ!!」

メガトロンで印象的なシーンというと私はムービーでユニクロンと対峙しても全く臆すること無いメガトロンを思い出します。メガトロンはコンボイとの戦闘で傷つき満身創痍の状態なのですが、それでも圧倒的なユニクロンに屈することなく結局は利用してしまうところが流石は破壊大帝。私のような凡人にはこういう切り返しは思いつかないなぁと感心したもんです。

というわけで、今回は初代メガトロンの声優、加藤精三さんの追悼企画ということで申し訳ない気持ちもあるんですが極小メガトロンのレビューでした。ちなみにウィキペディアによると加藤さんにとってもメガトロンは大切にしているキャラクターだったそうで、G1放送後もメガトロンと名の付くトランスフォーマーは自分で買い揃えていたという話です。極小版は持っていたのかな?
加藤さんのご冥福を心よりお祈りします。

それでは2個セットなので次はコンボイでお会いしましょう。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

誰だお前!?

ビーストウォーズ超生命体トランスフォーマー
特殊戦闘員 ダイノボット


というわけで、今回は棚から一掴みいわゆるタナツカネタでビーストウォーズからダイノボットの紹介です。
それまでのトランスフォーマーでは「ダイノボット」というのはグリムロックやスナールなど恐竜型トランスフォーマー達の総称であったわけですが、彼は単体でダイノボットなので放送当時、古参のファンには違和感があったかと思います。

Dsc00117.jpg Dsc00118_201312262127374ce.jpg

それまで日本で恐竜というとティラノサウルス(Tレックス)がまず第一に思い浮かんだものですが、映画ジュラシックパークの強烈なインパクトによりラプトルが市民権を獲得した、そんな時代の話です。

ちなみにパッケージにはラプトルという記載は無く、単に恐竜となっていて雰囲気は出ていますが、腹にあたるロボットの足の処理に問題があるほか、個体差かもしれませんが目の塗装がいまいちで完全にイっちゃってる感じになってます。

Dsc00119_201312262127405c0.jpg Dsc00120_20131226212731361.jpg

ダイノボットが最も活躍するのは続編ビーストウォーズメタルス第8話「あばよッ!」において谷に住む原生人類を守るため孤軍奮闘ののち絶命するシーンですが、その前半パートではこのイっちゃった恐竜がガラクタのような光線銃を手にして闊歩するシーンがあり、特に自分の武器というわけでもない、そこら辺にあった銃を持っていくあたり、妙にリアリティがありダイノボットの覚悟めいたものを感じさせてくれます。


それでは、ウー・ガンダー!じゃなくてダイノボット変身!!

AnimationDB.gif

変形は簡単です。恐竜状態でも隠しきれてない脛(すね)部分はロボットになっても違和感があり、武器になる尻尾も大き過ぎます。恐竜の手足はよくできていて塗装もそれっぽいんですが、ビーストウォーズ初期の商品だからかバランスが整ってないんですよね。

Dsc00151_201312262128243f9.jpg Dsc00153_20131226212934389.jpg

Dsc00154.jpg Dsc00155_20131226212938f52.jpg

<プロフィール>
デストロンの一員であった彼は、コンボイとの闘いで考えを改め、正義の戦士となった。
当初は他のサイバトロン員と衝突もあったが、今では仲間を思う一面も見せている。


アニメの中ではデストロンとサイバトロンを行き来し、己の信念のために戦う名キャラクターでしたが、アニメと比べると全く似ておらずチータスでなくても「誰だお前?」と言いたくなるフォルム。特に恐竜の後ろ足がそのまま手になっていたり武器である尖った剣を不器用に握っているところなんか妖怪人間ベムそのものですよ。

Dsc00159.jpg Dsc00160.jpg

Dsc00161.jpg Dsc00164.jpg

早く人間になりたいっ!

それはいつ生まれたのか誰も知らないわけですが、初期のビーストウォーズにはビーストマスクという謎のギミックがありました。
ちなみにアニメの妖怪人間ベム(1968年)のベムは変身する時に「ウーガンダー!」といって変身するのですが、杏ちゃんや亀梨くんのドラマではそういった表現は削除されていましたね。残念。

Dsc00147_20131226212823ed1.jpg Dsc00156_20131226212941ebc.jpg

Dsc00166.jpg

最後になりましたが尻尾の付け根にあるスイッチを何度も押すと展開した尻尾が勢い良く回転します。アニメでは剣の刃がクルクルと常に回転しているのが気になりますが、玩具では回転するのは盾だけとなっています。

ということで、ビーストウォーズからダイノボットの紹介でした。
では皆さんまた次の機会にお会いしましょう。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。