スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP19は二度死ぬ

トランスフォーマーマスターピース
サイバトロン戦術家 スモークスクリーン


私は家庭の事情で欲しいと思っても以前のようにポンポンとTFを購入することはできないんですけど、まあクリスマスだし、たまには良いだろうと思い切って購入したMPスモークスクリーン。開封して写真を撮っていると左後方の窓から斜め下に向かって接着剤の跡のようなものが付いていたんですね。
パッと見が鳥のフンが落ちてきたみたいだったので、まぁ東南アジアのなんとかいう国では鳥のフンが落ちてくることは幸運の前触れというらしいから我慢しようかと思っていたのですが、やっぱり最高品質を謳うマスターピースにこれはあっちゃいかんだろうと思い直しサポートセンターに問い合わせました。
で、すぐに代替品を送ってくれたので(部品交換になると思っていた)なかなか対応が良いぞ!流石はタカラトミーと思って開封したら今度は塗装乾燥前にボディに触れちゃったんですかね?指紋がキッチリと付いていました。しかも変形させてみるとフェンダーミラーの裏側には接着剤が大幅に垂れて固まっています。変形に支障は無かったけどやっぱりボディの光沢は車の命ですからそれに指紋があってはなぁと、

Dsc33.jpg Dsc00058_201312211159467b7.jpg
写真じゃほとんどわかりませんが、肉眼ではハッキリわかるのでやっぱ気になるよね。

そんなわけで今現在3台目のスモークスクリーンの到着を待ちながら更新しております。

やっぱり長く集めているといろいろあるなぁと、むしろ経験を積んだ猛者のような気がしてくる今日この頃。それではMPスモークスクリーンの紹介です。

Dsc00039.jpg Dsc00033.jpg

Dsc00036_2013121521572141c.jpg Dsc00037_20131215215723292.jpg

スモークスクリーンのビークルモードは「日産フェアレディ280-T」と呼ばれるフェアレディZの型で、箱の裏の解説によるとこのトリコロールカラーは1982年にIMSA-GTOクラスでチャンピオンを獲得したエレクトラモーティブ所属の「ダットサン280ZXターボ」というレーシングカーをモチーフにしたそうです。
IMSAというのは「国際モータースポーツ協会」のことでアメリカの自動車レース統括団体のことだそうです。私はその当時のことは全く分かりませんがアメリカはアメリカを除くヨーロッパやアジア地区でのモータースポーツ文化とは異なる独自の文化を持っていますので、その当時IMSAによるGT(市販車ベースのレーシングカー)レースというのがあったんでしょうね。

Dsc00026_20131215215609145.jpg Dsc00028_20131215215601e14.jpg

初代スモークスクリーンは持っていないので、プロールと比較していますがコレクション版も相当良くできていると思っていたけど、マスターピースと並べると雲泥の差ですね。大きさも倍はありますが、やはり車としてのデザインが本当によくできています。そうでないと日産もOKは出さないとは思いますが、これが変形するのかと思うと凄いですよね。
ちなみにスモークスクリーンは先に発売されたプロールとの差別化のためフロント下部にエアロパーツ、車体後部にはリアウイングが取り付けられておりレーシングカーとしての主張がみられます。

Dsc00025.jpg Dsc00022_201312152156053e8.jpg

左がジャミングランチャー、右がディスラプターライフル
スモークスクリーンもランボル同様にビークルモードでも武器を装備することができます。

Dsc00020_20131215215512f62.jpg Dsc00021_20131215215603bed.jpg

フル装備で世紀末的状況に。っていうかなんだろう?ウルトラマンに出てきそうな感じ。

<ジャミングランチャー>
ビーム兵器。強力な電波信号や磁場、赤外線等を発する無数の微粒子をエネルギー波と共に射出し、標的となる航空機の航空システムをかき乱す。

<ディスラプターライフル>
電気エネルギーウェブを投射し、標的の電子装置の機能を阻害・ショートさせる特性を持つ。



それではロボットモードの紹介です。今回は変形が難しかったのでアニメーションは無しです。

Dsc00004.jpg Dsc00003.jpg

Dsc00005.jpg Dsc00006.jpg

個人的には変形はとても難しく感じ、特にフェンダーミラーを畳み込むところで苦戦しました。最終的に背中にくるフロントウインドウのジョイントを上手くはめ込むことができなかったので(無理にはめ込むと胸が浮き上がる)背中は少し空間があいています。
1台目だけの個体差かと思ったのですが、2台目は少しマシという程度だったのでやはり私には難しい変形です。3台目はどうだろう・・・。

スタイルに関して言うと顔がプロールと違うものがついていてスモークスクリーンらしい顔になっています。また、肩から腕の取り付けもプロール、ストリークとは違っていて差別化が図られているようです。レーシングカーなので仕方ないのですがつま先のリアウイングは折り畳めるようにして欲しかったですね。

Dsc00011.jpg Dsc00001.jpg

もちろんロボット状態で武器は装備できます。
やはり武器を装備して初めてスモークスクリーンという感じですね。ボディに大きさがあるので手に持った感じも高級感がありますしアニメからそのまま飛び出した文句なしにかっこいいデザインといえるんじゃないでしょうか。

Dsc00008.jpg Dsc00009.jpg

ジャミングランチャーの取り付けはこのように、背中からマウントを展開して武器を差込み固定となっていて、地味ですが精度はかなり高く作られていると感心しました。

Dsc00010.jpg Dsc00017_2013121521552176a.jpg

Dsc00002.jpg Dsc00016.jpg

<プロフィール>
役割 戦術家
座右の銘 見た目で惑わすことができれば、微量でも致命的になる。
性格 敵を分断・孤立させるかく乱戦術を得意とする。戦場でサイバトロンの戦略意図が敵に見抜かれないように立ち回ることが多いため、仲間との親しげな会話でも、常にポーカーフェイスを決め込み、口には出さない思惑を秘めている。だが、魅力的で愛想がよく、仲間からの信頼も厚い。ビークルモードでは金属に吸着する濃密な黒煙を噴射する。
そのほか、敵の視界や索的機能を妨げることに特化した武器がほとんどであるため、火力では劣るところがある。そのため敵との直接戦闘は避け地形や周囲の障害物などを友好的に使い、敵を不利な戦況に落とし込む戦法を得意としている。


Dsc00013.jpg Dsc00012_20131215215514036.jpg

マスターピースなので可動範囲はかなり高いレベルで設計はされていますが、いかんせん膝から下が箱のような構造なのでいまいち思い切った動きというのがとれません。後ろから見ても下半身のスカスカ感は結構気になります。ランボルがそういう空間を埋める工夫がしてあっただけにちょっと残念ですね。

とまあ個人的に相当待ちに待った発売だったので、商品自体は良いものの、2度の初期不良というのにはちょっと考えさせられました。やはりマスターピースという最高ランクに位置づけた商品を展開するならばそれに見合った商品管理というのは絶対必要だと思います。3台目のスモークスクリーンが完品であることを期待してもう少し到着をまとうと思います。
それでは皆さんまたの更新の時にお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アニメに準じて頭部はサックのよう、肩のタイヤも水平なのは嬉しく思います。説明書に名前のあるブラックビームのエフェクトパーツがほしいと思うのは欲ばりでしょうか。

No title

>紅澪斗燭鍍さん

独特の頭でカッコイイとは思えませんが、再現性が高いという点ではファンには嬉しいところですよね。
MPといってもフェアレディ三兄弟は武器が少ないので、スモークスクリーンはジャミングランチャーが付いているだけでも良い方なのかな?
まぁしかし武器の少なさにしてもなんというかMPの質は下がってきているように思えます。
検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。