FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色の研究

トランスフォーマージェネレーションズ
サイバトロニアンバンブルビー


Dsc04362.jpg Dsc4358.jpg

というわけで、前回に引き続き今回もバンブルビーの紹介ですが、本品は海外では「ジェネレーションズ」、日本では「ユナイテッド」名義で発売されたものとなっており、私の購入したものは珍しく海外版でありますので、今回はジェネレーションズの方でカテゴライズさせて頂きましたので予めご了承ください。

それではジェネレーションズ版サイバトロニアンバンブルビーの紹介です。

Dsc04385.jpg Dsc04390.jpg

「サイバトロニアン」というだけあって、サイバトロン星でのバンブルビーありのままの姿ということなんだと思いますが、ビークルモードは今までに無くスタイリッシュでモーターショーなどで見るようなコンセプトカーを髣髴とさせる近未来的なデザインとなっています。
映画「トロン」なんかに出ててもおかしくないような感じですね。あ、トロンと言ってもレガシーの方ですよ。

Dsc04391.jpg Dsc04388.jpg
一見、PCのマウスのようでもあり・・・。

この状態からロボットになるというのが想像できませんが、非常によく計算された変形機構を持っています。
惜しいのは若干パーツの噛合いが悪く、多少隙間が開いたり段差ができたりすることですね。
あと、転がし走行はもちろんできるんですが、武器を取り付けるジョイントが何も無いのでおもちゃとしては少し物足りないかもしれませんが、その分デザイン性を向上させたと考えて納得しましょう。

それではトランスフォーム!!!

AnimationGBB.gif

変形パターンそのものは特に珍しいものではありませんが、一つ一つのパーツが絶妙に移動するのですよ。
特にロボット⇒ビークルだと、まるでおにぎりを握るかの如く車ができあがっていきます。
これは一体どういう風に図面を起こすのか見てみたいものです。

Dsc04371.jpg Dsc04372.jpg

Dsc04373.jpg Dsc04375.jpg

今更ですが、海外版は国内版のようにメッキ塗装はされておりません。ただし成型色は普通の黄色ではなくラメの入った黄色・・・というかこれはゴールドなのかな。
顔はいかにもバンブルで、よく見ると、ところどころ違うんですが全体的には前に紹介したメトロマスター版バンブルビーのモデルになっていると思われる体型をしています。
しかし、背中に背負ったビークルのリアパーツは化物語の八九寺を彷彿とさせますね。丸っこいイメージを出したかったのでしょうか。

ちなみにパッケージの英文を私なりに解釈するとバンブルビーは黄色という目立つ色をしていながら敵地潜入を得意としていて、彼の明るくユーモア溢れる性格は戦争という暗い日常に安らぎを与える貴重な存在となっているそうです。

Dsc04364.jpg Dsc04367.jpg

こちらは国内版なのでユナイテッドになるんですが、オプティマスプライムと並べるとこんな感じになります。
バンブルビーだからといって別段小さくは無いんですけど、デザイン的に細身なので同じWFC(War for Cybertron)出身とは思えないくらいボリュームが違います。
そもそも今時はバンブルビーがミニボットだったというイメージすら無くなって来ているんですかねー。

Dsc04356.jpg Dsc04357.jpg

Dsc04359.jpg Dsc04360.jpg

手持ち武器としてブラスターが付属しており、ビークル、ロボット両形態でドーム型のリアアーマーの裏に取り付けることが可能です。
可動に関しては足首の関節が固定されているので上手く膝立ちができないということ以外は優秀で、ただし足回りの関節が緩いので若干頼りない感じはあります。アイデア次第でジョジョ立ちも可能ですよ。

Dsc04368.jpg Dsc04370.jpg
「目立つ色になったから気をつけろ。」

オプティマスの武器を持たせてみました。やはり金色のロボットは背面撃ちをしないとね。
見ての通り可動は良好です。

Dsc04377.jpg Dsc04379.jpg

Dsc04378.jpg Dsc04383.jpg

更に隠し武器として両腕からブレードが展開します。出し入れは手動ですが、クリアピンクの素材を使用していて近未来感を演出するのに良いアクセントとなっていると思います。

はい。というわけで海外版ジェネレーションズからサイバトロニアンバンブルビーの紹介でした。
国内版が発売する少し前に安くなっていたので購入したのですが、国内版のメッキ塗装を見て「やられたー!」と思った苦い経験があります。しかしまぁ、ビークル、ロボット共に非常に洗練されたデザインであり子供にはちょっと変形が難しいと思いますが武器も豊富で大人のコレクションアイテムとして充分通用するクオリティではないでしょうか。プライムや映画版のしゅっとしたバンブルビーとはまた違ったバンブルのデザインを感じてください。

それではまた次回お会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。