スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクストジェネレーションズ~後編~

トランスフォーマージェネレーションズ
オートボット情報員 バンブルビー


Dsc04211.jpg

続いて後編はバンブルビー&ブレイズマスターを紹介したいと思いますが、今一度説明しておくと、この商品は海外ではメトロマスタークラスの商品としてオプティマスプライムとバンブルビーが別々に販売されたもので、その大きさはメトロプレックスと絡めて遊べるよう従来のEZコレクションよりも少し大きくゴラードラの手足組と同じくらいとなっています。日本では上記の写真のようになぜかセット販売をされることとなりました。

Dsc04218.jpg Dsc04219.jpg

Dsc04220.jpg Dsc04230.jpg

バンブルビーのビークルモードはハッチバックタイプのコンパクトカーでヘケヘケ版バンブルのビークルモードに似た感じでしょうか。オプティマス同様バンブルビーもメッキ塗装が施されていて少し高級感があります。

Dsc04237.jpg Dsc04234.jpg

Dsc04235.jpg Dsc04232.jpg

続いて相棒のブレイズマスターですが、彼は女性??多分男性だと思うんですけど、ちまたでは空中から腐食ジェルを撒き散らし、逃げ惑うディセプティコンを見るのが趣味ということで有名な彼ですが、その設定は劇場版第2作のリベンジの時に販売されたブレイズマスター(本編未登場)のもので、このブレイズマスターもそうなのかどうかはわかりません。ちなみにブレイズマスターという名前はマイクロトランスフォーマー、空中偵察戦士スカイパトロールチームの一人で、やはりヘリコプターに変形するブリーズマスターが元祖のようです。
ところでバンブルビーの相棒がなぜブレイズマスターなのでしょうか?

Dsc04241.jpg Dsc04239.jpg
ロボットにももちろんなりますが、ローラーと同様ほぼ立たせただけです。

Dsc04229.jpg Dsc00704_20131029211255066.jpg

ちなみにビークルの天井にはジョイントがあるのでブレイズマスターを取り付けることができますが、これってホットロッドとジョルトの関係みたいですね。
「バンブル≠ホットロッド(ホットショット)≠ホットロディマス」という図式はここ数年確実に存在すると思うのですが近年ではプライムのバンブルビーのリデコがホットショットでしたし。。。バンブルとホットロディマスという本来全くの別人である二人をホットロッドを通して同一人物にすり替えようという思惑を感じます。

そんな憶測はさておき。そろそろトランスフォーム!

AnimationMMBB.gif

変形は単純ですが、腕や背中など多少変化がつけてあります。ちなみに私は塗装の皮膜でジョイント同士がくっついてしまっていたらしく、変形の際に背中と腰を繋げるジョイントを折ってしまいました。幸い接着剤でくっつけることができましたが、久しぶりに破損させてしまいましたよ。皆さんも注意してくださいね。

Dsc04251.jpg Dsc04254.jpg

Dsc04255.jpg Dsc04257.jpg

バンブルビーのロボットモードはユナイテッド版バンブルビー(サイバトロンモード)によく似ていますが、特徴としては太腿から足にかけての印象が女性っぽいところでしょうか。残念なことに首が動かないのと肩のアーマーが腕に干渉するのでポージングにゆとりが無く、思ったほど可動しません。

Dsc04256.jpg Dsc04272.jpg

<プロフィール>
隠密行動に長けているバンブルビーと、目立ちたがり屋のブレイズマスター。多くのオートボットの仲間達は、似ても似つかないバンブルビーとブレイズマスターのコンビを不思議に思っている。だが一緒に戦う姿を見ると、その意外な相性をすぐに理解する。なぜなら、ブレイズマスターが派手に敵を挑発し注意をそらしている隙に、バンブルビーが密かに狙いを定めるという最高のコンビネーションを発揮するからである。


正義の戦士がおとり作戦とは感心しませんなあ。

Dsc04273.jpg Dsc04274.jpg

皆さんにはお話したいことがたくさんあるので、話が前後してしまうんですけど、バンブルビーのジョイントはオプティマス同様に汎用性の高い5ミリ穴が採用されておりますが、彼の腕のホイールも5ミリのジョイントとなっているのでブレイズマスターのプロペラ以外にもいろいろと考えて取り付けることが出来ます。

Dsc04277.jpg Dsc04276.jpg

今回は吟味する時間が無かったので近くにあったジダRを取り付けましたが、逆にいえばマイクロンにプロペラを取り付けることも可能というわけで空戦型ジダRもできるというわけです。

はい。というわけでボリューム的にはたいしたこと無いんですが、あえて前後編に分割したお陰で管理人としては一粒で二度美味しい商品となりました。
やはり今回の商品化にあたってはローラーの存在というのが個人的には大きく、超ロボット生命体としては初(?)の立体化となり、今後も彼のバリエーションやリテイクには期待したいと思います。
玩具としてはメトロプレックスと一緒に遊ぶことを前提として作っているみたいですが、私には豪邸に住まない限りは到底購入を許してもらえませんので、それはさておき。EZコレクションに毛が生えた程度の商品にローラーやブレイズマスターといったマイクロンというかターゲットマスターを付けて付加価値を増やしたのはなかなかよく考えていると思います。ただ変形させて終わり、という形ではありませんからね。
今後ディセプティコン勢からもメガトロンとスタースクリームが出るみたいですけど、付属するマイクロンがこれまたマニア心を突くアイテムで欲しくなりますよ。

それでは今回はこの辺で。ではまたお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

欲しくなった

約1年ぶりにコメントです・・・いつも見ていますよ(^0^)/

こういう若干チープながら遊べるというのは私は好きです。
ローラーはMPコンボイにもありましたが、変形するローラーが手に入るというだけで意義があるかも・・・?

ブレイズマスターの名は取って付けただけかと思います。
多分、かのアクションマスター版バンブル付属の銃に変形するヘリパックが元ネタで特に名前は無いから・・・という感じで。
あとホットロッドとヘリのジョルトというコンビも、このバンブルからの発想なんでしょうね。

No title

>ロード零司さん

約1年ぶりって、お久しぶり・・・になるんでしょうか。
いやはや、1年が経つのって早いですね。

MPのローラーはリアルになっただけですので、やはり知性を形にしたジェネレーションズ版ローラーは価値があると思いますよ。道具を手に持ってこそ知的生命体というものです。

アクションマスターのバンブルは思いつきませんでした。ヘリに歴史ありですね。
週一回くらいは更新したいと思っていますのでこれからも気長に見てやってください。
検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。