スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサイルマン

トランスフォーマーギャラクシーフォース アーマーハイド

Dsc04034.jpg Dsc04035.jpg

というわけで今回は前回のオプティマスプライマルの超力変形(上下逆転変形)繋がりでギャラクシーフォースから日本未発売だったアーマーハイドの紹介です。
「アーマーハイド」というと近年ではアニメイテッドに登場するラチェットの色替えキャラが有名ですが、日本版アニメイテッドではバルクヘッドがアイアンハイドと呼ばれることになった為に、本来のアイアンハイドと区別する意味でアーマーハイドという別のトランスフォーマーの名前を付けてしまったのでしょうか?

Dsc04036.jpg Dsc04037.jpg

で、ギャラクシーフォースのアーマーハイドの名前の元は分かりませんが、ビークルモードの見た目はアイアンハイド=アーマーハイドというよりも、大きさもスカウトクラスでコンパクトということもあってG1ミニボットのパイプスを思い出させるような荷台の無いトレーラーキャブのみの構成となっています。

余談ですが、私のアーマーハイドは左側の一番後ろの後輪のホイールが未塗装となっていて、最初はそういうコストダウンなのかなと思ったら右側はちゃんと塗ってあるので単なる不良品だということに気が付きました。

Dsc04039.jpg Dsc04038.jpg

折角なのでDOTMのメックテックトレーラーを牽引してみると、これが肉眼では全くサイズが合わないのに写真では割とマッチするという。
メックテックトレーラーは箱が大きいので購入を迷いましたが、いろいろ使えるので買って正解でした。

Dsc04020.jpg Dsc04022.jpg

また、ロボット時に武器となるライフルはトレーラーキャブの後方に取り付けることができ、大型のレッカー車のような形にもなります。
ただ、これはあくまでも余剰対策であってアーマーハイド本来のビークルモードがレッカー車というわけではないと思います。

Dsc04023.jpg Dsc04025.jpg

Dsc04027.jpg Dsc04026.jpg

というのもアーマーハイドはサイバープラネットキー(フォースチップ)を車体中央に挿入することでミサイルランチャーが展開する仕組みになっているのですが、例のライフルを取り付けているとキーを挿入することができないからです。
このミサイルランチャーはただ単に蓋が開くだけでなく、発射はできないもののミサイルが本体から若干飛び出す仕組みになっています。
このトレーラーキャブのボンネットから8門のミサイルランチャーが飛び出すという仕組みは世紀末的で私は非常に気に入っています。

Dsc04089.jpg Dsc04093.jpg

また余談ですが、サイバープラネットキーはライフルに取り付けることで余剰対策がとってあり、細かいところですがフロントガラスの裏側もちゃんとモールドがあったりと、スカウトクラスにしては丁寧に作られていて好感が持てます。


では、そろそろトランスフォーム!!

AnimationAH.gif

変形は極めて単純ですが、トレーラーキャブが逆さまになるというアイディアは珍しいですよね。たいていの場合、後輪の部分は足になりますから。

Dsc04080.jpg Dsc04078.jpg

Dsc04077.jpg Dsc04081.jpg

基本的にはずんぐりむっくりした体型なんですが、精悍な顔立ちとブルーが爽やかさを演出しているのか、ヒーローっぽい印象になっています。ちょっとロックマンに印象が似てますかね。

日本未発売のものなのでパッケージの英文を訳すとアーマーハイドはディセプティコンとの戦いの中に楽しみを見出しており、タフで勇敢な彼は敵であるディセプティコンに対しては一切の容赦しないファイターであるというようなことが書かれています。
と、このあたりはアイアンハイドに通じるものがありますね。

Dsc04063.jpg Dsc04084.jpg

Dsc04071.jpg Dsc04065.jpg

手持ち武器であるライフルもなかなか似合っていて様になります。ただ、ライフルの両脇にジョイントが開いていて一見、拡張性があるように思えるのですがマイクロンジョイントである5ミリよりも大きく、実際にはマイクロンを取り付けることが出来ないのが残念です。

Dsc04058.jpg Dsc04059.jpg

で、当然というべきかフォースチップギミックはロボット時でも健在で、キーを挿入することによりミサイルランチャーが展開します。また、ギャラクシーフォース関連のコレクションが少ない私にはこれが珍しいのかどうかちょっとよくわからないのですが、ビークル時と上下が逆になるロボット時でもキーは表向きに挿入することができます。

Dsc04060.jpg Dsc04061.jpg

Dsc04068.jpg Dsc04069.jpg
なんとなくマジンガー軍団を思い出す。。。

可動に関しては小さいながら膝立ちもでき、足首がちゃんとあるので接地性も良く、表情豊かにポージングできます。

Dsc04072.jpg Dsc04074.jpg

拳の穴は5ミリなので好きなマイクロンを持たすことが出来ます。アームズマイクロンのダイを持たせて更にミサイル力を高めてみるも良し。

Dsc04087.jpg Dsc04086.jpg

ガトリングガンを持たせてフルバーストするも良し(笑)

Dsc04083.jpg Dsc04066.jpg

というわけで、ギャラクシーフォースから日本未発売のアーマーハイドの紹介でした。サイズはスカウトクラスと小さく、ずんぐりした体型ながらカラーリングの妙というか青の映えるボディはヒロイックで非常にかっこよくまとまっています。また変形も単純ですがトレーラーキャブの上下が逆転するという珍しい作りで何度も変形させて遊ぶ楽しさがあると思います。個人的にはホイールの塗装ミスが残念ですが、総合点はかなり高いプレイバリューのある商品ですね。どうして日本で発売されなかったのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。