FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリップ・ストライプ

カバヤ トランスフォーマーガム
ガイアスクランブル ドラッグストライプ


別に私はガイアスクランブルの全メンバーを紹介しようというのではないのです。ただ、たまたま偶然に前回のレビューがドラップストリップだったもので、それで今回は流行に乗るべくガイアスクランブルネタで攻めてみようと思った。ただそれだけなんです。

Dsc03600.jpg

~ストーリー~
サイバトロンとデストロンのスクランブル合体戦士たち12人が戦闘中にブラックホールに飲み込まれてしまった。別の宇宙に飛ばされた6人の戦士たちは、元の世界に戻るため、そして残りの6人を探すため、一時的に手を組むことになった。彼らは6体合体戦士「ガイアスクランブル」となり、別宇宙の突破を目指す。巨大合体剣「ブラックホールバスター」でブラックホールを突き破れ!

というわけで、トランスフォーマーではありがちな設定ではございますが、この妙な設定のお陰でサイバトロンもデストロンも関係なくトランスフォーマーガム(300円)と合体が出来るというわけです。でもコンパチで12体は正直無駄な工夫だったと私は思いますよ。


12個買えば普通にコンプリートできるのであればそうしていたのですけれど、どうも成型色の違いは番号では判断できないようですし、私のような小さな都市に住んでいるような人には店頭入荷数的にもコンプリートできないことがわかっていましたので、話のネタにでもと思ってとりあえず3個だけ買ってみました。

トランスフォーマーガムはフォートレス以来だったので、久しぶりにプラモデルを組みましたが、1つ10分くらいで組めるかな。前作のガイアガーディアンよりも楽に作れると思います。12体作ろうと思ったら大変ですからね、その点は良かったと思います。

Dsc03602.jpg Dsc03605.jpg

で、参考までにとりあえずエアーライダーとデッドエンドの色違いでブレークダウンです。
どちらも完全変形ではありませんが、なかなかスタイルは良くできていますし、そういう部分をオミットした分ガイアガーディアンよりもカッチリとした組み具合になっています。

Dsc03610.jpg Dsc03615.jpg

ところが本題のドラッグストライプはというと、
いったいどうしたっていうんだい!? 
というくらい奇抜なデザインとなっています。ドラッグストライプ(ストリップ)といえば、前回説明したように代々フォーミュラマシンをモチーフにしてきた(一部違うのもある)由緒正しき血統ですが、この車は何だろう・・・。一応、フロント部分は細長くなってシュモクザメよろしくフロントウイングが付いているように見えますが、どっちかというとルマン24時間レースを走るようなスポーツプロトタイプのようにも見えますね。

Dsc03616.jpg Dsc03627.jpg

それはさておき。ドラッグストライプは構造的には3分割されていてフロントウイング、車体、リアウイングというふうになっています。ちなみに右の写真に写っているのは合体時、足になった時専用のベースです。

Dsc03630.jpg Dsc03633.jpg
パーツの付け替えでワイルドライダーにすることも出来るが、まずシールが違うし固有の成型色があるのでマニアは納得しないでしょう。でも、こっちのほうがかっこいいかも。

そしてコンパチという構造についてですが、ドラッグストライプに関しては組替えとシールの変更で「ワイルドライダー」にもできるようになっています。その組み換えというのが、フロントとリアのウイングを居入れ替えることなんですが、そもそもこのガイアスクランブルには12体固有の成型色があるようで、例え組替えても本当に12体揃えたことにはならず、そこが私のコレクターとしての心を折ったところであります。

販売前の説明では2種類の成型色があり、共通部品の流用で一粒で二度美味しい商品なのかと思っていたんですよ。ただ、僅か200円足らずの商品でそんなことできるのかと不思議には思っていましたが、事実は想像通りというわけです。どちらか一つだけ。

Dsc03622.jpg Dsc03625.jpg

ついでですが、大きさと雰囲気の比較ということで、ガイアスクランブルとガイアガーディアンを幾つか並べて撮りましたよ。

では、そろそろトランスフォーム!!

Dsc03618.jpg Dsc03620.jpg

まぁトランスフォームといっても、完全変形ではありませんので足を伸ばして前述のウイングパーツの取り付け位置を変えればロボットになりますが、ガイアガーディアンよりも精密度は下がっているんですけどその反面、丈夫になっているようで遊びやすさは向上しているかもしれません。

Dsc03635.jpg Dsc03637_20130824195200807.jpg

続いて腕モードにトランスフォームですが、なぜかワイルドライダーを基調とした形になるんですよね。変じゃないかい?

Dsc03639.jpg Dsc03641.jpg

そして、足モードですが、なんと足のベースには最初から傾斜がついていて合体の折には勇ましく大地に立つことができます。こうやって見てみると、ピサの斜塔というのは元々は巨大な何かの足パーツだったのかもしれないという新たな仮説が。
ちなみにフロントウイングは余剰パーツなんですが、他の連中の余剰パーツと合体して例の「ブラックホールバスター」になります。
こういう余剰パーツを無理やり出さない工夫、私個人はとても嫌いです。

Dsc03643.jpg Dsc03653.jpg

で、これだけじゃないんだ!実はドラッグストライプには胴体パーツとしての役目ももっていてトランスフォーマーガム(300円)のモーターマスターやシルバーボルトに代わって胴体になることも出来るのです。
そう、ガイアガーディアンで言うところのドリル野郎ですな。

ついでにエアライダーが上半身役ということで載せてみました。

Dsc03657.jpg Dsc03661.jpg

そして、更についでだったのでガイアガーディアンの手足パーツを取り付けて雰囲気だけ味わってみましたが、久しぶりに触れたガイアガーディアン連中は予想以上の貧弱っぷりでめっぽう時間を食ってしまいした。全然ついでじゃないですね。
で、適当に取り付けたので個々の形状が正確ではないかもしれないけど勘弁してください。

というわけで、今が旬のガイアスクランブルからドラッグストライプに注目してのレビューでした。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。