FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイアの夜明け

カバヤ トランスフォーマーガム ガイアクロス

皆さん大変ご無沙汰いたしております。管理人です。
実は先週末で出張も終わり、自宅に帰って来てはいるのですが個人的に多忙で「写真を撮る⇒加工⇒記事を書く」という、まとまった作業をする時間が無くて歯がゆい思いをしている次第です。しかしながらこのブログは一ヶ月以上更新をしないとバナー広告(及び広告)が大々的に皆さんの視野を塞ぐという無料ならではのペナルティーを課す、欧米列強仕込みの資本主義ブログですので自分で毎日確認していても見るに忍びない状況となっており「時間が無い。写真も無い。そもそもトランスフォーマーを購入してもない!」という宇宙船サジタリウス的状況ですが、今日はなんとかギリギリ使えそう(いや使えない)な写真を持ってきてアップしようと思いますので、何卒、平にご容赦のほどよろしくお願いいたします。


さてさて、話はまるっきり変わりますが、スマホ以外のネット環境が無い状態で3ヶ月弱を過ごしていると、土日の休日などはバイク王に出張買取に来て貰おうかと思うほど、売るほど暇をもて余していましたので、高校生以来となる読書に勤しんでいました。といっても今更小難しい本を読もうとは思いませんので映画やドラマの原作になっているような現代小説を主に読んでいましたところ「森見 登美彦」という素敵な作家に出会うことができましたので報告しておきたいと思います。

彼の代表作には「四畳半神話大系」、「夜は短し歩けよ乙女」、「太陽の塔」、「新釈 走れメロス」などといった京都を舞台にしたコミカルで少しファンタジーな物語が多く、ストーリーも面白いのですが、それ以上に森見作品の興味深いのはこれらの作品に登場する人物が少しずつ重複して登場しているところです。
というのもトランスフォーマーにおける「同名の別人」、「別次元の同一人物」という独特の世界観に共通するところを見出したからなのですが。。。
最初、読んでいる時は気付かなかったのですが、次第にこの「あの時、あのキャラが実はこうしていたんだ。」とか「平行世界にいる同一人物の別の行動。」なんていうトランスフォーマー独特の世界観が実は森見作品には見え隠れしていることに気付き私は引き込まれていきました。
もし興味のある方は上記の作品の中から一つ選んで、暑い夏の昼間にクーラーの効いた部屋で読書なんていかがでしょうか?


さて、久しぶりに記事を書くので前置きが長くなりましたが、今回は「別次元に居るそっくりさん(?)」ということでカバヤから2011年の春に発売されたガイアクロスを紹介したいと思います。(当初の予定では「別世界の同一人物」という紹介でユナイテッド版オプティマスプライマルをレビューするつもりでした。残念)

Dsc09167.jpg Dsc09166.jpg

このわらわら~っと集まったのがガイアクロスです。
陸海空の勇者が集まっておりますよ。

Dsc09170.jpg Dsc09169.jpg

メンバー構成です。

戦闘機:ジェット
一見F15っぽい戦闘機なのかなと思いつつ良く見るとデルタ翼の戦闘機なんですよね。いろいろあると思いますが、私はビゲンとかドラケンを思い出します。

消防車:フレイム
モチーフとしては普通ですが、とても安定感があります。軟質プラなのでどれもふにゃ~とした感触は否めないのですが、この箱型のモチーフは他よりもやはり安定感が違いますね。

スペースシャトル:コスモ
機種周りが独特ですね。あのギザギザがエアインテイクを表しているのか謎です。

パワーボート:ストリーム
6体の中で私が一番お気に入りなのがストリームでしょうか。

ドリルタンク:クラッシュ
タンクなのかジェットなのか微妙なドリルタンクです。合体時のヘルメットが表面に鎮座しているあたり、かなり潔いですが、何を隠そうスターセイバーによく似てるじゃないですか。それで我々には潜在的にジェットに見えるのかな。

戦車:ランチャー
パーツ多め、火気多めで一人だけ原材料費が高そうな気がします。コアは6体とも同じなのによくアレンジが効いていると感心しますよ。

となっておりまして、ストリームまではマルチ戦隊をモチーフに、クラッシュとランチャーはデストロンブレストフォースをモチーフにしていると思われます。

ちなみに価格は一つ200円と非常にリーズナブルなんですが6体もあるので、ダブったら嫌だなとか思っていると、箱にはちゃんとのぞき穴が付いていて、ダブることなく難なくコンプリートすることができます。
この辺の配慮が嬉しいですよね。なので私はお気に入りのストリームを2つ買いましたよ。(意味無し)

それではみんな揃ってトランスフォーム!!

Dsc09164.jpg Dsc09165.jpg

残念ながら変形は組替え変形となっていて各個体ともロボットのコアとなる部分は共通。なので1つ組み立てるとあとはだいたい説明書を見なくても作れるようになっています。

特筆することはありませんが、クラッシュのドリルの持ち方は斬新ですねー。

それではみんな合体だ!!

Dsc09158.jpg Dsc09155.jpg

もうどうやって合体させたのかは忘れてしまいましたが、とにかくパーツをバラバラにし、説明書をよくみて組み立てると世にも頼りない合体兵士が完成します。軟質プラの塊である為にボディ各所がゆるゆるなのは仕方ないとして横から見た時の平べったさは筆舌に尽くしがたいところがあります。(横から撮った写真が無いのが残念)

右の写真は余剰パーツを上手く組み合わせた武器を持っているところですが、武器の先にジェットの操縦席部分が付いているというのは、ZZガンダムのダブルビームライフルに乗って振り回されているイーノを思い出してしまいます。

というわけで、お世辞にも良品とは言いがたく、「200円で合体まで出来るなら安い!」なんて軽く言ってしまいたくは無い印象なのですが、単品であくまでも暇つぶしにプラモデルを買ったと考えるならばなかなか面白い商品ではないでしょうか。

しかしながらこの後に「ガイアガーディアン」、「ガイアスクランブル」と続く、いわゆる「ガイアシリーズ」の原点という目で見るとガイアクロスは重要な存在であったと言わざるを得ませんね。
ちなみにガイアユニクロンはガイアシリーズに入るのでしょうか?

それでは皆さんまたしばらくの間、次の更新とガイアスクランブルの発売をお待ちください。


Dsc09160.jpg
PS;肩を上げるとマクロスに見えるのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。