スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーグライドその1

劇場版TF ダークサイド・ムーン パワーグライド

本国アメリカでの人気がどうなのかわかりませんが、とにかく日本での「A-10」の人気はかなり高い様子で、ビークルモードが「フェアチャイルド社 A-10 サンダーボルトⅡ」型であるパワーグライドは近年で2度もリファインされるという優遇を受けています。

今日は今のところ最新版である劇場版TFの3作目にあたるダークサイド・ムーンからサイバーバース商品として発売されたパワーグライドの紹介をしたいと思います。

Dsc01171.jpg Dsc01172.jpg

Dsc01174.jpg Dsc01175.jpg

A-10の「A」は「攻撃機(アタッカー)」という意味ですが、同じ攻撃機に分類される「トーネード」や「ハリヤー」とも似ておらず、また戦闘機とは全く異なる個性的なフォルムを持つA-10には独特のカッコ良さがあります。

Dsc01179.jpg Dsc01181.jpg

主翼の下にはミサイルが敷き詰められていてA-10っぽさが演出されています。

Dsc01163.jpg Dsc01167.jpg

Dsc01177.jpg Dsc01180.jpg

小スケールながらランディングギアは3つとも収納ができ、更に偶然なのか狙っているのか、主翼のランディングギアは実機同様に少しだけタイヤが出たままになるようになっています。これは低速で敵地に侵攻する攻撃機ならではの仕様なのですが、いざという時の胴体着陸に備えた設計だそうです。
ただし、できは良いのですがこのパワーグライドは後ろが重い為(個体差?)、ビークルの状態で立たせようとすると必ず後ろに倒れます(なので支えてます)。それが無ければディスプレイモデルとしても最高なんですがが・・・。

Dsc01183.jpg Dsc01184.jpg

Dsc01182_20120705193344.jpg Dsc01185.jpg

また、個人的な趣味ですがミサイルをはずすと初代G1パワーグライドっぽくなります。

というわけで次はロボットモードです。

Dsc01200.jpg Dsc01201.jpg

G1の時のようなコミカルな印象はありませんが、ロボットモードは一目見ただけでパワーグライドとわかるようなG1のシルエットを踏襲しつつも、ムービーラインのデザインを取り入れているため新旧のファン受けするモデルとなっています。ただ、顔に関しては造型が深すぎるため赤いボディーと相まって「機甲界ガリアン」に見えなくも無いと思います。

Dsc01188.jpg Dsc01189.jpg

武器としてビークルの時、主翼に装備していたミサイル群を持たせることができるのですが、これがなんというか「ミサイルの束」とでも言いますか・・・見ての通りただまとめただけのよくわからない武器になっています。

Dsc01190.jpg Dsc01192.jpg

Dsc01194.jpg Dsc01195.jpg

あと、言いそびれていたんですが今回から「魂STAGE ACT.4」というアイテムを導入しましたので空中での動きのあるポージングもできるようになりました。いやしかし今まで様々なレビューでスタンドが使用されているのは見てきましたが、あんまり欲しいと思ったことは無かったんです。しかし、実際に自分で使ってみると手放せなくなりますね。特に人に見せる写真を撮るとなると動きは欲しいものです。

Dsc01198.jpg Dsc01197.jpg

ミサイルの束をばらして二丁拳銃っぽく構えてみました。

というわけで、今回はダークサイド・ムーン版パワーグライドでした。そのうちユニバース版やG1パワーグライドのレビューも行いたいと思いますのでとりあえず「その1」で。


余談ですが、A-10のことをウィキペディアで調べると、A-10が登場する映画という項目に劇場版TFの1と2作目は名前が挙がっていましたが、3作目のダークサイド・ムーンは名前が無いんですよね(苦笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。