FC2ブログ

ドリフト侍

トランスフォーマーユナイテッド オートボットドリフト
トランスフォーマーカーロボット スーパーウォーズ

「ドリフト侍」という人物についてどれくらいの人が認知しているのかはわかりませんが、今日は(MPを除けば)現時点でTF玩具史上最高傑作とも言われるオートボットドリフトです。

Dsc08556.jpg Dsc08537.jpg

ドリフトは2010年末に滑り込むように発売された商品ですが、ご覧の通りヒロイックなデザインに3本の刀を装備した姿はトランスフォーマーというよりも勇者シリーズのロボットがそのままアニメから飛び出したような見事な立体物です。ただ惜しいのは歴代のTFアニメには登場しておらず、日本では設定のみの存在であるというところです。それ故、残念ながらキャラに思い入れがありません。

Dsc08542.jpg Dsc08544.jpg

箱裏の設定では・・・
ドリフトは昔、ディセプティコンの中で最も残忍な戦士の一人であったが、正義に目覚め「オートボット 侍ドリフト」として生まれ変わった。オートボットでは、侍としての屈強な精神を持ち、沈着冷静に戦うドリフトだが、以前、ディセプティコンであったために、まだドリフトを信用していないメンバーもいる。二本の脇差しと刀を使い、敵に一瞬のすきも与えずに切り捨ててしまう。
とのことですが、元々はアメリカのコミック版での設定だそうで、情報が端的なのと、やはりアニメに登場していないと思い入れに欠けるものがあります。

Dsc08539.jpg Dsc08541.jpg

さて、キャラ設定は今後の伸びを期待するとして可動についてですが、大剣は背中にマウントできるようになっていてそれだけでもカッコイイんですが、腕がよく動くので手首が背中までちゃんと届きます。これで腰が回ったら最高なんですがね~。

Dsc01125.jpg Dsc01131.jpg

また足首が可動する上、足の裏も広いので接地性が良く、各部のアーマー類もよく動くので風を感じることができ様々なポーズが楽しめます。

Dsc08554.jpg Dsc08553.jpg

私は普段は専らアマゾンかヤフオクでTFを購入しているんですが、この時はたまたまキャンペーンマイクロンの「リコイル」を手に入れたので持たせてみました。ドリフトのリメイク商品は2010の「ブラー」であり、差別化か刀の代わりにロングライフルを装備しているので銃火器とも相性が良いみたいです。


そして、ビークルモード編です・・・。

Dsc08557.jpg Dsc08562.jpg

変形は難しくなく、無理なく心地よい変形が楽しめる優秀な玩具となっています。

現実のドリフト侍は「マツダ サバンナRXー7 カブリオレ」だそうですが、こっちのドリフトのビークルモードは強いて言えば「アウディTT」を似せたようなスポーツカーで、ドアに描かれた「侍」の文字が非常に印象的なデザインです。たまにTVなんかで意味不明な漢字Tシャツを着た外国人を見ますが、きっとそういう感覚なんでしょうね。日本ではありえない感性です。
痛車の方がよっぽどマシでしょう。

ところが、過去にもこういった感性を持ったトランスフォーマーがありましたので丁度、最近手に入れたついでに紹介しておきたいと思います。

Dsc01114.jpg Dsc01115.jpg

「トランスフォーマーカーロボット」に登場するスパイチェンジャーの一人「ウォーズ」です。
ただし、このウォーズは通常版ではなく「スーパースパイチェンジャーくじ」版の「スーパーウォーズ」ですので、色が赤からシルバーに変更されていますが、トレードマークの「戦」のロゴはしっかりと主張しています。

あと、ドアにもちゃんと「WARS」って書いてあるね(笑)

スーパーウォーズの設定
強度が増した分厚い装甲を武器に、敵の銃撃を物ともせずに突進攻撃ができる。仲間達曰く、スーパー化した時の方が落ち着きが感じられるそうだ。
ということで性格が穏やかになったようですが、スーパー化してもスパイチェンジャー名物の「ビークルモードで手だけ出して射撃」は健在ですよ。

Dsc01113.jpg Dsc01107.jpg

ちなみに2台を並べると戦隊ロボ(RVロボの合体前とか)と普通車くらい大きさに差がありますが、ところでスパイチェンジャーってトミカよりもホットウィールっぽいんですよね。
「戦」もそうですが現在の日本ではあまり見かけないピックアップトラックのオックス等、アメリカ色の強いスパイチェンジャーに対して当初はあまり親しみが無かったのですが、他のカーロボット登場キャラと違い流用品であるという点からもアニメでの活躍を見たり、集めているうちに旧世代のTFらしさを感じて親しみが湧いてきます。

Dsc01121.jpg Dsc01122.jpg

Dsc01123.jpg Dsc01117.jpg

ビークル時では余剰になる武器が一つ付属するだけで、可動は腕が回るのみですがどこか味があるスパイチェンジャー。安価なせいかバリエーションも多いので、追々集めていこうと思っています。

Dsc01127.jpg

最後に「侍」と戦「士」。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる