FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンディスク賞1999

ビーストウォーズメタルス トランスメタルス メガトロン

皆さん「エヴァQ」はご覧になりましたか?私は日曜日に夫婦で観て来たんですけど、いやはやなんというか。。。
そもそもアニメのストーリーに正当性や科学的根拠を求めることが間違いだったのかな?と当たり前のことを改めて考えたりしました。それはつまり桃太郎がどうして桃から生まれたのかをしつこく問いただすようなもので、最初から答えなんか無いのですよ。物語なんだから。それなのにエヴァには答えを求めてしまう。不思議なもんです。

ちなみに初めてTVでエヴァを観た時から早くも倍の年齢に達してしまいましたよ。

Dsc01314.jpg Dsc01315.jpg

それはさておき。今回はビーストウォーズメタルスからメガトロンの紹介ですが、メタルスコンボイと同じく「劇場版ビーストウォーズⅡ」の公開時に劇場限定で発売されていたものなので、商品そのものはアメリカ版のパッケージに日本語のシールを貼っただけという仕様になっています。
後に発売された日本版とは成型色に大きな違いがあり、日本版は手にとって見たことはありませんが写真で見る限りではピンクというか小豆色というかアメリカ版とは大きく印象が異なるようです。

Dsc01316.jpg Dsc01318.jpg

ビーストモードは前作に引き続きティラノサウルスですが、コンボイ同様クォンタムサージの影響でメタルス化。
ところどころメタルス化したボディと第三形態であるビークルモードを有しています。

Dsc01321.jpg  Dsc01322.jpg

可動に関してはビーストモードとしてはよく動く方で、尻尾はパーツ一つ一つに関節があるのでフレキシブルに動かせますし、「GDD(ゴールデンディスクドライブ)」でもある先端のハサミと恐竜の口が開閉します。
ただ惜しいのは両腿のファンによって足の開脚が制限されてしまっているので、ほとんど股を開くことができずガッチリ大地に立つポージングができずに内股気味になることでしょうか。なので上の写真ではファン部分のジョイントをはずして股が開けるようにしています。

Dsc01319.jpg Dsc01320.jpg

そしてメタルスの特徴でもある第三形態のビークルモードですが、両腿のファンを展開してつま先からローラースケート状の車輪を出すと完成します。なんだかローラースケートで上げ底をするせいか、縦長の印象になり不恰好ですよね。劇中でもこの格好で空を飛びますが、違和感がありました。


というわけでロボットにトランスフォーム・・・じゃなくて変身ですが、いつも変形過程は適当に流してきたので今回はコマ撮り風に再現してみました。

Animation4.gif
これで変形プロセスを理解してもらえますかね。


Dsc01283.jpg Dsc01285.jpg

コンボイがプラネットバスターを破壊した直後にクォンタムサージを受けメタルス化したメガトロン。こうしてゴールデンディスクを巡る争いは第二部に入るわけです。

Dsc01290.jpg

さて、これまでのトランスフォーマーシリーズに登場するデストロンのリーダー達は、毎回サイバトロンや地球をいかにして窮地に陥れるかということを念頭に場当たり的な発想で行動しますが、ビーストメガトロンの目的というのはただ一つ、初代メガトロンの残したゴールデンディスクの情報に従い歴史を改変することにあります。
そしてその目標の為に画策する戦略性は、けして力だけで押し切るだけではないビーストメガトロンの知性の表れとなっており、冷酷で残忍で政治犯ともいえる彼のキャラがストーリーに更に深みを与えていたように感じます。
そんなわけでトランスフォーマー史上、最高の悪人はビーストメガトロンというのが私の見解ですがいかがでしょうか。

Dsc01289.jpg Dsc01286.jpg

Dsc01293.jpg Dsc01294.jpg

可動は手足の各関節共よく動きますし尻尾が武器となりますからプレイバリューはそこそこなんですが、顔が少し大きくて首が動かないところが難点でしょうか。顔がもう一回り小さいとだいぶスタイルが良くなるんですけど。
あと、意外と後姿がカッコ良く、背中まわりのファンとか、ちょっとクァドランローに見えますよね。

Dsc01292.jpg Dsc01291.jpg

例のローラースケートを展開すると足が長くなって、頭の大きさを少しカバーできます。

Dsc01313.jpg

ああ、そうそう。もう一つ気になったのが肩アーマーの矢印の部分なんですが、経年のせいか堅くなってて変形の際、無理すると割れそうな感じなんですよね。よく見ると成型色がランディーの色に似ているので、用心して保存したいと思います。

というわけで、ビーストウォーズメタルスからトランスメタルスメガトロンの紹介でした。
余談ですが私が同一シリーズで両リーダーを持っているのはメタルスだけなんですよね。唯一このメタルスだけはコンボイもメガトロンも気に入って購入しました。巷での人気は知りませんが。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。
先日、私のサイトにてリンクをしたので報告します。

日本版はピンク×紫で後のⅡガルバトロンを思い起こしたり、ファンシーな感じですね。
アニメだと海外版に近い色合いで、こっちの方がピンときます。

度々訪問しています。それでは~。

No title

>ロード零司さん

はじめまして。リンクの報告ありがとうございます。
折角なので相互リンクさせていただきました。

日本版のメガトロンはピンク&紫なんですね。
ちなみに女性はピンクと紫に関して男性よりも優れた色彩感覚を持っているそうなので、もしかしたら女性は我々とは違う色合いでビーストメガトロンを見ているかもしれません。などと小話を添えてみました。

あまり頻繁には更新できませんが、思い出したくらいに覗いてみてくださいね。
検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。