FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物語

トランスフォーマーマスターピース サイバトロン戦士ランボル

自称トランスフォーマーマニアでありながら、今までマスターピースを購入したことが無かった私ですが、今回は価格もサイズも抑え目で私のように常に収納に頭を悩ませているコレクターには非常に朗報でした。

というわけで、今夜はマスターピース版ランボルです。

Dsc01039.jpg Dsc01038_20121029191753.jpg
牛のシールはランボルギーニ社が認めた証。

特筆すべきはなんといっても今回マスターピース化に当たってキチンとランボルギーニ社のライセンスを取得しているという点でしょう。
それはつまり
honnmono.jpg
「カウンタックみたいな車じゃなくてカウンタックそのものなんだよ。お兄ちゃん!」
ってことです。

Dsc01030.jpg Dsc01028.jpg

「そうそうカウンタックってこんなだったよね。」という感じで平べったくて幅広なボディがよく再現されています。
カウンタックのジャリジャリしたエンジン音(個人的感想)が聞こえてきそうです。

Dsc01026_20121029192216.jpg Dsc01027.jpg

ボックスの裏には実車解説というのがあり、「ランボルギーニ社 カウンタックLP500S」というのがこの車の正式名称であることが説明されています。私が生まれる前のスーパーカーなので詳細までは知らないのですが、なんでもLP400をカスタムメイドしたのがLP500Sだそうです。
「500」は排気量のことでエコが叫ばれる昨今では考えられない5リッターの排気量は時代を感じさせますね~。

Dsc01032_20121029192214.jpg Dsc01033_20121029193208.jpg

Dsc01034_20121029193208.jpg Dsc01025_20121029193208.jpg

大きさが丁度良いのでフェラーリタイプのマイ伝ランページと並べてみました。
余談ですがフェラーリとランボルギーニには因縁があり、かつてトラクターメーカーであったランボルギーニ氏がフェラーリの車を購入したところ不備があったのでフェラーリの社長に掛け合ったところ「トラクターメーカーのお前なんぞに何がわかるか。」というようなことを言われたのがきっかけで、もっと良い車を作ってやろうと一念発起したという伝説が残っています。信じるか信じないかはあなた次第ですが。


そんな話はさておき。そろそろトランスフォーム!!!!!

Dsc01011.jpg Dsc01012.jpg

変形に関しては下半身が若干展開したり折り畳んだりがあるものの、普段からトランスフォーマーを扱っている人には難なく扱えるレベルだと思います。

Dsc01023_20121029195006.jpg Dsc01022_20121029195252.jpg

(形も似ているが)ロボット時の大きさもランページと同じくらいで、大きすぎず小さすぎず手にとって遊ぶのに非常に良い大きさです。変形後も非常にカッチリとした作りであることもマスターピースの名前に相応しい優秀な商品となっています。

Dsc01006.jpg Dsc01008.jpg

肩のキャノンはミサイルランチャーで劇中でもランボルの特徴となっていました。
手に持っているのは「フレアーガン」で手の平が開くことでグリップすることができます。

Dsc01036.jpg Dsc01037_20121029195851.jpg

ちなみにビークルモードでも屋根に取り付けることができますが、なんかリアリティが損なわれて個人的には余剰で良いかなと。あと、ランチャー取り付け穴は未装備時にはスプリングで押しあがるようになっています。

Dsc01019_20121029202304.jpg Dsc01009.jpg

解説によるとランボルは他の赤いトランスフォーマー達がそうであるように、考えるよりに先に行動する豪快な性格だそうです。
また、先陣を切って戦う姿は戦士そのもので腕力はずば抜けて強く、腕をパイルドライバーに変形させて岩を打ち砕くこともできるそうです。
空中戦が得意なのもランボルの特徴でジェットロン達とも対等に戦う飛行能力を持っているそうです。
あと、サンストリーカーと双子の兄弟なんですね。初めて知りました。

Dsc01013_20121029194205.jpg Dsc01016_20121029194203.jpg

で、付属のパイルドライバーを取り付けてみましたが、劇中の記憶が全く無いというか・・・。
「ハンマーアーム」じゃないんだよね。
ちなみにパイルドライバーは拳を180度反転させて取り付けます。

Dsc01015_20121029194204.jpg Dsc01014_20121029194204.jpg
ペンチマンみたい・・・。

そしてアマゾン先行予約特典「バイルドライバー19話Ver」を装備してみましたが、そもそもノーマルパイルドライバーが付属していないならまだしも、既に似たようなものが1個あるのにバージョン違いを特典に貰ってもなーという感じです。
まぁそのうちパイルドライバーで金山でも掘り当ててやろうかと思っています。

Dsc01018_20121029202304.jpg Dsc01017_20121029202228.jpg

下半身の可動は割りと制約があってひざまづくようなことはできませんが、上半身はよく動くのでランチャーを構えるようなポーズもとれます。2個買って両肩にミサイルランチャーを装備するとガンキャノンみたいで良いかなと思うんですが、そんな余裕は無いのでフレアーガンを刺してみました。

というわけでマスターピース版ランボルでしたが、往年のスーパーカー、カウンタックのカーモデルとしても魅力的ですしロボットのしっかりとした作りも充分に大人のコレクターズアイテムとして堪えうるできとなっています。
アマゾンで購入すると4000円ちょっとでしたが、同じ価格帯で同時期に発売されたユナイテッドEXと比べるととても安く感じますね。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。