FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶ山猫は眠らない

劇場版TF ダークサイド・ムーン ディセプティコン・ハチェット

今回はダークサイドムーンからサイバーバースのコマンダークラス商品として発売されたディセプティコン・ハチェットの紹介です。
パワーグライドもそうですが、ハチェットも傑作と言われている商品の一つで発売後すぐにプレミアが付き、割と新しい商品でありながらなかなか手に入れるのが難しい商品となっています。

Dsc00859.jpg Dsc00860.jpg

Dsc00857.jpg Dsc00858.jpg

さて、ハチェットのビークルモードはデルタ翼と呼ばれる三角形の翼をもった戦闘機ですが、全体的に丸みを帯びており黒を基調としたボディはフランス空軍の「ラファール」という機体によく似ていると思います。
ただしラファールは垂直尾翼が1枚なので、もしかすると計画途中で無くなった日本の国産主力戦闘機「F-SX」という機体も捨てがたいと個人的には考えているのですが、どうでしょうかね?
ちなみに「ハチェット」というのは「手斧」という意味だそうですが、デルタ翼を上から見たら手斧に見えるからか、もしくは彼の凶暴な性格を表したものなのでしょうか。

Dsc00861.jpg Dsc00862.jpg

Dsc00874.jpg Dsc00876.jpg

ハチェットは戦闘機としての見た目の完成度もさることながらちゃんと3つのランディングギアが装備されている上、機首の下のランディングギアは展開ができるという、サイバーバースという小サイズでありながらしっかりと作りこまれています。さらに兵装として二基のミサイル(ペンギン対艦ミサイル似)も装備できて充実の内容となっています。

Dsc00877.jpg Dsc00878.jpg

Dsc00873_20121013173209.jpg Dsc00879.jpg

またミサイルは機首を反転させると左右でマシンガンとブラスターに展開させることができ、小技が利いています。

Dsc00870.jpg Dsc00871.jpg

邪道かもしれませんが、変形後に前足になる部分を腕の関節から取り外すと更に航空機モデルとしての完成度の高さが伺えます。

さて、今回は戦闘機好きの私の特にお気に入りということもあって写真が多めですが、そろそろロボットモードにトランスフォーム!!!

Dsc00855.jpg Dsc00856.jpg

Dsc00853.jpg Dsc00854.jpg

と、その前によくある中間形態ネタなんですが、いつものガウォークっぽいのは普通にできるので今回は捻ってスカイリンクスにしてみました。
なんというか・・・スカイリンクスの気持ち悪さがよく出ています。

Dsc00848.jpg Dsc00851.jpg

Dsc00850.jpg Dsc00844.jpg

ロボットモードはいわゆるビーストで特定のモチーフは無いと思われますが、顔の造形が細かく鬼気迫る感じはよく出ています。

Dsc00847.jpg Dsc00846.jpg

後ろ足はそれなりにしか動きませんが、尻尾を含めて他の部分は可動部分が多くポージングには申し分ありません。

話はそれますが、トランスフォーマーはロボットからメカに変形というのが大部分を占める中、昔からジャガーやコンドルなど動物からメカに変形する(人型を持たない)トランスフォーマーについては、ディ〇ニーにおけるグー〇ィーとプ〇ートのような、同等の生命体の中にある「使う側」と「使われる側」という使役関係が見えて子供心にどこか腑に落ちない部分があったのですが、ハチェットに関しても彼が会話の出来る獣なのか、ただの獣なのか気になるところです。

というわけで、傑作玩具を多く輩出したダークサイドムーンの中でも特に評判の良いハチェットのレビューでした。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。