FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の電気羊たち

トランスフォーマーアニメイテッド
ディセプティコン賞金稼ぎ ディセプティコンロックダウン


アニメでのロックダウンの声は大塚明夫さんという方がやられていたそうですが、ロックダウンのタフなキャラクターと彼の声がとても良く馴染んでいたのが印象的です。
大塚明夫氏の声というと私はスティーブン・セガールの吹き替えを思い出しますが、アニメイテッドの劇中でもなんとなく「ロックダウン=スティーブン・セガール」のような、オールバックで後ろ結びなイメージで私は見ていました(?)
全然関係無い話ですがスティーブン・セガールのいわゆる「沈黙シリーズ」ってもともとはそういうタイトルではなく、邦題として勝手にそう呼んでいるだけらしいですね。

まぁ、そんな沈黙話はさておき。今夜もTFレビューに入りたいと思います。

Dsc00674.jpg Dsc00676.jpg

一応、ビークルモードは「ヘビメタカー」となっていますが、いわゆるマッスルカーですね(意味不明)。
モチーフになった車種は正確には分かりませんが、でもアメ車を改造したものをコミック調にデザインしたものと考えるととてもカッコ良くまとまっていると思います。大排気量かつパワフル。燃費なんぞなんのそのというアメリカンスピリッツを感じさせるデザインですよ。にしてもバックも雰囲気出てるわ。

Dsc00677.jpg Dsc00678.jpg

エンジン部はロボット時には武器になるのですが、ヘビメタカー状態でも銃身を展開することが出来ます。
しかしこんなにエンジンが飛び出していて実際、運転できるんですかね?

疑問を残しつつトランスフォーム!!

Dsc00673.jpg Dsc00672.jpg
変形途中。一瞬ブレードランナーのスピナーに似てるかなと思ったんですが、画像検索で見たら全然違いました。

変形はシンプルですが、なかなか小気味良い感じで何度も変形させたくなる面白さがあります。

Dsc00666.jpg Dsc00667.jpg

ロボットモードも劇中のイメージに近く、もともとデザインが良いので立ち姿が絵になります。細かいところが左右非対称になっているのもアーティスティックですね。

箱の設定書きにはこうあります。
ロックダウンはメガトロンの支配をうけないさすらいの賞金稼ぎだ。
彼の目的は宇宙征服ではなく、「狩り」を楽しめるかどうかなのだ。戦利品のコレクションは純粋な闘争心と戦闘力の証明なのだ。その戦利品にはラチェットの武器も存在する。
ロックダウンとラチェット、彼らの間に一体何があったのか・・・?


流石はアニメ展開されていただけあってロックダウン本人の性格と本編のストーリーに絡んだ設定が書いてあるのは購買意欲と想像力を掻き立てますね。
ただ一つ惜しいのは、やはりスティーブン・セガールは正義の側に居て欲しかったということでしょうか。(?)

Dsc00670.jpg Dsc00671.jpg

ロックダウンの手持ち武器ですが、このエンジンのような武器がラチェットから奪ったものだと思いますが、裏に小さなボタンがあり押し込むと銃口が展開します。

Dsc00665.jpg Dsc00668.jpg

可動に関しては腰が回転するので上半身は割と自由が利くんですが足が長い反面、ひざの関節が独特のクリックをもっている為、下半身は棒立ちの状態からほぼ動かせません。リベンジ版ロックダウン同様に顔が小さくて足が長くスタイルは抜群なんですが、そこが少し残念なところですね。

Dsc00661.jpg Dsc00669.jpg

ちなみに右手はフック固定なのかと思いきや、はずすと中には普通の手が隠れています、なので左手に付け替えることも出来るんですよ。

Dsc00660.jpg

アレックスのガトリング的な構え。いやはや、それにしても「0080」からもう20年以上も経つんですね。
というわけで、今夜はトランスフォーマーアニメイテッドからTF版スティーブン・セガールことロックダウンでした。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。