スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙をこえて

トランスフォーマーユナイテッド
スウィープス参謀 ディセプティコンスカージ


Dsc05321.jpg
皇居前で怒られるロディマスコンボイ

というわけで、前回はトランスフォーマー2010の名ストーリー第28話「重すぎた使命」の紹介をしつつ復刻版ホットロディマスのレビューをしましたので、今回はその続きといたしまして、苦悩するロディマスの裏で活躍(笑)する物語のもう一人の主人公、スカージの紹介をしたいと思います。

Dsc05303.jpg Dsc05304.jpg

Dsc05305.jpg Dsc05308.jpg

2010で登場する初代スカージはホバークラフト型の宇宙船(UFO?)でしたが、平成に蘇ったスカージは微妙に従来の趣を残した全翼機で、特にモチーフがあるようには思えず、見ようによってははんぺんのようでもあります。

Dsc05307.jpg Dsc05306.jpg

一番近いのはB2ステルス爆撃機だと思いますが、モチーフではないでしょう。のっぺりとしたボディですがエンジン部の作り込みなどはしっかりとしていて、あまり役には立ちませんがランディングギアも展開可能となっています。

Dsc05323.jpg Dsc05324.jpg

さて、デッドエンドとワイルドライダーの活躍(吹き替えではラナバウト、ラナマックになっている)によってロディマスコンボイからデストロンの手に渡ったマトリクスですが・・・

Dsc05310.jpg Dsc05313.jpg

Dsc05311.jpg

使い道が分からず、とりあえず腕のSFガンに入れてみるガルバトロンでしたが、ぶっぱなしてみるも銃口から出てきたのは歴代総司令官の亡霊(コンボイも居る)でした。役に立たない上に「マトリクスを返せ~」という亡霊たちの声にあえなくマトリクスを諦めるガルバトロン。(なんだそりゃ)

Dsc05268.jpg Dsc05266.jpg

Dsc05265.jpg Dsc05264.jpg

航空機としての外見は昔とだいぶ変わりましたが、頭をひょっこり出す仕草は表現されています。
あの頭を出してしゃべるシーンは当時、頭の堅かった少年時代の私には意味が理解できずスカージが嫌いでしたねー。
そもそもスウィープスというのはスカージがたくさん居るのか、スウィープスの中の特定の一人がスカージなのか、その辺も理解できず不愉快でした。

ではこのへんでトランスフォーム!!

Dsc05269.jpg Dsc05270.jpg
ひっくり返して翼を折り畳みます。

Dsc05271.jpg Dsc05272.jpg
機首を割って脚を伸ばします。      ハンマーアームじゃないよ。

航空機型トランスフォーマーの変形をアニメーション動画で表現しようとすると、吊ったりする必要があり難しいので今回は普通に説明していますが、腕の変形はやっぱり面白いので動画にしてみました。

AnimationS.gif

ヘケヘケ版サイクロナスの変形も面白いですが、同じ時期に設計されたスカージもなかなか凝っていて面白いと思います。クラシック~ユナイテッド辺りの変形機構は難しくも無いし、それでいてガワも少なく綺麗に変形がまとまっているものが多いですよね。

Dsc05279.jpg Dsc05280.jpg

Dsc05281.jpg Dsc05282.jpg

普通、ヒゲのあるロボットなんか知らない人は買わないと思うんですが、その分アニメのイメージをよく再現しておりスタイルはとてもまとまっていて、蝙蝠の羽のような翼が表現されていないのが残念ですが、あとはどう見てもスカージだと思います。

<プロフィール>
スカージは、<ユニクロン戦争>と呼ばれる大きな戦いの中で誕生したディセプティコン親衛隊<スウィープス>のリーダーだ。臆病な性格で、常に同型の仲間と行動を共にしている。
ビークルモード時に使用する特殊な光・熱センサーは、自信の周囲1300mの範囲を探知することができ、周りに隠れているオートボットを見つけだすことができる。敵を一瞬にして高熱により焼き払う、レーザーブラスターライフルを使い敵と戦う。


Dsc05262.jpg Dsc05263.jpg

その「レーザーブラスターライフル」というのは背中に格納されているレーザーライフルとツインブラスターを合体させたものです。

Dsc05295.jpg
「でも、マトリクスは宇宙そのものを知るキーのはずですぜ・・。」

「誰もわかっちゃいねえんだ。あのマトリクスはケチな武器なんかじゃねえのに。
そうとも、ただのエネルギーとも違うんだ。こいつはパワーなんだ!」


そう言ってマトリクスを体内に取り込んでしまうスカージはマトリクスの持つ強大な力に飲まれてしまいます。
この時点でマトリクスの力を正当に理解しているのがスカージだけというのがこの話のもう一つ面白いところだと思います。デストロンの一般兵士はもちろんガルバトロンも冷静なサイクロナスもマトリクスのことはよく分かっていないようです。常に数歩引いた存在であるスカージに先見の明があったということでしょう。

Dsc05198_20140209215635137.jpg
「マ・ト・リ・ク・スが効きはじめたー!!ボ・ボディに強大なパワーがみなぎる・・・
100デストロン力(りき)だ!!」


Dsc05199_201402092156372ff.jpg
「ううぅぅ・・・いや、10万デストロン力だぁ!!!」

超人にも超人強度(超人パワー)があるように、デストロンにはデストロン力というパワーの単位があることがここで明らかに。
いや、この涙を流して訴える不器用な表現がまさに鬼気迫る感じをよく表現しているんですよね。ラナバウト・ラナマックの件はさておき、真を突いた訳だと思います。

Dsc05204.jpg Dsc05326.jpg
チーズ載せホバークラフトはいらんかね~?(ちなみにチーズはクラフトのものでしょうか?)

こうしてマトリクスに魅入られたスカージは、やっぱりサイバトロンを攻撃するためにデストロン軍団を引き連れ出撃するのでした。
この辺のくだりは「使い方を誤るとマトリクスってこうなるんだ」って感じにマトリクスの神秘性を超えて恐さすら覚えるところです。

Dsc05284.jpg Dsc05286.jpg
 
Dsc05290.jpg Dsc05289.jpg

可動に関してはすこぶる良好で、接地性もよく関節も程好く堅いのでポーズは決まりやすいかと思います。

Dsc05287.jpg Dsc05288.jpg

改めて見ると頭の筒状突起がモヒカンのようにも見え、ヒゲもあることからそれがベテラン戦士のようでもあり、燻し銀のかっこ良さをかもし出しているような気がしてきます。おヒゲのロボットはターンAだけじゃないってことですよ!

Dsc05318.jpg Dsc05320.jpg

サイバトロンを攻撃するために地球にやってきたはずなのに、なぜかおばあさんを追っかけまわすスカージ。
熔けてるし完全にいかれてます。

Dsc05299.jpg

そうしてすったもんだの後、スカージは迷いを断ち切ったロディマスに敗れ、マトリクスはロディマスの元に戻ります。
素に戻ったスカージはガルバトロンにめちゃめちゃにやられますが、それは予想通りなので物語はこれにて、めでたしめでたし。


というわけで、レビュー100回記念でホットロディマスと「重すぎた使命」を、続いてスカージとデストロン側から見た「重すぎた使命」をレビューしてみました。この話が面白いのはロディマスの苦悩というのが一番なのですが、マトリクスとは一体なんなんだ?というところにも焦点を当て、サイバトロンとデストロンで交互に話が進んでいくところにも更なる面白さがあると思います。
力なんか要らないと思う者と、力を欲しがる者の対比とも言えますね。たった30分弱のストーリーにこれだけ詰め込んだ傑作は、2010の集大成であり、皆さん既に一度はご覧になっていると思いますが、是非もう一度この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか?
それではまた次のレビューでお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。