FC2ブログ

日本人初の総司令官

カバヤ トランスフォーマーガム第3弾 スーパージンライ

縁もゆかりも無く偶然ここに辿り着いた皆さんこんにちは。
ここでは私、ドクターがつたない知識ながら自分なりのTFレビューを始めようと思い立ったわけですが、まだ一発目なので「こういう形で進めていく」というような雛形は全くありません。とりあえずはただ思いついた感覚でやっていきたいと思っていますので、暇のある方はご清聴よろしくお願いします。

というわけで一発目はTF史上、日本人初の総司令官(笑)となり、そして私がロディマスと並んで最も愛しているスーパージンライのレビューです。
といっても私は小学生当時は所有していましたが、現在は復刻版、及び黒いのやら赤いのやらは所有しておりませんので2011年の3月頃にカバヤから発売された「トランスフォーマーガムのスーパージンライ」となります。

ジンライ1  ジンライ2
(シール部分以外は全て塗装、スミ入れしています。)

ビークルモードは他人の空似とでも言いますかG1コンボイにそっくりなトレーラートラックなんですが、側面に2連のランチャー(パーチカル・ビームキャノン)と上面に超伝導ライフル2丁が装備された武装トレーラーとなっているところが超神マスターフォース放送当時から気に入っているところです。
ただ、あまり指摘する人はいませんがトレーラーキャブの後輪がコンボイのように2対ではなく1対なのがバランスが悪く、現実に1対のトラックというのは見たことが無いので、これが小さなコストダウンなのかデザインなのか何なのか理由を聞きたいところです。
ちなみに側面の2連ランチャーはやや斜めに取り付けていますが、それは私の好みで斜めにしています。

さて、ジンライというキャラクターについてですが、番組の流れがやっと整い始めた頃(10話)に現れ「たまたまコンボイに似ていたから総司令官になった。」みたいな雰囲気は確かにありましたが、当時小学生だった私はロディマスのような頼り甲斐の無い(そこが良さでもあるが)総司令官や唐突にやってきた異常にでかい総司令官に比べると「単純にコンボイっぽい総司令官の登場」に胸を躍らせたものでした。(マンガ版のメタルホークもそう思ったらしい)
そして「日本人(地球人)でも総司令官になれる!」と思ったのは私だけでしょうか、超神マスターフォースでは人と機械(TF)の交流というのも大きなテーマであると考えますが、ヘッドマスターJrを筆頭に人間(子供でも)トランスフォーマーと共闘できると思わせたのは、視聴者をストーリーに惹きつける上で重要な要素となったと思います。

Dsc09253.jpg  Dsc09250.jpg

さて、ロボットモードはノーマルのジンライはオミットされ、ダイレクトにスーパージンライへとトランスフォームする形になっています。当時物のスーパージンライと比べると頭のサイズがだいぶ小さくなってプロポーションが良くなっていますが、当時物はそもそもジンライの頭があってその上(被せてはいない)に大きなスーパージンライの頭を取り付けていたわけですから、小さくなったというよりはあるべき変形スタイルに落ち着いたとでもいうべきでしょうか。
可動は脇が開くので割りと自由に腕を動かすことができるのと、股が必要以上に開くといったところでしょうか。
うっかり股割りしすぎると基地になってしまうので注意が必要ですね(笑)

Dsc09249.jpg  ジンライ3

そしてオマケですが、他所で拝見したものを真似て極小コンボイを使い、トレーラー部との合体前の状態を再現してみました。
ちなみにこのスーパージンライは当時物同様、別売りの「TF史上初の積み木」として有名なゴッドボンバーと合体してゴッドジンライにすることができるのですが、当方未だにゴッドボンバーに手をつけていませんので(愛が無いので)、そのうち開封、塗装したのちレビューしてみたいと思っています。

余談ですが放送当時、私にはスーパージンライを、弟にはゴッドボンバーを買ってくれるよう親に頼んだことに今でも罪悪感を感じております。
というわけで記念すべき第一回のレビューはスーパージンライでした。近い将来良い状態の本物のスーパージンライを手に入れたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる