スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクストジェネレーションズ~前編~

トランスフォーマージェネレーションズ 
オートボット総司令官 オプティマスプライム


Dsc04211.jpg

というわけで今回はジェネレーションズからオプティマスプライム&バンブルビー(ローラー&ブレイズマスター付き)を紹介したいと思いますが、まずはオプティマスプライムとローラーからです。
この商品は海外ではメトロマスタークラスとしてメトロプレックスと絡めて遊べるサイズの商品として別々に販売されたもので、その大きさはEZコレクションよりも少し大きくゴラードラの手足組と同じくらいの大きさ、とでも言っておきましょうか。

Dsc04140.jpg Dsc04142.jpg

Dsc04144.jpg Dsc04146.jpg
キン肉マンのブラックホールではありません。

まずはロボットモードからですが、WFCやFOCのオプティマスとも違ったデザインで私は始めて見るオプティマスであり、胸のフロントガラスが開いてオートボットのエンブレムが覗いているところなんかG1コンボイの胸にあるマトリクスのようで良いですね。
また海外版との差別化として国内版でお馴染みのメタリック塗装は、かなり効果的なアクセントとなっていて、小サイズながら細かいモールドまで掘り込まれていることも相まってちゃちな印象はありません。

ちなみに肩のパーツは展開してモーターヘッドのラウンドバインダー(可動式の盾)のような動きをするのですが、説明書には特に何とも書かれていません。個人的には開いているほうが好みですね。

Dsc04170.jpg Dsc04172.jpg

Dsc04175.jpg Dsc04177.jpg
変形というか、ただ立たせただけなのですよ。

そしてこちらがオマケであり相棒のローラーですが、今回私はコレ目当てで買ったようなものです。
ローラーというと元ネタはG1コンボイのコンテナの中に付録のように入っていた6輪バギーですが・・・

roler.jpg roler2.jpg

ローラーというと第3話「地球脱出」で崖から転落しながらも助かったコンボイが開口一番「ローラーは?彼は、彼はどうした!?」と尋ねることから、おそらく他のTF達やのび太の海底鬼岩城のバギーちゃん同様に知性があると考えられるのですが、そんなことに気が付いたのは大人になってからで、子供の頃はただのオマケとしか考えていませんでしたよ。
ちなみに右の画像はファーストガンダムに登場する6輪バギーですが、この頃の流行デザインなのか良く似ています。

Dsc08519_2013102421404966a.jpg
「ローラーは?彼は、彼はどうした!?」

Dsc01627_2013102421405180d.jpg
「うわぁぁぁー!!クインテッサは私に何をしたんだぁ!?」

閑話休題。

Dsc04157.jpg Dsc04150.jpg

<プロフィール>
オプティマスプライムがまだオライオンパックスという名前で知られた頃から、ローラーとはサイバトロン星の警察隊でコンビを組んでいた。その後戦争が勃発し、オライオンパックスは偉大な総司令官オプティマスプライムへと生まれ変わった。その時ローラーもオプティマスプライムを影で支える忠実な戦士になることを決めた。幾つもの戦いを共に生き抜いてきた二人は、切っても切れない強い絆で結ばれた相棒だ。


という感じで新規参入者のためなのか何なのか、またしても設定を増殖させているわけですが、こんな設定だったら普通にコンボイで良かったと私は思うんです。そもそもジェネレーションズのコンセプトが1984年から続くTFシリーズを現在の技術、解釈でラインナップするというものですから。
ガンダムってのは兵器の型式みたいなものだからいろいろあって良いと思うんですけど、オプティマスプライムってのは生命体の個人名であって例えば山田さんだったり小林さんだったりするわけだから無尽蔵に設定を増やして同名の別人がたくさん居たらストーリー全体が破綻してしまうでしょうよ!と私は声を大にして言いたいわけです。

あと、ちなみにパッケージではオプティマスプライムをオプイティマスプライムと間違えている箇所があります。

Dsc04159.jpg Dsc04163.jpg

そしてローラーはまさかの三段変形で武器にトランスフォームします。
ローラーの武器である旧コンボイの銃みたいなものは取り外してローラーのバーニア部に取り付けることもでき、なかなか自由度が高くなっています。

Dsc04156.jpg

最近では当たり前になってきましたが、オプティマスプライムのジョイント各部は5ミリ穴なのでメックテックウエポンやアームズマイクロン等を持たせることも可能です。

忘れるところでしたが、この辺でそろそろトランスフォーム!

AnimationMMOP.gif

変形に関しては見ての通りというかEZコレクションレベルの簡単なものです。

Dsc04195.jpg Dsc04194.jpg

ビークルは御馴染みのトレーラーキャブですが、ちょっと重量感があるというか、つま先が立ったままのせいかこれだけでもトラックとして成立しているような印象を受けます。オライオンパックスとしての意匠が少し入っているのでしょうか。

Dsc04200.jpg Dsc04199.jpg

後頭部の穴がトラックの真上にくるので武器を取り付けることができますが、どうしても前のめりっぽくなってしまいますね。

Dsc04197.jpg Dsc04196.jpg

また、日本版の説明書には何も書かれていないのですが、本来オプティマスとローラーは連結させることもできます。
大きさを比較するために奥にトランスフォーマーガムのモーターマスターを置いてみましたが、モーターマスターが異常に小さいのでオプティマスが結構大きく見えてしまいますね。これでは陸の王者の座はまだまだ譲れませんなあ。

というわけで、メトロプレックスは大きさの問題で買っていない私ですが、日本版メトロマスターの紹介ってあまり無いみたいだったのでレビューしてみました。
やはりメタリックにしたのが良かったようで、それだけでかなり安っぽさが軽減されていますよね。そのお陰で本当ならローラー単品で販売して欲しかったところなんですが、まぁオプティマスもなかなか良いじゃないかといった感じに上手くセット販売されています。ロボとビークル両方で絡めることができるという点もプレイバリューは高いと思うのでメトロプレックスは持っていなくても買う価値はあると思います。

それでは、次回は後半戦ということでバンブルビー&ブレイズマスターでお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

ミサイルマン

トランスフォーマーギャラクシーフォース アーマーハイド

Dsc04034.jpg Dsc04035.jpg

というわけで今回は前回のオプティマスプライマルの超力変形(上下逆転変形)繋がりでギャラクシーフォースから日本未発売だったアーマーハイドの紹介です。
「アーマーハイド」というと近年ではアニメイテッドに登場するラチェットの色替えキャラが有名ですが、日本版アニメイテッドではバルクヘッドがアイアンハイドと呼ばれることになった為に、本来のアイアンハイドと区別する意味でアーマーハイドという別のトランスフォーマーの名前を付けてしまったのでしょうか?

Dsc04036.jpg Dsc04037.jpg

で、ギャラクシーフォースのアーマーハイドの名前の元は分かりませんが、ビークルモードの見た目はアイアンハイド=アーマーハイドというよりも、大きさもスカウトクラスでコンパクトということもあってG1ミニボットのパイプスを思い出させるような荷台の無いトレーラーキャブのみの構成となっています。

余談ですが、私のアーマーハイドは左側の一番後ろの後輪のホイールが未塗装となっていて、最初はそういうコストダウンなのかなと思ったら右側はちゃんと塗ってあるので単なる不良品だということに気が付きました。

Dsc04039.jpg Dsc04038.jpg

折角なのでDOTMのメックテックトレーラーを牽引してみると、これが肉眼では全くサイズが合わないのに写真では割とマッチするという。
メックテックトレーラーは箱が大きいので購入を迷いましたが、いろいろ使えるので買って正解でした。

Dsc04020.jpg Dsc04022.jpg

また、ロボット時に武器となるライフルはトレーラーキャブの後方に取り付けることができ、大型のレッカー車のような形にもなります。
ただ、これはあくまでも余剰対策であってアーマーハイド本来のビークルモードがレッカー車というわけではないと思います。

Dsc04023.jpg Dsc04025.jpg

Dsc04027.jpg Dsc04026.jpg

というのもアーマーハイドはサイバープラネットキー(フォースチップ)を車体中央に挿入することでミサイルランチャーが展開する仕組みになっているのですが、例のライフルを取り付けているとキーを挿入することができないからです。
このミサイルランチャーはただ単に蓋が開くだけでなく、発射はできないもののミサイルが本体から若干飛び出す仕組みになっています。
このトレーラーキャブのボンネットから8門のミサイルランチャーが飛び出すという仕組みは世紀末的で私は非常に気に入っています。

Dsc04089.jpg Dsc04093.jpg

また余談ですが、サイバープラネットキーはライフルに取り付けることで余剰対策がとってあり、細かいところですがフロントガラスの裏側もちゃんとモールドがあったりと、スカウトクラスにしては丁寧に作られていて好感が持てます。


では、そろそろトランスフォーム!!

AnimationAH.gif

変形は極めて単純ですが、トレーラーキャブが逆さまになるというアイディアは珍しいですよね。たいていの場合、後輪の部分は足になりますから。

Dsc04080.jpg Dsc04078.jpg

Dsc04077.jpg Dsc04081.jpg

基本的にはずんぐりむっくりした体型なんですが、精悍な顔立ちとブルーが爽やかさを演出しているのか、ヒーローっぽい印象になっています。ちょっとロックマンに印象が似てますかね。

日本未発売のものなのでパッケージの英文を訳すとアーマーハイドはディセプティコンとの戦いの中に楽しみを見出しており、タフで勇敢な彼は敵であるディセプティコンに対しては一切の容赦しないファイターであるというようなことが書かれています。
と、このあたりはアイアンハイドに通じるものがありますね。

Dsc04063.jpg Dsc04084.jpg

Dsc04071.jpg Dsc04065.jpg

手持ち武器であるライフルもなかなか似合っていて様になります。ただ、ライフルの両脇にジョイントが開いていて一見、拡張性があるように思えるのですがマイクロンジョイントである5ミリよりも大きく、実際にはマイクロンを取り付けることが出来ないのが残念です。

Dsc04058.jpg Dsc04059.jpg

で、当然というべきかフォースチップギミックはロボット時でも健在で、キーを挿入することによりミサイルランチャーが展開します。また、ギャラクシーフォース関連のコレクションが少ない私にはこれが珍しいのかどうかちょっとよくわからないのですが、ビークル時と上下が逆になるロボット時でもキーは表向きに挿入することができます。

Dsc04060.jpg Dsc04061.jpg

Dsc04068.jpg Dsc04069.jpg
なんとなくマジンガー軍団を思い出す。。。

可動に関しては小さいながら膝立ちもでき、足首がちゃんとあるので接地性も良く、表情豊かにポージングできます。

Dsc04072.jpg Dsc04074.jpg

拳の穴は5ミリなので好きなマイクロンを持たすことが出来ます。アームズマイクロンのダイを持たせて更にミサイル力を高めてみるも良し。

Dsc04087.jpg Dsc04086.jpg

ガトリングガンを持たせてフルバーストするも良し(笑)

Dsc04083.jpg Dsc04066.jpg

というわけで、ギャラクシーフォースから日本未発売のアーマーハイドの紹介でした。サイズはスカウトクラスと小さく、ずんぐりした体型ながらカラーリングの妙というか青の映えるボディはヒロイックで非常にかっこよくまとまっています。また変形も単純ですがトレーラーキャブの上下が逆転するという珍しい作りで何度も変形させて遊ぶ楽しさがあると思います。個人的にはホイールの塗装ミスが残念ですが、総合点はかなり高いプレイバリューのある商品ですね。どうして日本で発売されなかったのでしょうか?

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

バイオオラクルぼくってオプ

トランスフォーマーユナイテッド
オートボット総司令官 オプティマスプライマル


Dsc03957.jpg Dsc03960.jpg

サイバトロン星の遥か未来の時代。宇宙探索船の乗り組員達は本来の任務を中止して、新たに現れた悪の軍団に立ち向かう。その時の戦闘により生まれた「時空の歪み」によって未知の惑星に降り立った両軍は、その惑星に合わせた身体(ビーストモード)を手に入れた。乗り組員達の中で哺乳類の身体をスキャンしたのが、新たに指令官となったオプティマスプライマルだ。初代メガトロンの後継者を名乗るビーストメガトロンとの壮絶な戦いが新たに始まる。 

というわけで、今回はトランスフォーマーユナイテッドからビーストコンボイ改めオプティマスプライマルの紹介です。
本品はもともとはアメリカでビーストウォーズ10周年記念のリメイク商品としてギャラクシーフォースの時期に発売されたものを、時を経て2012年2月にユナイテッド商品として日本で販売されたものです。

Dsc03967.jpg Dsc03970.jpg

Dsc03968.jpg Dsc03969.jpg

まずはビーストモードですが、ロボットモードから推測するにおそらくは無印ビーストコンボイのリメイクだと思いますが、旧玩具にくらべ関節の動きが柔軟になり、後ろ足はより猿っぽい手の平のような造形になっているものの足が短く腕が長すぎたせいかポーズはとり辛く、またゴリラとオランウータンの中間といった感じの怪しい顔は、リターンズ(マシーンズ)のコンボイを彷彿とさせます。

rc1.jpg
生き残りたければオラクルにフォーマットを書き換えてもらうんだ!

Dsc03961.jpg Dsc03962.jpg

Dsc03963.jpg Dsc03965.jpg

そして本品には本体の半分くらいもある大きなサーフボードとギャラクシーフォース時期に開発された経緯でフォースチップ(サイバープラネットキー)が付属しています。サーフボードはフォースチップを挿入することにより展開、一応ミサイルが発射できるバズーカのような武器に変形します。

Dsc03973.jpg Dsc03974.jpg

Dsc03972.jpg Dsc03971.jpg

サーフボードには凸ジョイント、オプティマスの足の裏には凹ジョイントがありますのでサーフィンをする猿を演出できますが、これはメタルスコンボイのジェットサーフィンのオマージュでしょうか。
それにしてもしっくりいってないというか。

Dsc01248_20130929202837c6a.jpg Dsc01246_20130929202843fa5.jpg
以前は不自然に思えたものが、自然に見えてきます。慣れでしょうか。


では、そろそろ変身!!

AnimationOPM.gif

従来のビーストコンボイはあまり目立った変化無くゴリラからロボットへ変身していましたが、ユナイテッド版は上下がクルット逆さまになりガラット変身する超力変形をこなします。
そういえば超力ロボガラットってスパロボに出ているんでしょうか?私は結構好きだったんですが。

とまぁ冗談はさておき。この変形機構は構造的にはそれほど複雑ではないのですが説明書を見てもわかりにくいというか・・・移動しないパーツというのが無い特殊な構造なので、どこを基本に変形させていいのか混乱してしまうんですね。なので最初はちょっとイライラさせられました。

Dsc03946.jpg Dsc03947.jpg

Dsc03949.jpg Dsc03950.jpg

ロボットモードは流石に10年の時を経た(アメリカでは)というだけあってコンボイの意匠を残しながら非常にスタイリッシュに仕上がっています。特に顔は細かく作りこまれていてカッコイイですね。
あと、成型色の白が普通の白ではなく、少し青みがかった白という点も引き締まって見えて気に入っています。

Dsc03954.jpg Dsc03959.jpg

Dsc03956.jpg Dsc03960.jpg

可動に関しては問題なく動きますが、股関節が若干緩く、保持力不足に感じます。
ここ一番踏ん張りが足らないというか。

Dsc03927.jpg Dsc03925.jpg

そして旧ビーストコンボイといえば、充実した武装。つまり付属武器やギミックの多さが好評でしたが、10年経つと何故かこのサーフボード一つに集約されてしまったようで、しかもバズーカなのか何なのかよくわからない存在となっています。

Dsc01795_20131002220204a46.jpg Dsc01801_20131002220201748.jpg
あの充実の武装はどこへ・・・?(写真はロボットマスターズ版です)

Dsc03928.jpg Dsc03929.jpg
ロボットモードで一応乗せてみるも、足にはジョイントが無いため固定できず。 

Dsc03953.jpg Dsc03951.jpg

試しにアニメイテッドのオプティマスプライムのアックスを持たせていますが、簡単に持たせているようで実はコレ奇跡のバランスを保っているのですよ。
そう。このオプティマスプライマルの手というのは手の平にサーフボードを持つ為の穴が開いているんですが、これが5ミリでは無いためにサーフボード以外の武器を固定できないんですよね。で、それを補うかのように手の指は可動するのですが、この為「何でも持てる代わりに何も持てない手」になっています。

Dsc03919.jpg Dsc03923.jpg

Dsc03935.jpg Dsc03936.jpg

リターンズのコンボイというとイボンコという他に、オラクルを信仰する宗教団体の教祖のような性格になってしまったことが印象的ですが、そのせいかどうかアームズマイクロンのベクターオラクルは割とカッチリ持つことができました。

Dsc03939.jpg Dsc03945.jpg

ベクターシグマとオラクルというTF界の二大コンピュータのありがたい名を持つアームズマイクロン、ベクターオラクル。クリアボディが神々しい彼は一体何者なのでしょうか?
2012年に販促用としてトイザらスで配布されたものですが、ヘケヘケ版サイクロナスのターゲットマスター・ナイトスティックの色替え商品という以外に特別な希少価値をかもし出しています。

というわけで、最後に話が脱線してしまいましたが、今回はユナイテッド版オプティマスプライマルでした。
無印~リターンズまでのコンボイの特徴をちょっとずつ合わせたようなデザインはBW10周年アイテムとしては、まぁ良いとして、日本国内で新規に売り出すにはフォースチップも含めて少し違和感のある商品となってしまいました。

私もまだアメリカでしか販売されていなかった頃はオークションで手に入れようかと思うほど欲しかったんですが、それから数年が経過し日本で発売されてからは不思議と購買意欲が湧かず、つい最近投売りされているのを見てラストチャンスだと思って購入したんですよ。ビーストコンボイ好きとしてはロボットのデザインもカッコイイし押さえてはおきたいんだけどなぜかこう、買うまでは至らない。(買ったけど) それは彼が数々の難点を抱えているからだと思います。
MPでビーストコンボイ出ませんかね?出そうですけどね。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。