スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルキノス

トランスフォーマープライム 戦闘員 クリフジャンパー

前回、アニメイテッド版クリフジャンパーを紹介いたしましたので、それに関連して今回はプライム版クリフジャンパーを紹介したいと思います。

Dsc03732.jpg Dsc03740.jpg

ビークルモードはTFお得意の「マッスルカー」とされていますが、モチーフはダッジ社のチャレンジャーではないかと思われます。もちろん現行のデザインではなく1970年代くらいのものと思われますが、アームズマイクロンのジョイントがあることを除けばパーツの噛み合いも良好で、古き良き時代のアメ車をよく再現したビークルデザインとなっています。
ボディカラーは赤というよりはシャインレッドというべきでしょうか?朱色に近い成型色となっていてアームズマイクロンシリーズの特徴でもある未塗装となっています。このボディで光沢仕上げの塗装がしてあれば言うこと無かったのですが。残念。

Dsc03742.jpg Dsc03734.jpg

それはさておき。特に私が気に入っているのは、車体の左右下部から飛び出しているマフラーで、ロボット時に足になる部分となっていますが一見持て余しそうなパーツがキッチリはまるので快感です。

Dsc03744.jpg

またクリフの特徴である角がビークル時のボンネットにも装飾してあります。この角は小さくて壊れそうですが軟質パーツなので破損の心配がありません。

Dsc03726.jpg Dsc03676.jpg

前回のアクティベイタークリフジャンパーと並べるとこんな感じです。
細かいところまでよくできているので、単体だと大きく見えるんですが実は小さいんですよね。

Dsc03747.jpg Dsc03753.jpg

Dsc03727.jpg Dsc03731.jpg

付属のアームズマイクロンは「シエル」。クリフジャンパーが劇中でアームズアップする武器に似た銃(三連カノン)にトランスフォームしてロボット時はもちろんビークル状態でも各部ジョイントに取り付けて遊ぶことが出来ます。
シエルは自分で組み立てるプラキットとなっていて、塗装は無く色分けはシール処理となっています。

Dsc03748.jpg Dsc03750.jpg

Dsc01002.jpg Dsc00996.jpg

もちろんマイクロンジョイントには他のアームズマイクロンを取り付けることも可能ですので、ダークマターカリバーを装備して以前紹介したEZコレクション版クリフジャンパーを再現してみました。


それではそろそろトランスフォーム!!

AnimationCJ2.gif
画像の容量が増えたので変形のコマ数も増やしました!

変形は難しくなく、かといって単純ということもなく丁度良い感じです。
胸の周りはフロントグリルを表現しているのかな?完全にフェイクでフロント部分は背中に折畳まれています。
また、膝や足の甲などメタリックな部分はシールを貼って再現されています。

Dsc03788.jpg Dsc03790.jpg

クリフジャンパーはトランスフォーマープライム第一話にて初登場で戦死するという衝撃のキャラクターでしたが、放送開始よりも少し前に発売されたこのおもちゃのパッケージにはプロフィールとして
クリフジャンパーは、オートボットの中でもっとも血の気の多い戦士だ。
その武器であるイオンカノンは、メガトロンの火力にも匹敵すると言われている。また、武器だけでなく素手の格闘術においてもディセプティコンを圧倒する技術を持っている。
恐れ知らずで、危険を顧みず戦場に飛び込み多くの活躍をしてきた。
しかし、その性格が災いして、ある戦いで仲間の援護を待たずディセプティコンに単身戦闘を挑み、激闘の末に敗れてしまう・・・。

と、まぁ第一話の冒頭でいきなり戦死するとは書いてありませんが、一応告知はしてあったようです。

Dsc03789.jpg Dsc03791.jpg

牛の角のようなものがあるので、ロボットのデザインラインは闘牛や水牛といったところをモチーフにしているのかと思いきやよく見ると蟹っぽいですね。
ボディは赤いし足は短く、腕は蟹の腕のようにボリュームがあります。

Dsc03783.jpg Dsc03781.jpg

戦死した後、クリフジャンパーはダークエネルゴンの力によってゾンビ状態のテラーコンクリフジャンパーとして蘇るのですが、蟹と死者というと聖闘士星矢、キャンサー(蟹座)のデスマスクを思い出します。
デスマスクは「相手の魂に直接攻撃を加えて冥界へ落とし込む闘技の使い手であり、自身も生きながらにして現世と冥界の入口を行き来する。」という設定で黄泉の国(死者の国)との繋がりが深いキャラクターとして作中で描かれています。車田正美の気まぐれなのか蟹座と冥界との繋がりというのは調べてもよくわからなかったのですが、蟹座の起源をウィキで調べるとこうあります。
「化け蟹カルキノスは、最初はヘラクレスとヒュドラの戦いを見ていた。次第に同じ沼に住んでいる友人であり異父兄弟でもあるヒュドラが形勢不利になったため、飛び出してヘラクレスの足を挟んだ。 しかし、ヘラクレスは振り払い踏みつぶした。一部始終を見ていた女神ヘラは、兄弟思いのカルキノスを哀れに思って、天に上げて星にした。」なんとなくクリフジャンパーっぽいですね。
単なる偶然ですが、蟹とクリフジャンパーの関係に因果を感じています。

Dsc03801.jpg Dsc03793.jpg

Dsc03787.jpg Dsc03795.jpg

さて、クリフジャンパーはマイクロンジョイントの位置も良く、がっちりとした体型なので様々なマイクロンと組み合わせて遊べると思います。
特に私お気に入りのジダRなんか成型色が合うのでよくマッチしますよ。
ちなみにテラーコンクリフジャンパーのアームズマイクロンはジダですね。

というわけで、トランスフォーマープライムからクリフジャンパーの紹介でした。
昔から同型で黄色がバンブル、赤がクリフという殻を破りバンブルピーとは違うオリジナルデザインで発売されたクリフジャンパーはビークル、ロボット共に出来が良くアームズマイクロンシリーズを代表する商品の一つとなりました。
ただ、第一話で戦死するという設定は玩具を買った子供には衝撃的ですよね。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

レッドクリフ

トランスフォーマーアニメイテッド アクティベイター
情報補佐員 クリフジャンパー


今話題のスプリンガー、財布の紐と箱の大きさ(収納)に関しては非常にシビアな私もちゃんと購入していますぞ!
2013年を代表する、まさにTFコレクターのマストアイテムと言っても過言では無い逸品でしたが、それゆえに今レビューするのはやめておきましょうね。

というわけで、前回はビーストサーガのジップロットベースを紹介しましたが、今回はジップロットマシンをまず初めに紹介したいと思います。

Dsc03887.jpg Dsc03886.jpg
ジップロットマシン03 ジップビルダー

ジップロット商品共通の立方体からブルドーザーにボタン一つで自動変形するという優れものですが、ジップロットマシンがジップロットベースと違うところは後者が重力による無動力変形であるのに対し定価で500円高いマシンはゼンマイ動力による変形であるという点です。

AnimationZM3.gif
ベース同様、上部のボタンを押すとブルドーザーに展開するのですが、ゼンマイで動いている分、自由落下のベースに比べ動きがやや緩慢なのです。

Dsc03889.jpg Dsc03890.jpg

立方体時のアームの折り畳みなんか絶妙で、展開後も物を掴むことができたりと面白いんですが、いかんせん小さいんですよね。いくら出来がよくてもフィギュアと絡めて遊べないんだったらやっぱり売れませんよね。
ビーストマシーンズのチーやメカトロンをリデコしてビーストサーガで販売しても良かった気がしますが、良くも悪くも立方体にこだわってしまいましたね。。。


さてさて、一発変形つながりでジップロットマシンを紹介しましたが、それでは今日の本題であるアクティベーター・クリフジャンパーの紹介に入りたいと思います。

Dsc03669.jpg Dsc03670.jpg

日本でのアクティベイター(一発変形)の先陣を切ったのがこのクリフジャンパーと記憶していますが、アニメには登場するもののちょい役というか特殊なキャラであるため目立つことはありませんでした。基本的にはバンブルビーと同型のアースモードを持つため、バンブルビーでは無くあえて赤いクリフジャンパーの販売となりましたが、普通にバンブルビーを発売しろよって思ったのは私だけでしょうか?

Dsc03672.jpg Dsc03673.jpg

Dsc03674.jpg Dsc03675.jpg

ビークルモードは架空の覆面パトカー(パトライトがあるので)ということですが、私の乗っているマツダのアクセラ(ハッチバックの方ね)という車に似てなくも無いなと思う今日この頃。親近感が湧いてくるような気がします。
ちなみに転がし走行が可能となっています。

それではサクッとトランスフォーム!!

AnimationCJ.gif

パトライトをぽちっと押すとあっという間に変形完了。足を開いたり若干ポーズを調整する必要はありますが、前回のオプティマスプライムほどいじる必要は無く、アクティベイターの名に恥じない見事な一発変形となっています。
で、この変形が非常に楽しい。ボタンひとつで変形できてロボット⇒ビークルへ戻す時の収まりも良いため、何度も変形させて遊んでしまいますね。小さいけどバカにできない商品となっています。

Dsc03703.jpg Dsc03704.jpg

Dsc03705.jpg Dsc03707.jpg

アニメでは主要メンバーでもなく、役職は「情報補佐員」ということですがウィキによるとこのような設定になっています。
センチネルの教官時代の同僚であり、現在は情報部に所属する赤いボディのオートボット。スパイであるロングアームがウルトラマグナスを襲撃し、失踪するまでは情報長官である彼の補佐を勤めていた。サイバトロン星のオートボット基地であるメトロプレックス内で働いている。バンブルビーやワスプと同じプロトフォームから生まれたため、ボディは彼らのサイバトロンモードと酷似している。設定では気が短い。

ボディが赤いキャラクターは気が短いという伝統は21世紀でも引き継がれています。

Dsc03708.jpg Dsc03711.jpg

Dsc03719.jpg Dsc03709.jpg

あくまでもバンブルビーと同型と考えるなら、アニメのデザインをよく表現できていて全身の可動も良く、構造が単純である為に壊れにくく丈夫で子供にはもってこいのアイテムとなっています。惜しいのはドアの裏に隠れた拳の造形がかなり適当であるという点。どうせ型で押しただけの造形ならもうちょっと細かい造形で拳を作ってくれたらなぁと思います。

はい。というわけでジップロット&アクティベイター・一発変形第二夜はクリフジャンパーでした。
次は一発変形から離れてクリフジャンパー繋がりで紹介したいと思います。ではでは。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

そして伝説へ

トランスフォーマーアニメイテッド ケロケロA 限定クリアー版
アクティベイター オプティマスプライム


今、ひとつの伝説が終焉を向かえようとしている。

ビーストサーガだ!!

先日、イオンの玩具売り場に行ったら、未だにダークサイドムーン関連のおもちゃが定価で売られている中、ビーストサーガ関連のおもちゃは全品半額になっているのを見つけました。これは事件です。

アニメは欠かさず見ていますが、発売開始直後は熱狂的に買っていたフィギュアも結構数を揃えたこともあって最近は放置していたら、ここ数ヶ月間、新作がリリースされていなかったんですね。
非常に残念ですが結論から言うとシリーズは打ち切りと考えて良いみたいなのでこれを機に以前から気になっていたジップロットベースに手を出してみました。(「打ち切り」はあくまで個人的な予想です。)

Dsc03582.jpg Dsc03580.jpg
ジップロットベース01 ジップコマンドベース
定価は1000円ですが、投売り価格の500円で購入。

ルービックキューブくらいの立方体が基地に変形するという新感覚のグッズです。
アニメでは変形前は手の平サイズなので、まぁドラゴンボールのホイポイカプセルみたいな感じですかね。

Dsc03583.jpg Dsc03588.jpg

立方体の上面にあるボタンをポチッとすると一瞬で基地に展開します。

Dsc03591.jpg Dsc03593.jpg

立方体がパネル展開する仕掛けも面白いんですが、小サイズながらミニバイクを発射できたり他のジップベースと繋げて基地遊びできたりと遊びの幅は広いと思います。
ただ一番の難点というか、なぜそうしてしまったのか・・・ビーストサーガの定番フュギュアとサイズが合わず、一緒に遊ぶことが出来ないんですよね。

ジップロットベースには定番フィギュアの1/10くらいの大きさのフィギュアが3体付属していて、それで遊ぶんですがちょっと小さいというか・・・。
アイディアはとても良いんですけど、そういった細かい詰めが「売れる売れない」の勝敗を決めるのかもしれませんね。
それ以前に20年以上前に流行ったものの焼き直しをカードゲーム全盛の現代に売り出そうというのが間違いだったのかもしれません。だからこそ我々は熱狂したのですが。


というわけで、今回は一発変形つながりでトランスフォーマープライム、アクティベイターオプティマスプライムの紹介です。アクティベイターというのは一発変形のことで、大きさ的にはezコレクションよりも大きく、一般的なデラックスクラスよりも小さいといったところでしょうか。
余談ですが、国内ではアクティベイタークラスのオプティマスプライムは他3体とのセット販売という評判の悪い販売方法がとられていましたので、アクティベイターのオプティマスが単品販売されたのはこの限定品だけとなっています。
ということは通常カラーのオプティマスプライムは単品では手に入らなかったということなのですよ。なんてこった!

Dsc03545.jpg Dsc03549.jpg

本品はケロケロAで連載されていた(?)「トランスフォーマーアニメイテッド ザ・クール」をコミックス化したものに限定クリアー版のアクティベイターオプティマスプライムを付録にした、トランスフォーマーではたまにある感じの販売方法になっています。(DVDとかパズルとかね。)

ちなみにコミックス本編は早い人なら10分、普通に読んでも15分ほどで読破できるような物語となっていまして、私は続けて2回読んだのですが、途中ちょっと意味のわからなくなるところもある超スピーディな展開となっています。
でも、まぁ10分でアニメイテッド全ストーリーを振り返りたい方にはお勧めの内容ですね。

ラストシーンで大破したオプティマスプライムがオールスパークの力で再生するシーンがあるのですが、クリアー版というのはその時の状態を立体化したと考えて良いのでしょうか?(写真右)

Dsc03551.jpg Dsc03553.jpg

梱包は後のトランスフォーマープライムっぽい、ダンボール箱にきっちりと収まった感じなので破損の心配が無くとても良いと思います。

Dsc03566.jpg Dsc03568.jpg

Dsc03569.jpg Dsc03571.jpg

ビークルモードは架空の消防車(前部のみ)ということで、もともとよくわからないデザインな上にアクティベイターならではの制約もあって、かっこよくありません。

それではトランスフォーム!!

Dsc03572.jpg Dsc03573.jpg

Dsc03574.jpg Dsc03576.jpg

変形は後ろのつまみを持ってパトライトの真ん中にあるボッチを倒すと両腕が開いて変形します。
あとは足など各部を調整して変形完了なのですが、オプティマスプライムに関して言うと他のアクティベイターよりも手間が多くて、あまり一発変形という感じが無く、またビークルモードに戻す時もちょっとこつがあるんですよね~。

Dsc03558.jpg Dsc03557.jpg

Dsc03559.jpg Dsc03560.jpg

ロボットモードは反面、デザイン良く顔の造形もしっかりとしていて劇中のイメージをよく再現していると思います。デラックスクラスのオプティマスと比べるとこんな感じですが、結局アニメイテッドってアクティベイターもデラックスクラス通常カラーのオプティマスが単品で販売されることは無かったんですよね。一番とっつきやすい価格帯で主役級のキャラを売らない(=高額商品を買わせようとしている)実にあさましい考え方です。

Dsc03562.jpg Dsc03561.jpg

Dsc03563.jpg Dsc03564.jpg

可動は腰が回転しませんが、小サイズながらよく動きます。膝から下に重心が集中しているので立たせやすく片足立ちもできます。

Dsc03594.jpg Dsc03595.jpg

最後に本の中から飛び出した体で。

アニメイテッドは見た目はポップですが、内容はプライムより複雑で犠牲や痛みを伴うハードな面もありましたよね。
ざっくりですが久しぶりにアニメイテッドを振り返るきっかけになりました。

というわけで、ケロケロA限定版アクティベイターのオプティマスプライムでした。次回もアクティベイターから紹介したいと思いますので、ではでは。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。