スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルドラゴン

トランスフォーマープライム ビーストハンターズ
強襲兵 ツインストライク


先日、本当にたまたまなんですが海外版を入手したので、今日は私初のビーストハンターズ商品ツインストライクをレビューしてみたいと思います。パッケージにはツインストライクという名前の下に「Assuit Infantry」と書いてありましたので「強襲兵」と訳しておきました。

Dsc03294.jpg Dsc03310.jpg

双頭の竜(パッケージにドラゴンと明記)でボディカラーは黄と緑とくればテラートロン部隊のシナーツインですが、彼はまさにそのシナーツインでツインストライクと名前を変えての再登場となっています。
ちなみにシナーツインの役職は「追撃兵」でしたね。

Dsc03308.jpg Dsc03299.jpg

Dsc03313_20130528104933.jpg Dsc03304.jpg
首と尻尾のトゲトゲがタツノオトシゴを連想させます。

残念ながらサイズはサイバーバースのリージョンクラスとなっているので小さいのですが、首や足はそれなりに可動します。
日本では3本首の金色の竜が有名ですが、そのキングギドラの前足が翼となっているのと比較するとツインストライクのように4足歩行の肉食獣ベースだとアグレッシブな凶暴性を感じることができますね。
ただテラートロンのリーダー、ハングルーも双頭竜なのでどうしてケルベロス(犬)にしなかったのかは謎ですが。。。

Dsc03306.jpg Dsc03305.jpg

お馴染みジダRと比べるとこんな感じです。ジダRが大きいというべきか、でもツインストライクはサイバーバースにしては大きく、かといってコマンダークラスほどは無いといったところです。

Dsc03291.jpg Dsc03290.jpg

また、付属武器として「ピストンハンマー」があり、ビースト時にも取り付けることができます。
一応、説明書通りに付けてみましたが砲台的なニュアンスなのかな?もしかするとシナーツインのビースト時にも背中にキャノンを取り付けることができたので、その再現なのかもしれません。
ツインストライクには胴体や手足にも武器を取り付けるジョイントが存在しますので、他のテラートロンを買えば武器を増やしたり交換したりして遊ぶことができるかと思います。

それではトランスフォーム!!

AnimationTS.gif

今気が付いたけどロボットからビーストになってますね。この方が躍動感があると思ったのかな。
変形はサイバーバースのリージョンクラスですからもちろん簡単なんですけど、胸が開いて頭を収納できるところなんか少し凝っています。ただ・・・

Dsc3310.jpg  Dsc3336.jpg
黄色のアーマーを回転させます。

足のアーマーを引き出して回転するようになっているのですが、回転軸になっているボルトがアーマーと一緒に回ってしまうので時計回りにまわすと引き出ししろが無くなり回せなくなります。逆に反時計回りに数周するとボルトが抜けてしまって部品が外れるという始末。私の持っているものだけかもしれませんが、ボルトで止めるよりは打ち込み式にして、アーマーの引き出ししろももう少し余裕を持たせるべきだったと思います。
(説明がよくわからない方は変形アニメーションで下半身に注目してください)

Dsc03330.jpg Dsc03332.jpg

Dsc03336.jpg Dsc03339.jpg

ビースト時はシナーツインに似ていましたが、ロボット時は変形機構の違いもあってかつての面影はありません。
まぁその方がかっこいいですけど。

Dsc03345.jpg Dsc03343.jpg

Dsc03347.jpg Dsc03353.jpg

膝の関節が動かないのが残念ですが、ビースト時に竜の首になっていた腕はわりと動くので旧プライムのEZコレクションよりは見た目も良いし遊べるかなといった感じです。

Dsc03326.jpg 
三つ爪の方が接地性も良くワイルドではありますが・・・。

ちなみに海外版の説明書では足はロボットでも三つ爪のままなんですけど、パッケージでは反転させているので私のところではパッケージ遵守で撮影しています。

というわけで、ファン待望のテラートロンのリテイク商品でしたが、私が購入したのはとりあえずシナーツイン(ツインストライク)だけなので、あとは国内版の発売を待って購入しようと思っています。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

アインハンダー

劇場版TF リベンジ N.E.S.T. ロックダウン

今月の半ばから出張で家を出ているんですけど、車で2時間くらいの距離なんで毎週週末は自宅に帰ってくるという行ったり来たりの生活を送っています。
というわけで今回も棚から一掴み、タナツカネタでいってみたいと思います。

Dsc03068.jpg Dsc03069.jpg

ロックダウンはそもそもアニメイテッドのキャラクターとして登場したものを実写アレンジしたという、通常とは逆の過程を経た珍しい例となっています。それだけロックダウンというキャラが受けたということなんでしょうか。日本では劇場版ロックダウンの方が先だったような気がしますが、私もアマゾンでロックダウンの写真を見た時はかっこよすぎてシビレましたもんね。トランスフォーマーでこんなデザインができるんだって。

Dsc03065.jpg Dsc03067.jpg

アニメイテッドでは「ヘビメタカー」となっていましたが、劇場版では「ハンターカー」となっています。どっちにしてもよくわかりませんが、ようするにマッスルカーの亜種ということでしょう。このとんがったデザインが最高にイカしてますよね。
アニメイテッドでは「こんな車あるはず無い!」というデザインだったのものが、うまく実写アレンジされていると思います。
ちなみに特にギミックのようなものは無く転がし走行のみとなっています。

Dsc03068.jpg Dsc00674_20130525070440.jpg

まぁどちらにしても派手ですね。

Dsc03073.jpg Dsc03070.jpg

Dsc03072.jpg Dsc03071.jpg

残念ながら前輪は可動しないんですけど、変形の構造上、後輪は下向きにすることができるので昭和生まれには懐かしいデロリアンを楽しむこともできます。もともとアメ車チックなデザインなので後姿はデロリアンに似てなくも無いですよね。


それではサクッとトランスフォーム!!

AnimationLD.gif

変形の機構もアニメイテッドとほとんど変わりませんが、デザインが細かくなっている分、左右の非対称が顕著になっています。また、変形難易度としては簡単な方ですね。サクサク変形を楽しめると思います。

Dsc03089.jpg Dsc03090.jpg

Dsc03091.jpg Dsc03092.jpg

左右非対称で頭が異常に小さく、足は逆関節と異形ですが、殺し屋というキャラクターにマッチしたデザインだと思います。感情のあるロボットに相応しい、非常に個性的で従来のロボットの常識にとらわれないデザインは初めて写真を見た時、本当にトランスフォーマーの新時代が来たと感心しましたよ。しかもビークルもカッコイイ!

パッケージ裏の英語を訳すとロックダウンはラチェットを破壊する為に雇われた殺し屋であり、ターゲットを仕留めるまでは決して止める事が出来ないというような意味のことが書いてあります。
劇中未登場ですのでラチェットとの絡みというのはありませんでしたが、ロックダウンとラチェットの因縁というところもアニメイテッドの設定を引き継いだものとなっていますね。

Dsc00666_20130525070607.jpg Dsc00667_20130525070609.jpg

アニメイテッド版ロックダウンと比較してみてください。

Dsc03096.jpg Dsc03095.jpg

ハンター?殺し屋?賞金稼ぎ?厳密な違いがよくわかりませんが、アニメイテッド同様にこのフックやエンジン部のガトリングも誰かから奪った武器なのでしょうか?

さて、ギミックとして右手のフックが可動し、それに伴い、なんていうのか名前を忘れましたけど、上部のシャフトのようなものが出入りします。
ちなみに私のは開封時から左手の指が切れていまして、メーカーに問い合わせて部品を交換してもらいました。噂には聞いていましたが不良品って本当にあるんですね。

Dsc03108.jpg Dsc03100.jpg

Dsc03098.jpg Dsc03106.jpg

関節が多く可動は良好なのですが、デザインが特異な為どういう風にポージングすればかっこいいかよくわかりませんでした。結局は普通に立たせるのが一番キャラに合っていると思います。

Dsc03105.jpg Dsc03102.jpg

というわけで、思い入れの割にはキャラを生かした写真が撮れなかった感があるのですが、今回はこの辺で~。
リベンジN.E.S.T.からロックダウンでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

わくわく変形動物ランド

トランスフォーマープライム アームズマイクロン
最強ウエポン5体セット グラビティプラネットボウガン


Dsc02988.jpg Dsc02990.jpg

このような企画もの商品というのは常々、瞬発力が大事だと思うんですけど、こうやって旬を逃して、それも懐かしくも無いくらいでレビューしてしまうのは番組が終了したことによるバッタ売りに遭遇したからに他なりません。

というわけで、トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズで武器として付属していたアームズマイクロンのみを特別にセット販売したのが最強ウエポン5体セットとなるわけですが、グラビティプラネットボウガンはディセプティコン陣営のセットとなっておりまして、この他にオートボットのアドバンスドスターセイバーというのも存在しています。



さて、それでは「ゴラⅡE」から紹介していきましょう。

Dsc02999.jpg Dsc02998.jpg

「ゴラⅡE」はAM-15メガトロン・ダークネスに付属する「ゴラⅡ」の色替えバージョンとなっていますが、どうして「E」なのかよくわかりません。
ゴリラからバズーカに変形しますが、短くて太く一見ストレートではなくメガホンのようにテーパー付きに見えるところが漫画チックで好きではありませんねー。

Dsc03010.jpg Dsc03012.jpg

いつも通り、ユナイテッドのオプティマスプライムに持たせてみました。砲身が短いので肩につけてレーダーのように見せるのも良いなと思います。



Dsc03001.jpg Dsc03000.jpg

続いて「グルB」はAM-07スタースクリームに付属する「グル」のリカラーとなっています。「B」はブルーのBでしょう。
イーグル(鷲)のグルでしょうか。鳥状態から・・・槍ですか?なんだかよくわからない武器に変形します。

Dsc03015.jpg Dsc03016.jpg

なんだかよくわかんないんですけど、おそらく打撃系の武器だと思われますので適当に持たせてみました。



Dsc03025.jpg Dsc03003.jpg

続いて「ゾリCS」はAM-09サウンドウェーブに付属する「ゾリ」のリカラーで「CS」って・・・なんだろう?なんかネーミングセンスがガンダム0080みたいなんですよね。
サソリからロッドでしょうか?それともムチかな?尻尾の先にビームの発射口のようなものがあるのも余計に分かりにくいというか。

Dsc03019.jpg Dsc03022.jpg

これまたなんだかよくわからない武器なので、適当に持たせています。

Dsc03021.jpg

ちなみに有線式サイコミュのような使い方もアリかなと思いました。



Dsc03006.jpg Dsc03005.jpg

早くも後半戦突入ですが、「ノジB」はAM-14ディセプティコンビーコンに付属する「ノジ」の色替え品。
イノシシの「ノジ」でしょう。猪から短銃に変形します。これはビースト時もイノシシのアレンジが効いているし、銃としての汎用性も高く気に入っています。

Dsc03026.jpg Dsc03028.jpg

銃なのでこれといって特徴はありませんが普通に装備できます。
イノシシの目がスコープに見えるのがちょっと良いですね。



Dsc03007.jpg Dsc03008.jpg

そして最後は「イダB」。AM-18エアラクニッドに付属する「イダ」のリカラーとなっています。
スパイダーの「イダ」は蜘蛛からクローに変形します。

Dsc03030.jpg Dsc03035.jpg

偶然なんですがこのオプティマスはコブシを内側に収納することが出来るので、イダのお尻にあるジョイントで合体してそのまま手をクローにすることができます。



それでは5体を合体させて「グラビティボウガン」を作ってみたいと思います。

Dsc03047.jpg Dsc03049.jpg

Dsc03048.jpg Dsc03045.jpg

ボウガンのボウガンたる弓の部分はグルが担当しているので、グルって弓矢だったのかな?とも思うんですけど、完全に見立て合体ですよね。
ゾリは矢のような見た目ですが、飛ぶことはありませんし。

Dsc03039.jpg Dsc03058.jpg 

Dsc03056.jpg Dsc03060.jpg

アームズマイクロンが5体も合体しているだけあって大きさはかなりのものがありますが、これがディセプティコンの最終兵器かと思うともう少し洗練されたデザインの物が欲しかったですね。ボウガンというのも微妙な武器ですし、やはり巨大な銃火器か剣に尽きます。

というわけで、今回は最強ウエポン5体セットからグラビティプラネットボウガンの紹介でした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

天翔ける恐竜の閃き

トランスフォーマー スーパーリンク 強襲員 ダイノボット

Dsc02909.jpg

エネルゴン採取を邪魔するやつは鋭い爪で切り裂いてやるぜ!

エネルゴンの力により、古代から目覚めた恐竜型テラーコン。
尻尾に備えるエナジーブレードは、時として巨大な剣となり、大きな戦力となる。
エネルゴンの最終力も高く、ユニクロン復活への足音を早めるだろう。


というわけで、今回はスーパーリンクからテラーコンのダイノボットです。
先日、某有名アンティークトイのお店に「ある物」を買いに行ったんですけど、偶然そのすぐ近くに置いてあったダイノボットの顔(ロボット時)を見て一目惚れしてしまい、散々迷ったあげく結局は目的のものは購入せずにダイノボットを買ってしまいました。

Dsc02937.jpg Dsc02938.jpg

「ダイノボット」と言っても「ダー!」の人とは関係無く、むしろG1やアニメイテッドで用いられる恐竜ロボット軍団という意味でのダイノボットと考えるのが正しいかと思われます。しかし恐竜モチーフはラプトル類なので、その点はビーストウォーズのダイノボットと同じですね。ちなみにどうしてラプトルかというと、あとで紹介する武器が「ラプターガン」という名前だからなのです。

Dsc02939.jpg Dsc02940.jpg

ひとえにラプトルといっても調べるといろいろな種類がいたようなので、一概にどれとは言えませんがスタイルとしては現代の学説を踏襲して尻尾は一応、空中で保持できるんですが、ラプトルにしては頭が大きく直立に近い姿勢なので着ぐるみを着た人っぽく見えてしまいます。
そう、私は初期のゾイド(デスザウラーあたりまで)しか知らないのですが、初期の名作ゾイドとして記憶に残っているアロザウラーによく似ていると思います。また、そのうち紹介する時にも言うつもりですが、同じテラーコンのコマンドジャガーはコマンドウルフに名前も見た目も似ていると思います。

arosaurer.jpg
コマンドウルフしかり、ゼンマイでも白い装甲のものは特にできが良かったような記憶があります。
ちなみにアロザウラーがアロザウルスに似ているのかどうかは知りません。

Dsc02935.jpg

さて、サイバトロンにオムニコンが存在するようにそれと対をなすのがテラーコン軍団です。
テラーコンとはアルファQがユニクロンの力を使って生み出した無数の雑兵、いわゆるザコキャラで個別の名前はありません。故に今紹介しているダイノボットとはダイノボットタイプのテラーコンと考えるのが正しいでしょう。

テラーコンにもオムニコンのようにエネルゴンスターとネルゴンウェポンが付属していてダイノボットには大剣ジュラスマッシュとラプターガンという銃が同梱されています。またこの二つを合わせるとエネジーブレードという身の丈ほどある巨大な剣になります。

Dsc02932.jpg Dsc02929.jpg

エネルゴンウェポンはこのように尻尾の中に収納できるようになっているのでジュラスマッシュはともかくとしてラプターガンの紛失防止になります。

Dsc02928.jpg Dsc02927.jpg
 
非武装状態だと、なんだか途中で切れたような尻尾でしたが、ジュラスマッシュを装備するとそれはそれでオーバースケールのような感じに・・・。

Dsc02915.jpg Dsc02917.jpg

Dsc02913.jpg Dsc02914.jpg

あと、口は開閉するよ「ダー!」

というわけで、少し長くなったけどそろそろトランスフォーム!!!

AnimationD.gif

ダイノボットの変形は特殊です。現在で言うオートモーフと一発変形を合わせたような機構が仕込んであり、股関節を内側に狭めると反対に肩が外側にせり出して恐竜の頭部が後退します。あとは手足を整えたら変形完了・・・説明書ではそうなんですが、尻尾を左右に開いてスタビライザーのようにした方が私はカッコイイと思いますので、ここではそうしています。

この変形機構、一般的には評価されているようですが私はあまり好きではありません。
この機構のせいで腰のロールが犠牲になっていたり、正面からの姿勢も良くありませんし、恐竜の頭部が中途半端な位置に固定されているのはどうかと。まぁ低価格商品なりの工夫と見ればチャレンジ精神は評価に値しますけどね。

Dsc02962.jpg Dsc02964.jpg

Dsc02963.jpg Dsc02965.jpg

まぁなんといってもダイノボットはこの顔ですよ。海神ポセイドンが超人パルテノンといった感じの口周りに眠そうな目。スーパーリンクを一話たりとも観たことの無かった私は2013年、思わず一目ボレしました。

可動に関しては関節が多く完全な人型なので今度20周年で発売するセーラームーンのようによく動きます。(適当)
いや、しかしあれは欲しいよね~シリーズ化するのかな?
真面目な話をすると足の甲がボールジョイントで接合されているのですが、このジョイントが設計不良のようで全く関節の役目を果たしておらず接地性が悪いのです。この関節がちゃんと機能していればもっと良かったのですが小さいようで大きなミスですよねホント。

Dsc02966.jpg Dsc02967.jpg

エネルゴンウェポンはもちろんロボット形態でも装備できます。まずはラプターガンを。
ラプターガンはあくまでオマケ感覚ですが、しかし砲と剣の両方が付属しているというのは嬉しいことです。

Dsc02968.jpg Dsc02969.jpg

そしてジュラスマッシュ単体で装備。ジュラスマッシュだけで持とうとすると恐竜の爪が邪魔になってあまりカッコ良く持たせることができません。
いやしかし、今気が付いたけどロボットの時に恐竜の爪が出ているのは武器として分かるけど、恐竜の時に人型の手が出ているのはおかしいよね。

Dsc02908.jpg Dsc02984.jpg

そしてラプターガンとジュラスマッシュを合体するとダイノボット最大の特徴であるエナジーブレードとなります。
これでエフェクトパーツがあれば乱れ雪月花地ずり残月を再現するところなんですが、あれを買ってしまうとただでさえ長い撮影時間が無限になってしまうので購入予定はありません。

Dsc02906.jpg Dsc02987.jpg

デラックスクラスやボイジャークラスに持たせるとそうでも無いんだと思いますが、テラーコンくらいの大きさだと巨大な剣になって遊び甲斐がありますね。

Dsc02982.jpg Dsc02983.jpg

Dsc02973.jpg Dsc02972.jpg

テラーコンつながりというか、矛には盾ということでダドTCを持たせてみましたが、クリアーなのでエネルゴンウェポンと相性は良いですよね。これでクリアグリーンだったらもっと良かったんですが、まぁ良しとしましょう。

Dsc02976.jpg Dsc02977.jpg

アームズマイクロンで思い出したんですが、どうせならもっと大きな剣をと思いダークマターカリバーを持たせてみました。

Dsc02975.jpg Dsc02979.jpg

ダイノボットはテラーコンにしては体にウェポンを取り付けるジョイントが無いので、遊び勝手が悪いのですがこうやっていろいろ武器を持たせてみると面白いかと思います。

というわけでスーパーリンクからテラーコン強襲員ダイノボットでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

エイリアンタンクローリー

劇場版TF ダークサイド・ムーン メガトロン

先日、家の近くのイオンの玩具売り場でGO!の商品が並んでいるのを見たんですが、ジェネレーションズ関連の商品が未だに売れてなくて凄く陳列の邪魔になっていました。ブルーティカス関係のなんか一つ1000円くらいだったら買っても良いとは思うんですが、まだバルディカスの方が愛着が湧くってくらい姿が変わってしまってますからね。そうそう、ユナイテッドEXなんか当たり前のように売れ残っていますし、劇場版関連でさえまだ陳列してあります。
東京や大都市におけるトランスフォーマーの売れ行きは知る由もありませんが、とにかく私の住むような町(それでも政令指定都市ですが)ではプライムみたいにアニメで放送していない商品って全く売れないんですよね。なのにあんなにふんだんに入荷するって店舗側もどういう考えなのかと首をかしげます。
私に一言聞いてくれれば売れそうにない商品を無駄に入荷せずに済むんですけどね。ま、なかなかそうはいきませんが(笑)

で、まぁGO!は販売が開始しましたが、私のもとにはまだ一つもやってきてはいませんので今回は棚から一掴み、略してタナツカネタでいきたいと思います。

Dsc02838.jpg Dsc02839.jpg

飛行機だ!戦車だ!と来て、3作目である最後でタンクローリーになってしまったメガトロンです。
ちなみに前の二つには「エイリアン〇〇」という呼び方でしたが、流石にエイリアンタンクローリーなんてものは無い(断言はできませんが)と思われますので、地球のタンクローリー車となっています。

Dsc02840.jpg Dsc02841.jpg

とは言うものの、このタンクローリーに明確なモチーフがあるのかどうかは私には分かりません。ただトレーラータイプのトラックにしてはタンク側のサイズが小さいかなとは思いましたが、少しマッドマックス2やバイオハザード3的な趣味が入っていて雰囲気はとても好きです。特に後部に幌を被せるというアイディアは脱帽ものですね。
しかし、よくも歴代オプティマスの伝統であるトレーラーというモチーフをよく選択したものです。私はTFシリーズを通してメガトロンというキャラクターが好きではないのですが、ネットのどこかに貼ってあったまだ試作段階のタンクローリーメガトロンを見た時は「絶対に欲しい!!」と思ったもんですよ。

ちなみに幌はただ載せているだけで固定はされていませんので簡単に取り外すことができます。

Dsc02844.jpg Dsc02845.jpg

これまたタナツカ的に近くにあったスーパーリンクのロディマスコンボイと並べてみました。スケール感が違いますが、モチーフはよく似ていますね。そしていつものジダRと大きさの比較です。
比べるとわかるようにメガトロンはハッキリ言って小さいんですが、作り込みは本当に細かくてNゲージやミリタリーモデルのような精巧なできは見てて飽きません。

Dsc02846.jpg Dsc02847.jpg

また、どういう仕組みなのかわかりませんが牽引部分が可動するので「く」の字に折ることができます。
これが出来なければトレーラーとは言えないので、とても大事なことですが、それをちゃんとできるようにしている点はとても評価できます。

Dsc02848.jpg Dsc02849.jpg

タンクの前半部分はメックテックウェポンとして取り外してトレーラー前部に取り付けることができ、より一層の世紀末気分を味わうことができます。
ちなみに取り付け穴はMPランボルのようにスプリングで穴の蓋が跳ね上がる仕組みになっていまして、何も取り付けない場合は穴が目立たないようになっています。

Dsc02850.jpg Dsc02851.jpg

メガトロンのメックテックウェポンは展開して、そのまま展開した状態を固定することが出来るという点も優秀だと言えます。
余談ですが幌は取り外したタンクの前部に被せても良いんですよね。ただこれをやっている写真は見たことがありません。


とまあ、いつもより多く話してしまいましたが、そろそろトランスフォーム!!

AnimationMdsm2.gif
私が買うメガトロンは決まって変形時に上半身が回転します。

劇場版TFは変形プロセスが多いので撮影枚数も多くなっていますが、その分容量を抑えないといけないので画像が小さくなっています。

変形に関しては下半身は小気味良く変形させられるんですが、上半身、特にバンパー周りのクリックが堅くて初回変形時に私はバンパーの接着部分を壊した、というか外してしまいました。でも、そうしないと変形できなかったのでまぁ仕方ないかという感じです。

Dsc02874.jpg Dsc02875.jpg

Dsc02876.jpg Dsc02877.jpg

メガトロンらしい点と言えばメックテックウェポンであるメガフュージョンキャノンを右手に装備していることくらいで、前2作のメガトロンとは全く見た目が違い、細身で手足が長く顔も崩れていて不気味ではありますが、スタイルは良くなっています。

Dsc02879.jpg Dsc02880.jpg

そして、この商品のウリでもある幌はロボット時にも体を覆うことができます。リベンジで破れ、痛々しく顔が崩れてしまったのを隠すように幌を被っています。このとき、幌は固定できますが軟質材であるため私のは手で持っていないとあまり良い位置に固定できませんでした。なので写真では穴から顔が良く見えていません。

Dsc02902.jpg Dsc02901.jpg

可動に関してはよく動くと思います。脚がすこし長すぎるので動きとしては間延びした印象もありますが、まぁ外国人体型と思いましょう。あと手首は内側に動くのですがボールジョイントでは無い点と、手の平を開いたままで閉じることができないのが少し残念ですね。

Dsc02885.jpg Dsc02886.jpg

トレーラー時の天井部分が背中にくるので武器を背中に取り付けることができます。こうするとオンスロートみたいですね。タンクローリーをミサイルトレーラーにリデコしてオンスロートとして発売できそうですけど、絶対にしませんよね。

Dsc02895.jpg Dsc02892.jpg

また、後発レビューの強味としてアームズマイクロンを絡めてみました。手首を折り畳んでいるところがミソです。

Dsc02900.jpg Dsc02899.jpg

Dsc02897.jpg Dsc02889.jpg

メガトロンといえば巨砲主義なので、あえてオプティマスのエナジーブレードを装備してみましたが、これも合いますね。
本当は劇中で使用したショットガンのイメージが強かったのでショットガンを持った写真も撮りたかったんですが、ミニチュアのショットガンというのがなかなか無くてカプセルトイや中古販売の店を回ってみたものの手に入れることができませんでした。
今後、手に入れることができたら再度アップしようかと思います。
確かイングラムの武器ってショットガンありましたよね・・・。

というわけで、ダークサイド・ムーンからメガトロンでした。
映画ではほどんど目立たず、やっと出てきたかと思ったらオプティマスに秒殺されるという非常にあっけない最後を遂げてしまいましたが、玩具はメガトロンと名の付くものの中では私は一番良いと思います。

発売当時どこかのレビューで「この商品は将来、価値のあるものになる。」というコメントを見ましたが、金銭的な価値はともかくとして、私もこのメガトロンの特殊性はトランスフォーマー史において語り草になる項目の一つであると思いますので、これからも大事に保存したいと思います。それではまた。


毎週日曜日の午後2時に東京FM系列で放送されている「山下達郎のサンデーソングブック」の常連コーナー「レコード棚から一掴み」のことを本人がこう呼んでいる。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。