スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘリ女のキック

トランスフォーマープライム 追跡者エアラクニッド

久しぶりにプライム商品を購入したんで、すごい期待していたんですが実際開けてみるとがっかりというか・・・兎にも角にもエアラクニッドの紹介です。

Dsc00394.jpg Dsc00393.jpg

これまで初代ビーストウォーズから続くブラックウィドーというクモ女キャラだったものが、プライムで突如ステルスヘリとして再登場したわけですが、ヘリとしてのデザインはステルス性が向上しそうなフォルムといいよくまとまっていると思います。
各パーツがタイルのように張り合わさってヘリの外壁をなしているところも変形プロセスは簡単ながらなかなか面白いと思います。

Dsc00398.jpg Dsc00399.jpg

ランディングギアのようなものは無く、胴体のバランスだけで自立しています。しかし膝の裏には車輪のようなモールドが彫ってあるんですよね。フェイクということでしょうか。

Dsc00402.jpg

コクピットのキャノピーは開閉でき、なぜかクリアピンクのシートがあるので、もしかしたらゾイドのミニフィギュアくらいは乗せられるかもしれません。
ああ、そうそう、コクピットの前のディセプティコンマークはモールドの上にプライム商品名物のシールを貼ったものなのですぐに剥げそうで怖いんですよね。

Dsc00396.jpg

付属のアームズマイクロン「イダ」をパッケージのお勧め取り付け位置に装着してみました。

Dsc00404.jpg Dsc00405.jpg

「イダ?」
・・・2秒くらい考えてああ「スパイダー」の「イダ」ねって気がつきました。ちなみにイダはクローに変形してアームズマイクロンとしてはなかなかボリュームもあり使い勝手も良さそうです。ただエアラクニッドとの相性はよくありませんが。

Dsc00397.jpg コピー ~ Dsc00397

エアラクニッドを2つ買い、イダをこのように取り付ければ少し前に世間を騒がせていたオスプレイのようなダブルローターにもできそうですが、私は購入予定がありませんので画像をいじってイダを増やしてみました。
ただ、なんつうか写真を撮る時に1つしか持って無いくせにローダーの干渉を考えて外側の穴にローターを挿してしまいましたよ。失敗したなぁ。

というわけで続いてはストレスの溜まるロボットモードに変身!!

Dsc00372.jpg Dsc00373.jpg

ロボットモードへの変形は腕を開いて、足を伸ばすというシンプルなものです。
一見、劇中のイメージをよく再現しているようにも見えるのですが、足の可動は範囲が狭すぎて自立させることも困難。手もとって付けたような平手であり、その掌には張付けの刑にでもなったかのような目立つ穴がマイクロンジョイントとしてあけられています。
さらに気に入らないのはローターが変形した背中の触手ですが、短いし何より手足の数が奇数って!?
カンブリア紀の動物か!!と

ローターの枚数は4枚でも良かったと思うんですが、もしくは本体にしわ寄せが来ないようにアームズマイクロンに触手の要素を取り入れるべきだったと思います。

Dsc00371.jpg Dsc00380.jpg

劇中でよく見る、ある意味マーメイド状態。これで触手が長ければなぁ。
イダを装備してみるも全く大きさが合わず。

Dsc00382.jpg Dsc00384.jpg

余計なものをとっぱらうとこうなります。
あと、バルゴクロス(乙女座のゴールドクロス)っぽかったのでそういうポーズも。可動はこの程度がめいっぱいですね。

Dsc00389.jpg Dsc00386.jpg
 
Dsc00388.jpg

トランスフォーマーというよりもファイブスターストーリーズのモーターヘッドっぽいなって思ったんですが、モーターヘッドの方がまだ動くというか・・・イメージとしてはジ・エンプレス・オブ・フレームっぽくポーズをとってみましたが・・・。

うーん。というわけでトランスフォーマープライムからエアラクニッドでしたが、エアラクニッドは劇中でも動きがあり派手なキャラですから、やはり2000円ちょっとで再現しようとすると無理があるのかなって。
定価3000円くらいで企画されていればもっと満足のいくものになったのではないか、キャラクターとしては好きなだけに残念です。

あ、そういえばタイトルは「ヘリ女のキック」ですが、キックしている写真撮り忘れましたね。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

ギガドリルナッツ

ビーストウォーズⅡ超ロボット生命体トランスフォーマー
インセクトロン地底工作員 ドリルナッツ


Dsc00350.jpg Dsc00344.jpg

聞いた話によると本国アメリカで「ドリルナッツ」というと爆笑ネーミングらしいんですが、やはりそれに「ギガ」が付くと大爆笑になるんでしょうかね。
というわけで、ノーズコンの次はドリル繋がりでドリルナッツにしてみました。

Dsc00343.jpg Dsc00354.jpg

ドリルナッツのビーストモードは「ゾウムシ」と呼ばれる象のように長く伸びた口吻を持つ甲虫です。
日本にもたくさんの種類がいますが、私は自然の状態ではまだ見たことがありません。田舎だと結構見かけるものなんでしょうか?とにかく、よくこんなマイナー昆虫を商品化したなぁと放送当時は思ったものです。

Dsc00346.jpg Dsc00348.jpg

ひっくり返すとドリルはこのように収納されています。

Dsc00351.jpg Dsc00353.jpg

展開したドリルにはコロがついていて、ゾウムシを前進後退させるとコロに付いた歯車によってドリルが回転するようになっていますが、実際はロボット時のつま先が結構邪魔になって思うように回転しません。

それではロボットモードにトランスフォーム!

Dsc00355.jpg
一度、びろーんと広げてまた折りたたむという簡単な構造です。

Dsc00357.jpg Dsc00358.jpg

ロボットモードは地味な配色に加え、妙にリアルに人間っぽいスタイルをしており悪役仮面ライダーの誰かに(誰?)に似てなくも無いような決してヒーローにはなり得ないデザインをしています。

ちなみに公式設定では
自称「インセクトロン一の発明家」で、いつも「たいして役に立たないモノ」をこしらえている。
爆弾や火薬のエキスパートでもある。性格はやや皮肉っぽいが、執着心は人一倍。
腕のドリルで地底を自由自在に動き回り、敵の足元からの奇襲攻撃を行う。好物は柿の種。


ノーズコンの回で話しましたが、やはりドリルを持つ者は「地下に潜って奇襲戦法」という考え方が正しいようですが、実はゾウムシの長い口吻は果実などの植物に穴を開けるものなので、地面を掘るよりも敵の装甲を貫くのに適したドリルと言えます。それに反してノーズコンは装甲を貫く為のドリルでありながら、見た目は地底戦車というこの矛盾。ノーズコンとドリルナッツの役割が逆だったらピッタリだったんですけど、なかなか人生思うようにいかないものです。

ちなみにアニメの中でのドリルナッツの活躍についてですが、ビーストウォーズⅡはほぼ全話見ているはずなのに全く印象が無いというか覚えていません。発明家・・・と言われればそうだったかなあ?といった程度ですね。

それより何でゾウムシやダンゴムシ、ハサミムシが商品化されたのか?という印象の方が強かったです。

Dsc00359.jpg Dsc00360.jpg

可動に関してはよく動きますが、背中に畳んでいる昆虫時の足が丁度、ももの付け根に干渉して邪魔なのとバランスをとるのが難しい為になかなか自立させることができません。
なのであまり面白いポージングもできないのでギガドリルブレイクしてみることにしました。

Dsc00368.jpg コピー ~ DSC00369
必殺ッ! ギガァ・・・!

コピー ~ DSC00361 コピー ~ DSC00363
ドリルゥ・・・!ブレエェェェェィクッ!!

Dsc00363.jpg
ふぅ・・・。

別にグレンラガンのことがそんなに好きってわけじゃないんですが、あのアニメは何かとネタに使えますね。

というわけでドリル夜話第二夜はドリルナッツでした。(第三夜はありません)

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

ミスタードリラー

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テックボット砲撃員 ノーズコン


テックボット3人目はドリルタンクにトランスフォームする砲撃員ノーズコンです。

Dsc00309_20120824202324.jpg Dsc00307.jpg

実際には存在しない乗り物であるドリルタンク(戦車)ですが、古くはサンダーバードのジェットモグラに始まりマシンロボのドリルロボやこのノーズコンを経て概ねこういう形に収まり現在に至っています。

Dsc00306.jpg Dsc00308.jpg

そんなドリル三賢人の一人ノーズコン。
「ドリルの部分で地面に穴を開け奇襲攻撃」というのがドリルタンクの本来あるべき姿なのだと思いますが、ドリルに対して車体が大きすぎる為、どう考えても地面を掘り進むことはできそうにありません。
設定では「耐弾性合金鋼のドリルでほとんど全ての材料に穴を開けることができる。」とありますので、もしかしたら直接ドリルで敵に突っ込むのかもしれません。

Dsc00317.jpg Dsc00316.jpg

車高を上下できるのがノーズコンの特徴ですが、上昇させると武器を取り付ける穴が出てくるのでそこに「ロケット推進ミサイル」を取り付けるとおなじみアタックモードになります。

Dsc00320.jpg Dsc00321.jpg

なんですが、ライトスピードの時と同様に一つしか残っていなかったので片方(黒い方)はライトスピードの「二連式赤外線スコープ付きミサイル」となっています。やはり武器もシェアする時代ですね。

Dsc00318.jpg Dsc00319.jpg

車体を斜めにしてジェットモグラ的な着地体制に。
ノーズコンは数あるドリルタンクの中でも完成されたデザインですが、こうやって車体を稼動させることができるという点でも優れています。


そしてロボットにトランスフォーム!

Dsc00325.jpg Dsc00326.jpg

変形はこれもまたスクランブル兵士にありがちな極めて単純なもので、ライトスピード同様に旧マーメイドスタイル(一体型の下半身)ですが、一応切れ目のような模様が入っているので多少慰められます。
後ろから見るとドリルがまるで白いマツボックリでも背負っているかのように見えるのもドリルを生かしきれてなく残念です。取り外して手に取り付けたりできると良いんですけどね。

ちなみに性格は「穏やかな態度で、表面的には怠慢である。どんな批判にも耐える。」そうです。
どういう風に批判されるのか疑問ですが、耐えられるそうなのでひとまず安心しました。

Dsc00324.jpg

手持ち武器である「X線レーザーピストル」を手に持たせたところ。今気付いたんですが、この武器は構造的に右手にしか持たせられませんね。

Dsc00323.jpg

ダージ・スラスト系とんがり頭にしてみました。。。が、ドリルロボ?

というわけで燃える男のドリルタンク、ノーズコンでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

旧マーメイドスタイル

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テックボット探索員 ライトスピード


Dsc00303.jpg Dsc00305.jpg

今日はトランスフォーマー2010よりテックボット探索員ライトスピードの紹介です。

元ネタの無い未来系デザインの乗り物によって構成されているテックボット部隊の中でも「スーパーカー」と割に普通っぽいデザインから印象の薄い存在のライトスピード。これがまだ真っ赤に塗装されていればスーパーカーとしても成立しそうなのですが、やや薄い朱色とクリーム色という微妙な色合いで構成されています。
まぁスーパーカーというか正確には未来の車ですよね。

Dsc00304.jpg Dsc00313.jpg

しかし、今でこそライトスピードのデザインはいまいち未来を想像できない微妙なデザインとなっていますが、80年代当時はライトスピードのようにピラーによる分割をしない一体型キャノピーを持つ乗り物のデザインというのが割りと多く、私の記憶ではルイジ・コラーニという人がデザインした「コラーニ チョロQ」は特にライトスピードに良く似た造形となっていますので興味のある方は検索してみてください。

ちなみに右側の写真は思いつきで後輪部分を反転さてみたんですが、80年代のシューティングゲームの機体でこういうのがあったようななかったような・・・。

Dsc00312.jpg

そして付属の「二連式赤外線スコープ付きミサイル」を取り付けるとアタックモードになるんですが、残念ながら購入時の保存状態の関係で「二連式」でありながら一つしかありません。
寂しいので、テックボット部隊のドリル戦車ノーズコンから「ロケット推進ミサイル」を拝借して取り付けてみました。

Dsc00310.jpg Dsc00311.jpg

穴の大きさが同じというだけあって割りと違和感無く取り付けられますよね。

そんなこんなでそろそろロボットにトランスフォーム!!

Dsc00327.jpg Dsc00328.jpg

Dsc00329.jpg Dsc00330.jpg

変形は見たまんまの極めて簡単なもので、特に足は・・・あの、なんていう競技ですかね?運動会なんかで袋に足を突っ込んでピョンピョン跳ねるやつ。あんな感じになってます。
現代のトランスフォーマーでは劇場版TFのアーシーやエリータワン等のバイク系異形ロボットを「マーメイドスタイル」と呼んでいますが、今後はライトスピードや以前紹介したストレイフ等、一体化された足を「旧マーメイドスタイル」と呼んではどうかと提唱します。

ちなみに付属武器として「光バースト砲」という手持ち武器があるそうですが、これも保存状態の関係上ありません。おまけにシールはズレてて車輪はキズだらけですが、当時私が持っていたライトスピードも同じだったと思いますので、それでも捨てられずにちゃんと保存されていたこのライトスピードになんとなく愛着が湧いてシールも剥ぎませんでした。

さて、そんなライトスピードはスーパーカーというビークルモードを持ちながら「探索員」という役割で、性格は「星間宇宙旅行を愛し宇宙の巨大な湾内探査を好む。」そうです。探索にはあまり有効とはいえないビークルモードですが、あくまで私の想像でいうと、ライトスピードは単独で探査するのではなく、広大な宇宙に思いを馳せながら宇宙を航海して未知の惑星を探索する。そんなキャラクターなのではないかと思っています。

Dsc00334.jpg Dsc00335.jpg

え~、これは変形途中の伸びきった状態で撮った写真なのですが、リムジン状態とでも言いますか。
より未来的で気に入ったので載せてみました。

というわけで、テックボット部隊から探索員ライトスピードでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

星空オクトーン

変形!ヘンケイ!トランスフォーマー 
トリプルトロン補給兵 デストロンオクトーン


次は何のレビューを書こうかと思っていたら漠然と思いついたのがオクトーンだったもので、今日はオクトーンを紹介したいと思います。

Dsc00246.jpg Dsc00243.jpg

商標権の問題か、いつの間にやら「デストロンオクトーン」となっていますが、オクトーンといえば「トランスフォーマー2010」においてメガトロンに造反し「第7話スタースクリームの幽霊」で一時サイバトロンにかくまってもらう話が印象的です。その中でも同じトリプルチェンジャーであるサンドストームとの交流は意思を持つ超ロボット生命体らしい話に仕上がっており、単なる悪者というだけではないオクトーンの人間らしい性格が垣間見える話となっていますね。

Dsc00242.jpg Dsc00241.jpg

さて、旧オクトーンはジェット旅客機とタンクローリー車にトランスフォームしていましたが、ヘケヘケ版オクトーンはガンシップと呼ばれるプロペラ機とタンクローリーにトランスフォームします。
ちなみにウィキで調べたところガンシップとは「アメリカ空軍がベトナム戦争中に南ベトナム解放民族戦線への対抗策の一環として、歩兵など非装甲目標への襲撃を目的として輸送機の機体を流用して開発した局地制圧用攻撃機。」のことだそうです。

ガンシップに関しては雰囲気は出ていますが、胴体の割にプロペラが小さいのが気になります。プロペラと翼の割合はそれほどおかしくは無いので、これはきっと翼と胴体のバランスが悪いんでしょうね。
ガンシップにはランディングギアは無く、胴体下部でロボット時にシールドになる部分に車輪がついており転がし走行ができるようになっています。

続いてはタンクローリーにトランスフォーム。

Dsc00238.jpg Dsc00237.jpg

タンクローリー状態に関してはハッキリ言って、タンクローリーと言われなければ何か分からない程、微妙なデザインとなっています。個人的には操縦席周りといい、スジの入ったタンクといい、モスラの幼虫に見えて仕方ないんですけど・・・。
ちなみにガンシップの時は翼に装着していたメッキ処理済の「火炎放射器」はタンクローリー時には車体後部に取り付けるようになっています。火に油を注ぐとはまさにこのことでしょうか。

また、吉田戦車にいわせれば鉄と豆腐を一緒に運ぶようなものですな(違う)

Dsc00233.jpg Dsc00234.jpg

タンクローリーといえば劇場版TFの三作目に登場するメガトロンもビークル時ではタンクローリー(例のボロ布はとってあります)ですが、比べてみるまでも無くメガトロンの完成度の高さが際立ちます。いかにヘケヘケやユナイテッドが進化した玩具といえどもやはりトリプルチェンジャーの完成形にはまだまだ年月が必要なようですね。

Dsc00240.jpg

余談ですが、火炎放射器は前方にも取り付けることができます。ジンライが好きな私としてはやはり前につけた方が良いと思いますが、この見解はマニアックでしょうか。

というわけで、最後はロボットモードです。

Dsc00249.jpg Dsc00251.jpg

説明書通りにトランスフォームさせるとこのような感じになります。
右手に持っている「ツインブレードシールド」はタンクローリー時のタンクを展開させたもので、左手に持っている火炎放射器は2つを組み合わせて持つようになっていますが、それ以前に肩を縦向きにすると腕が短かくて変なので、私としては↓のようにしたいと思います。

Dsc00254.jpg Dsc00252.jpg

そう、肩を横にすると肩が下がる分、若干腕が長くなってスタイルがよくなるんですよね。
ああ、そうそう。それと個体差かもしれませんが、首が若干胴体に埋まっているので、首を作るかちゃんと頭が出るようにして欲しかったです。

Dsc00257.jpg Dsc00256.jpg

最近話題のダークマターカリバーなどを持たせてみる。

Dsc00259.jpg Dsc00260.jpg

脚にジョイントがあるので、アームズマイクロンなどを取り付けてみるのも面白いと思いますが、イマイチこれというのが思いつかなかったので、火炎放射器を取り付けてみました。

さて、ヘケヘケ版オクトーンの性格は設定では
「欲深い残忍な性格の凶暴な戦士だ。仲間が燃料不足で動けなくて苦しんでいるのを見るのが趣味でサイバトロンを道路から追放するのが楽しみだ。」
ということで、道路から追放するとか後半ちょっと意味不明な部分がありますが、2010で見るオクトーンの性格とも違うような気がしますね。

最初の方でも触れましたが、オクトーンは他のデストロン兵士とは違い、メガトロンやスタースクリームのように自分の意思を持って行動し独自の野心を持っています。またサイバトロンであるサンドストームと友好を深めたりスタースクリームの幽霊に怯えたりと粗暴なだけでない多くの人間性を持っている部分も描写されていて「スタースクリームの幽霊」はとてもユーモアある回となっていますので、まだ観た事の無い方は是非ご覧になっていただきたいと思います。

というわけで、変形!ヘンケイ!トランスフォーマー版オクトーンでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

やってやるぜ!

DXトランスフォーマーガム 総司令官フォートレスマキシマス

Dsc00206.jpg Dsc00203.jpg

Dsc00204.jpg Dsc00202.jpg

続々とリリースされてきた新生トランスフォーマガムですが、ついにというか節目の一つとして500円×3というビッグスケールでトランスフォーマー史上最大の大きさを誇るヘッドマスター総司令官フォートレスマキシマスが発売されました。

500円×3の内訳は
コマンドベース+チャージャー
ランチャーベース+フォートレス
スカイベース+パワーグライド

の三つに分割された基地パーツを組み合わせてフォートレスマキシマスを完成させるという仕組みになっていますが、このレビューでは個々の説明は省略してフォートレスマキシマス単体でのレビューにしたいと思います。

Dsc00196.jpg Dsc00197.jpg

シティモードと呼ばれる都市形態では付属のパワーグライド等を載せて遊ぶことができます。都市というだけあって左右非対称のデザインの他に各所のパネルが開閉してミニボットなどを収納できたであろうギミックまでちゃんと再現されています。
ちなみにパワーグライドの載っているカタパルトは食玩ながらスプリングを内蔵しており射出できます。

続いては戦艦モードです。

Dsc00185.jpg Dsc00188.jpg

Dsc00191.jpg

脚を伸ばしてシティとロボットの中間のような状態が戦艦モードになります。
なんとなくザブングルのアイアンギアーっぽくもないですが、変形プロセスは全く違いますので・・・

Dsc00192.jpg Dsc00193.jpg

折り曲げようと思っても無理です。

Dsc00183.jpg Dsc00184.jpg

そして付属のチャージャー、パワーグライド、フォートレスですが、パワーグライドのみ差し替え変形というのが、今回期待していたことの一つであったため残念でした。
フォートレスはとても小さいのに完全変形と良くできていますが、手足の肉抜きの上にシールを貼るというのはちょっと納得がいきません。要するにシールの下は中空状態になるわけですから経年劣化は避けられないと思います。

Dsc00182.jpg

フォートレスの大きさを比較する為、アームズマイクロンのファイヤーボルトと並べてみます。

Dsc00212.jpg
母さんです。(ウッソ)

そしてとどめのロボットモードです。
トランスフォーム!ヘッドオン!!

Dsc00175.jpg Dsc00176.jpg

頭部だけの単独変形という特殊性か、はたまた成型色のせいか若干頭部が昔よりもダンクーガっぽくなったような気がしますが、全高は18センチとこれまでのトランスフォーマーガムとは明らかにボリュームが違います。
また差し替え無しの完全変形というのもストレス無く変形させることができます。

Dsc00168.jpg Dsc00173.jpg

付属のマスターソードを持たせた状態。良くも悪くも旧玩具をダウンサイジングしたものなので可動は悪く、ポーズというポーズはとれません。しかし設定では全長3キロの巨体ですから、あまり機敏に動くのもおかしいですね。

Dsc00178.jpg Dsc00177.jpg

やはり男は黙って全砲門開けってことで、パッケージにもある断空砲フォーメーション全弾発射モードです。
思わず「やっっってやるぜ!!」って感じですかね。

というわけで、DXトランスフォーマーガムからフォートレスマキシマスのレビューでしたが当時、メトロフレックスとダイナザウラーは持っていたんですが、フォートレスマキシマスは持っていなかったし、その後何度か再販はされていますが手に入れる機会は無かったので長年謎だった変形機構が分かって納得しました。
ただ、全部で1500円という値段設定はどうかなと思います。
関東でのトランスフォーマーガムの売れ行きは分かりませんが、私の住む地域では毎回ほとんど売れ残るという状況が続いていますので、もうすこし小さくても一つ400円くらいで抑えておいた方が今後に繋がったんじゃないかと思います。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

デプスチャージ戦艦の方。

劇場版TF リベンジ デプスチャージ

Dsc00145.jpg

潜水艦のスコープから艦影を望むとこんな感じでしょうか。

季節は夏本番。昼間青空を見上げるとそのあまりの日差しの強さから海に行きたくなってしまいますが、実際に海に行くと砂浜は照り返しで街中よりも暑かったり、海水も潮風もベタベタして想像するほど気持ちよくないんですよね。
というわけで、海に行ったつもりで涼しいクーラーの下、海に関係するデプスチャージの紹介です。

Dsc00135.jpg Dsc00137.jpg

トランスフォーマーとしては少ない海上戦力ですが、彼の名前はビーストウォーズメタルスに登場するエイ型ビースト戦士デプスチャージに由来するものだと思われます。ただ、海で活動するという以外に共通点はありません。ちなみにデプスチャージとは「爆雷」を意味するそうなのでこれは海に由来していますね。

Dsc00143.jpg Dsc00140.jpg

デプスチャージのビークル状態はイージス艦のような新鋭戦艦のように見えます。このようなリアルな造形の戦艦というのはトランスフォーマーでは珍しいので予約が始まった段階で即購入したんですが、手にとってみるとスカウトクラスなので見た目と裏腹に、実は手の平サイズの戦艦だったというガッカリ感。

設定では戦艦ではなくて「ステルスボート」というよくわからない乗り物となっていますが、スケール感からこういう風に「そんな大きくないよ」的な言い訳要素を盛り込んだのでしょうか?
ただ、デラックスクラスやボイジャークラスにすると良いのかというと、戦艦はスジ彫りは多くても外観はのっぺりとしているので意外と大味になってしまっていたかもしれません。

Dsc00138.jpg Dsc00139.jpg

ロボット時に肩に付くロケットランチャーはビークル時にも可動しますが、これがビークル時も攻撃兵器なのかエンジンのような推進力の一つなのか?ステルスボートそのものがよく分からないので曖昧です。


モヤモヤっとしたままロボットモードにトランスフォーム!

Dsc00149.jpg Dsc00155.jpg

配色と肩のアーマー形状からハイゴックを連想させますが、顔はオートボットらしくない非常に凶暴な顔つきで頭は河童のようでもあります。

Dsc00151.jpg Dsc00153.jpg

上半身の可動はなかなか良好で、親指が開くことから手に表情をつけやすい構造になっていますが、ほぼ船のままの下半身はクセがあり可動部は多いんだけど、思ったように動かない。そんな印象です。
しかし、いわゆる水中ロボットらしいポーズをつけるのには何の問題も無いかと思われます。

Dsc00156.jpg Dsc00157.jpg

そしてデプスチャージにはバトルモードが隠されています。
ほぼ船だった脚をまんま船に戻すとバトルモードです。

Dsc00146.jpg Dsc00147.jpg

これ必要だったのかなぁ?っていうかもともと微妙だったスケール感が完全に崩壊してますよね。脚だけで戦艦並みの大きさということはオプティマスプライムよりも遙かに大きいということになります。まぁトランスフォーマーにスケール感を持ち込むのがナンセンスなのかもしれませんが。

Dsc00148.jpg

バトルモードで海上をシャーって滑ってたら真ん中に岩があって「う、うわー!!」みたいな状況。。。

というわけで今回は劇場版TFリベンジからデプスチャージでした。

余談ですが「デプスチャージ」という名前のビールをベースにしたカクテルがあるそうで、今夜飲みに行ったついでにバーで写真を撮ってこようと思ったんですが、あまり有名ではないカクテルみたいで作れないと断られました。
一応マスターはネットでデプスチャージを検索してくれたみたいでしたが
「トランスフォーマーのデプスチャージしか出てきませんね~。」(まぁそれなんだけどね)
って言われまして「それってエイの方ですか?戦艦の方ですか?」とは流石に聞く気にはなれませんでしたよ。
とはいえデプスチャージというカクテルは実際に存在するようなので興味のある方は調べてみてください。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。