スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリフト侍

トランスフォーマーユナイテッド オートボットドリフト
トランスフォーマーカーロボット スーパーウォーズ

「ドリフト侍」という人物についてどれくらいの人が認知しているのかはわかりませんが、今日は(MPを除けば)現時点でTF玩具史上最高傑作とも言われるオートボットドリフトです。

Dsc08556.jpg Dsc08537.jpg

ドリフトは2010年末に滑り込むように発売された商品ですが、ご覧の通りヒロイックなデザインに3本の刀を装備した姿はトランスフォーマーというよりも勇者シリーズのロボットがそのままアニメから飛び出したような見事な立体物です。ただ惜しいのは歴代のTFアニメには登場しておらず、日本では設定のみの存在であるというところです。それ故、残念ながらキャラに思い入れがありません。

Dsc08542.jpg Dsc08544.jpg

箱裏の設定では・・・
ドリフトは昔、ディセプティコンの中で最も残忍な戦士の一人であったが、正義に目覚め「オートボット 侍ドリフト」として生まれ変わった。オートボットでは、侍としての屈強な精神を持ち、沈着冷静に戦うドリフトだが、以前、ディセプティコンであったために、まだドリフトを信用していないメンバーもいる。二本の脇差しと刀を使い、敵に一瞬のすきも与えずに切り捨ててしまう。
とのことですが、元々はアメリカのコミック版での設定だそうで、情報が端的なのと、やはりアニメに登場していないと思い入れに欠けるものがあります。

Dsc08539.jpg Dsc08541.jpg

さて、キャラ設定は今後の伸びを期待するとして可動についてですが、大剣は背中にマウントできるようになっていてそれだけでもカッコイイんですが、腕がよく動くので手首が背中までちゃんと届きます。これで腰が回ったら最高なんですがね~。

Dsc01125.jpg Dsc01131.jpg

また足首が可動する上、足の裏も広いので接地性が良く、各部のアーマー類もよく動くので風を感じることができ様々なポーズが楽しめます。

Dsc08554.jpg Dsc08553.jpg

私は普段は専らアマゾンかヤフオクでTFを購入しているんですが、この時はたまたまキャンペーンマイクロンの「リコイル」を手に入れたので持たせてみました。ドリフトのリメイク商品は2010の「ブラー」であり、差別化か刀の代わりにロングライフルを装備しているので銃火器とも相性が良いみたいです。


そして、ビークルモード編です・・・。

Dsc08557.jpg Dsc08562.jpg

変形は難しくなく、無理なく心地よい変形が楽しめる優秀な玩具となっています。

現実のドリフト侍は「マツダ サバンナRXー7 カブリオレ」だそうですが、こっちのドリフトのビークルモードは強いて言えば「アウディTT」を似せたようなスポーツカーで、ドアに描かれた「侍」の文字が非常に印象的なデザインです。たまにTVなんかで意味不明な漢字Tシャツを着た外国人を見ますが、きっとそういう感覚なんでしょうね。日本ではありえない感性です。
痛車の方がよっぽどマシでしょう。

ところが、過去にもこういった感性を持ったトランスフォーマーがありましたので丁度、最近手に入れたついでに紹介しておきたいと思います。

Dsc01114.jpg Dsc01115.jpg

「トランスフォーマーカーロボット」に登場するスパイチェンジャーの一人「ウォーズ」です。
ただし、このウォーズは通常版ではなく「スーパースパイチェンジャーくじ」版の「スーパーウォーズ」ですので、色が赤からシルバーに変更されていますが、トレードマークの「戦」のロゴはしっかりと主張しています。

あと、ドアにもちゃんと「WARS」って書いてあるね(笑)

スーパーウォーズの設定
強度が増した分厚い装甲を武器に、敵の銃撃を物ともせずに突進攻撃ができる。仲間達曰く、スーパー化した時の方が落ち着きが感じられるそうだ。
ということで性格が穏やかになったようですが、スーパー化してもスパイチェンジャー名物の「ビークルモードで手だけ出して射撃」は健在ですよ。

Dsc01113.jpg Dsc01107.jpg

ちなみに2台を並べると戦隊ロボ(RVロボの合体前とか)と普通車くらい大きさに差がありますが、ところでスパイチェンジャーってトミカよりもホットウィールっぽいんですよね。
「戦」もそうですが現在の日本ではあまり見かけないピックアップトラックのオックス等、アメリカ色の強いスパイチェンジャーに対して当初はあまり親しみが無かったのですが、他のカーロボット登場キャラと違い流用品であるという点からもアニメでの活躍を見たり、集めているうちに旧世代のTFらしさを感じて親しみが湧いてきます。

Dsc01121.jpg Dsc01122.jpg

Dsc01123.jpg Dsc01117.jpg

ビークル時では余剰になる武器が一つ付属するだけで、可動は腕が回るのみですがどこか味があるスパイチェンジャー。安価なせいかバリエーションも多いので、追々集めていこうと思っています。

Dsc01127.jpg

最後に「侍」と戦「士」。
スポンサーサイト

ブラザーブット

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テラートロン火炎歩兵 ブット


まだタートルズが「激亀忍者伝」と呼ばれていた頃、それより少し前から日本におけるミュータント先駆者として存在していたブットですが、その後「X-men」が上陸するまでの間、ミュータント(突然変異)とは非常に抽象的な表現で当時の私には疑問の多い存在でした。

Dsc01074.jpg  Dsc01075.jpg

というわけで、今日はミュータントからロボットへトランスフォームする。デストロンテラートロンの火炎歩兵ブットです。

<基本データ>
役割 火炎歩兵
変化 ミュータント
能力 爪によってどんな壁も登ることができる。火炎を噴出す。他のテラートロンと合体してオボミナスになる。
性格 無口で野獣的であるが忠実である。
武器 汚泥銃

Dsc01076.jpg  Dsc01078.jpg
汚泥銃を背中にマウントしたアタックモンスターモード

ブットはテラートロンの中でもモチーフがよく分からない存在として割りとレビューされてきましたが、あまり動きのある写真というのは見たことが無いので、今回はアグレッシヴな感じで撮ってみました。

Dsc01079.jpg Dsc01080.jpg
レディー・・・                  ゴー!!
Dsc01082.jpg Dsc01083.jpg
                  ひゃっほーーーーーー!!!
Dsc01085.jpg Dsc01086.jpg
                                    うぐぐぐぅ・・・・
配色などは違いますが、後ろ足よりも前足の方がだいぶ長いので猿のような動きが結構似合うブットでした。
それにしてもいったい何の変異体なのか・・・?

あと、この長い腕(前足)と無機質な表情からなんとなく宮崎駿の作品に出てくるロボットのイメージが湧いてきたのでちょっと試しにやってみたのがこれです・・・。

Dsc01087_20120623181637.jpg Dsc01089_20120623181635.jpg

未来少年コ〇ン(アニメは見たこと無い)のキャラを印刷してアンコール版のラチェットみたく貼り付けてみたんですけど、これマジはまってて笑えます。右の写真は宮崎ロボっぽい動きで撮影してみました。

さてさて、ミュータントで結構引っ張ってしまいましたが、続いてはロボットモードです。

Dsc01070.jpg Dsc01069.jpg Dsc01071.jpg

後ろから見るとわかりますが、変形はスクランブル合体兵士によくありがちな足が伸びるもので、長い腕はそのまま後ろに畳まれています。このためロボットモードでは汚泥銃を背中にマウントできずパーツが一つ余剰になってしまうのが残念なところです。

Dsc01072.jpg   Dsc01073.jpg

腕を前方に展開してGキャノンの連装キャノンをイメージしてみたり、モーターヘッドの可動式ベイルをイメージしてみたり。シンプルデザインな中にも見方によっては遊び心の広がる作りになっています。

というわけで、G1からキワモノ揃いのテラートロン、その中でも特に何なのかよくわからないブットを紹介しました。
ちなみに合体については全く触れませんでしたが、現在はブットしか所有していませんのでいつの日かオボミナスをレビューできたらと思います。

最大的了解

ビーストウォーズⅡ超生命体トランスフォーマー マックスビー

昔、ジャンプに「サイボーグじいちゃんG」という漫画があったので、「ドッグ」じゃなくて「イヌ」ってのはそれほど違和感はなかったのですが、それでもやはり「サイボーグイヌからロボットへトランスフォーム」という売り文句はどうかと思うんです。

ちなみにサイボーグじいちゃんは絵も綺麗で普通に面白いマンガだったりしますので、古本屋などで見つけたか方は一読してみてください。

というわけで今夜はビーストウォーズⅡからマックスビーをご紹介したいと思います。
まずはサイボーグイヌ型爆撃機(?)形態から・・・

Dsc01060.jpg Dsc01059.jpg Dsc01065.jpg

「爆撃機」って言葉が本当に要るのかどうかわかりませんが、マックスビーは本来ステルス爆撃機型トランスフォーマーである「BB」がギガストームの策略によってアンゴルモアエネルギーの中に落とされ転生、パワーアップした姿ですから、イヌ型爆撃機というのはその名残であり、劇中ではイヌの姿で空を飛んでいるわけですが、普通のイヌが空を飛ぶのはおかしいのでサイボーグ化されているというのは説得力こそありませんが、必要性はあると思います。

さて、左向きにするとサイボーグ化された部分が多く、右向きにすると生身のイヌの部分を多く残した左右非対称なデザインが特徴的なマックスビー。特に後ろ足に関してですが、太ももとふくらはぎの部分が片違いになっているという点は手が込んでいて、これはロボットモードにしても、そのチグハグさが目立ちサイボーグ感を引き立たせる要素になっていると思います。

Dsc01063_20120618203021.jpg Dsc01062_20120618203020.jpg

マックスビーと言えば、尻尾の鉄球と背中に背負った万能武器「バックスラップ」ですが、左の写真はアンカー状ミサイルを装備した状態、右の写真は大鋏を展開した状態になります。武器の多さが魅力のマックスビーですが、ビースト形態でも展開できるのは良いですね。

Dsc01061.jpg Dsc01058.jpg Dsc01057.jpg

それはさておき、サイボーグわんちゃん(?)の顔を見たとき何かに似ているなと思ったんですが、ひょっとすると初代のメカゴジラですかね~?なんか違うような気がするんですが、とにかく体同様に左右で生と機械に分かれている顔を半分に割ると・・・

Dsc01040.jpg

もっと怖い顔が出てきました。

で、この顔で思い出したんですが多分「新スタートレック」からインスパイアされたものだと大胆予想。

raforge.jpg   boge.jpg
ラフォージ少佐とボーグになったピカード艦長

閑話休題。
手持ち武器の多いマックスビーはロボットモードの時こそ遊び甲斐があります。

Dsc01052.jpg Dsc01045.jpg Dsc01049.jpg

Dsc01035.jpg  Dsc01037.jpg  Dsc01055.jpg
  

(下段)バックスラップを背中に装備したまま大鋏を展開させると、十二神将(仏像)みたいで非常にカッコイイですね。またバックスラップを盾に見立てて180㎜キャノンを構える陸戦型ガンダムみたいなポーズをとらせるのも気に入ってます。

Dsc01043.jpg  Dsc01042.jpg  Dsc01044.jpg

余談ですが、アンカー状のミサイルは2発付属していて余剰にならないよう体に装備できるようになっているところまでは良いんですが、装備しないと思いっきり体に穴が開いていて向こう側が見えます。また、装備すると体の穴を貫通して表面に出てくるのでなんだか痛そうにも。

Dsc01038.jpg  Dsc0054.jpg

ノーマル状態のマックスビーと武器一式。
というわけでプレイバリューが高くいろいろと突っ込みどころも多いマックスビーのレビューでしたが、今回はこの辺で。
では、最後に自然の緑でも見て心を癒されながら締めくくりたいと思います。

Dsc01067.jpg

この台紙はこの木なんの木

ジョーズ2012

トランスフォーマープライム クリフジャンパー(EZコレクション)
トランスフォーマープライム ラチェット(EZコレクション)
トランスフォーマーダークサイドムーン ロードバスター(サイバーバース)


Dsc01002.jpg Dsc01029.jpg

もうすぐプール開きのシーズンですが、↑これを見て昔「ジョーズ」という映画が流行ったときに頭の上で合掌し、プールから手だけ出して「ジョーズ!!」といって遊んでいたのを思い出しました。

とうわけでトランスフォーマープライムからクリフジャンパーとラチェットのレビューです。

Dsc01022.jpg Dsc01016.jpg Dsc01019.jpg Dsc01020.jpg

まずはクリフジャンパーですが、わずか500円たらずの商品ながらとてもよくできています。プロポーションも良好で可動も問題無く、なによりEZコレクションサイズでありながらなかなか凝った変形をするという点が、手で弄ぶ楽しさを持っています。また付属の武器であるブレードですが、後述のラチェットと同系の物なので2本持たせて二刀流にしても可動の良さからポージングを楽しめます。第一話の冒頭で絶命するということを除けばとてもプレイバリューの高い商品だと思います(合掌)

Dsc01013.jpg Dsc01014.jpg Dsc01015.jpg

続いてラチェットですが、武器はクリフジャンパーと同じブレードですがEZコレクションサイズにありがちな造形である為に可動も足首が可動する為、僅かに接地性が向上しているという点以外は作中のイメージをなんとか留めている程度と言って良いと思います。

とまあ、ロボットモードはこんなものですが、特筆すべきはやはりビークルモードだと思います。

Dsc01032.jpg

このように普通に並べて置くと単なるミニカーですが、やはりこの玩具の醍醐味はビークルでブレードを装備できる点にあると思います。

Dsc00981.jpg Dsc00986.jpg Dsc00985.jpg

銃器では無く白兵戦用の武器を装備したということは、それはもはや肉弾戦以外に攻撃方法が無い(自動車なのに!)という点が、艦隊戦におけるラム戦法を彷彿とさせ、某Vガンダムでビームシールドを前方に収束させて特攻したリーンホースJrさえも思い出させます。
けして武器の余剰を無くしたかっただけなんて思わずに、こういう世紀末的デザインが素敵だと私は感動しているのですよ。

Dsc00996.jpg Dsc01005.jpg

ちなみにビークルモードでの武器取り付け穴は両側面にも付いていますので、世にも珍しい車同士の切り合い、または敵を囲んでのコンビネーション攻撃等再現できます。
冒頭の「ジョーズ戦法」(勝手に命名)ですが、あれはやはり航空戦力の乏しいオートボットが頭上から襲ってくるディセプティコンに対抗する手段でしょうか(?)

Dsc01034.jpg Dsc00997.jpg

それより「左右に装備してフライトモードで空中戦だ!」なんてのはおいといて・・・


余談ですが、似たようなものでダークサイドムーンのサイバーバースで発売された「ロードバスター」にもビークル状態でチェーンソーという白兵戦武器が装備されていて、これがまた私的にはツボになっています。

Dsc01026.jpg Dsc00995.jpg

説明書によると本来はチェーンソーは収納した状態にするのが正しいようで・・・

Dsc00988.jpg Dsc01010.jpg

ひっくり返すと収納が良過ぎて「棺桶にチェーンソーと共に埋葬された殺人鬼」みたいになっているので笑えます。でも、ナスカーの車両を改造して「マッドマックス2」を彷彿とさせるような武装車にしたてたのはこの小さなサイズでもよく表現できていてカッコイイと思います。

Dsc01023.jpg Dsc01024.jpg Dsc01025.jpg

チェーンソーが手持ち武器となるという点以外は至って普通レベルのサイバーバース商品ですが、ロードバスターの雰囲気はきちんと踏襲されています。

そんなこんなで今日のレビューはこの辺で終わります。

日本人初の総司令官

カバヤ トランスフォーマーガム第3弾 スーパージンライ

縁もゆかりも無く偶然ここに辿り着いた皆さんこんにちは。
ここでは私、ドクターがつたない知識ながら自分なりのTFレビューを始めようと思い立ったわけですが、まだ一発目なので「こういう形で進めていく」というような雛形は全くありません。とりあえずはただ思いついた感覚でやっていきたいと思っていますので、暇のある方はご清聴よろしくお願いします。

というわけで一発目はTF史上、日本人初の総司令官(笑)となり、そして私がロディマスと並んで最も愛しているスーパージンライのレビューです。
といっても私は小学生当時は所有していましたが、現在は復刻版、及び黒いのやら赤いのやらは所有しておりませんので2011年の3月頃にカバヤから発売された「トランスフォーマーガムのスーパージンライ」となります。

ジンライ1  ジンライ2
(シール部分以外は全て塗装、スミ入れしています。)

ビークルモードは他人の空似とでも言いますかG1コンボイにそっくりなトレーラートラックなんですが、側面に2連のランチャー(パーチカル・ビームキャノン)と上面に超伝導ライフル2丁が装備された武装トレーラーとなっているところが超神マスターフォース放送当時から気に入っているところです。
ただ、あまり指摘する人はいませんがトレーラーキャブの後輪がコンボイのように2対ではなく1対なのがバランスが悪く、現実に1対のトラックというのは見たことが無いので、これが小さなコストダウンなのかデザインなのか何なのか理由を聞きたいところです。
ちなみに側面の2連ランチャーはやや斜めに取り付けていますが、それは私の好みで斜めにしています。

さて、ジンライというキャラクターについてですが、番組の流れがやっと整い始めた頃(10話)に現れ「たまたまコンボイに似ていたから総司令官になった。」みたいな雰囲気は確かにありましたが、当時小学生だった私はロディマスのような頼り甲斐の無い(そこが良さでもあるが)総司令官や唐突にやってきた異常にでかい総司令官に比べると「単純にコンボイっぽい総司令官の登場」に胸を躍らせたものでした。(マンガ版のメタルホークもそう思ったらしい)
そして「日本人(地球人)でも総司令官になれる!」と思ったのは私だけでしょうか、超神マスターフォースでは人と機械(TF)の交流というのも大きなテーマであると考えますが、ヘッドマスターJrを筆頭に人間(子供でも)トランスフォーマーと共闘できると思わせたのは、視聴者をストーリーに惹きつける上で重要な要素となったと思います。

Dsc09253.jpg  Dsc09250.jpg

さて、ロボットモードはノーマルのジンライはオミットされ、ダイレクトにスーパージンライへとトランスフォームする形になっています。当時物のスーパージンライと比べると頭のサイズがだいぶ小さくなってプロポーションが良くなっていますが、当時物はそもそもジンライの頭があってその上(被せてはいない)に大きなスーパージンライの頭を取り付けていたわけですから、小さくなったというよりはあるべき変形スタイルに落ち着いたとでもいうべきでしょうか。
可動は脇が開くので割りと自由に腕を動かすことができるのと、股が必要以上に開くといったところでしょうか。
うっかり股割りしすぎると基地になってしまうので注意が必要ですね(笑)

Dsc09249.jpg  ジンライ3

そしてオマケですが、他所で拝見したものを真似て極小コンボイを使い、トレーラー部との合体前の状態を再現してみました。
ちなみにこのスーパージンライは当時物同様、別売りの「TF史上初の積み木」として有名なゴッドボンバーと合体してゴッドジンライにすることができるのですが、当方未だにゴッドボンバーに手をつけていませんので(愛が無いので)、そのうち開封、塗装したのちレビューしてみたいと思っています。

余談ですが放送当時、私にはスーパージンライを、弟にはゴッドボンバーを買ってくれるよう親に頼んだことに今でも罪悪感を感じております。
というわけで記念すべき第一回のレビューはスーパージンライでした。近い将来良い状態の本物のスーパージンライを手に入れたいと思います。
検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。