スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh!半透明人間

劇場版TF ダークサイド・ムーン ヒューマンアライアンス
ドラッグストリップ&マスターディザスター


Dsc03488.jpg Dsc03487.jpg

Dsc03486.jpg Dsc03490.jpg

というわけで、久しぶりの通常進行ですが、今回も棚掴ネタでHAドラッグストリップ&マスターディザスターを紹介したいと思います。

ドラッグストリップはご存知の通り、G1スタントロンの兵士ドラッグストライプ(ドラッグストリップ)のリメイク商品となっており、モチーフもF-1の6輪ティレルから現行のF-1マシンに近いフォーミュラマシンがモチーフとなっています。パッケージ写真ではもっとボディに光沢がある感じなんですが、実際は成型色のままなのでフォーミュラマシンとしては残念な光沢となっています。塗装にしてくれれば光沢がでてよりフォーミュラマシンっぽくなっていたのですが、デザインはわりと良いので残念です。

Dsc03481.jpg Dsc03479.jpg

Dsc03484.jpg Dsc03480.jpg

ヒューマンアライアンスなのでパートナーのマスターディザスターをコクピットに乗せることができますが、車が小さいのか人が大きいのか、彼を乗せると少しバランスが悪くなります。
でも、トランスフォーマーとはいえ無人のフォーミュラマシンが走っているのはやっぱり見た目に不自然ですから、フュギュアが付属しているというのは嬉しいですね。

Dsc03497.jpg Dsc03500.jpg

そして彼こそ謎の人物「マスターディザスター」。優秀なドライバーということですが、人間なのに何故かクリアブラックで成型されています。
ヨケトロン先生のような存在なのかなあ。実はプリテンダーとか。

Dsc03503.jpg

あと、わかりにくいんですが、背中にはディセプティコンのエンプレムが印刷されています。

Dsc03511.jpg Dsc03512.jpg

偶然なのか必然なのか、オプティマスプライムのメックテックトレーラーにぴったりサイズなのでサーキットにマシンを運搬するトランスポーター遊びができます。

Dsc03477.jpg Dsc03476.jpg

フロントウイングにはCジョイントがあり、ロボット時に武器となるブレードを取り付けることが出来ます。
Cジョイントは各種共通なので、他の商品の武器を取り付けることもできますが、フォーミュラマシンに合う武器というのはなかなか難しいかな。

というわけでそろそろトランスフォーム!!

AnimationDS_20130817093358854.gif

変形は簡単ですが、肩の付け根あたりの保持がゆるいのでカッチリ止まりません。

Dsc03527.jpg Dsc03528.jpg

Dsc03529.jpg Dsc03530.jpg

ロボット状態は上半身にウイングやスタビライザーが集中する特殊なデザインでシルエットがZガンダムのハンマハンマやハンブラビを連想させます。

Dsc03531_20130817093832265.jpg Dsc03534.jpg

Dsc03535.jpg Dsc03537.jpg

可動に関しては腕の関節が特殊なのとガワが干渉して動かしにくいのが難点ですが、下半身は構造が単純ということもあり良く動き、接地性もとても良いと思います。
浮かせてポージングすると予想以上に見栄えが良いんですよね。尖がった頭とブレードのせいかニンジャっぽく見えませんか?

Dsc03539.jpg Dsc03543.jpg

武器のブレードはCジョイントで背中にも取り付けることができるのでウイングに見立てることも出来ます。
う~ん何かに似ているんだけど、何に似てるのか思い出せない。

Dsc03508.jpg Dsc03504.jpg

そして第三形態であるウエポンモードですが、巨大な盾になります。
ちなみに左の写真が表になるのでちょっと武器として扱いにくいというか。

Dsc03507.jpg Dsc03506.jpg

敵同士ですが、オプティマスに持たせてみました。裏も表もどちらにしても使いにくいという。まぁあくまでもオマケのモードですね。

というわけで劇場版TF3からヒューマンアライアンス、ドラッグストリップ&マスターディザスターの紹介でした。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

エイリアンタンクローリー

劇場版TF ダークサイド・ムーン メガトロン

先日、家の近くのイオンの玩具売り場でGO!の商品が並んでいるのを見たんですが、ジェネレーションズ関連の商品が未だに売れてなくて凄く陳列の邪魔になっていました。ブルーティカス関係のなんか一つ1000円くらいだったら買っても良いとは思うんですが、まだバルディカスの方が愛着が湧くってくらい姿が変わってしまってますからね。そうそう、ユナイテッドEXなんか当たり前のように売れ残っていますし、劇場版関連でさえまだ陳列してあります。
東京や大都市におけるトランスフォーマーの売れ行きは知る由もありませんが、とにかく私の住むような町(それでも政令指定都市ですが)ではプライムみたいにアニメで放送していない商品って全く売れないんですよね。なのにあんなにふんだんに入荷するって店舗側もどういう考えなのかと首をかしげます。
私に一言聞いてくれれば売れそうにない商品を無駄に入荷せずに済むんですけどね。ま、なかなかそうはいきませんが(笑)

で、まぁGO!は販売が開始しましたが、私のもとにはまだ一つもやってきてはいませんので今回は棚から一掴み、略してタナツカネタでいきたいと思います。

Dsc02838.jpg Dsc02839.jpg

飛行機だ!戦車だ!と来て、3作目である最後でタンクローリーになってしまったメガトロンです。
ちなみに前の二つには「エイリアン〇〇」という呼び方でしたが、流石にエイリアンタンクローリーなんてものは無い(断言はできませんが)と思われますので、地球のタンクローリー車となっています。

Dsc02840.jpg Dsc02841.jpg

とは言うものの、このタンクローリーに明確なモチーフがあるのかどうかは私には分かりません。ただトレーラータイプのトラックにしてはタンク側のサイズが小さいかなとは思いましたが、少しマッドマックス2やバイオハザード3的な趣味が入っていて雰囲気はとても好きです。特に後部に幌を被せるというアイディアは脱帽ものですね。
しかし、よくも歴代オプティマスの伝統であるトレーラーというモチーフをよく選択したものです。私はTFシリーズを通してメガトロンというキャラクターが好きではないのですが、ネットのどこかに貼ってあったまだ試作段階のタンクローリーメガトロンを見た時は「絶対に欲しい!!」と思ったもんですよ。

ちなみに幌はただ載せているだけで固定はされていませんので簡単に取り外すことができます。

Dsc02844.jpg Dsc02845.jpg

これまたタナツカ的に近くにあったスーパーリンクのロディマスコンボイと並べてみました。スケール感が違いますが、モチーフはよく似ていますね。そしていつものジダRと大きさの比較です。
比べるとわかるようにメガトロンはハッキリ言って小さいんですが、作り込みは本当に細かくてNゲージやミリタリーモデルのような精巧なできは見てて飽きません。

Dsc02846.jpg Dsc02847.jpg

また、どういう仕組みなのかわかりませんが牽引部分が可動するので「く」の字に折ることができます。
これが出来なければトレーラーとは言えないので、とても大事なことですが、それをちゃんとできるようにしている点はとても評価できます。

Dsc02848.jpg Dsc02849.jpg

タンクの前半部分はメックテックウェポンとして取り外してトレーラー前部に取り付けることができ、より一層の世紀末気分を味わうことができます。
ちなみに取り付け穴はMPランボルのようにスプリングで穴の蓋が跳ね上がる仕組みになっていまして、何も取り付けない場合は穴が目立たないようになっています。

Dsc02850.jpg Dsc02851.jpg

メガトロンのメックテックウェポンは展開して、そのまま展開した状態を固定することが出来るという点も優秀だと言えます。
余談ですが幌は取り外したタンクの前部に被せても良いんですよね。ただこれをやっている写真は見たことがありません。


とまあ、いつもより多く話してしまいましたが、そろそろトランスフォーム!!

AnimationMdsm2.gif
私が買うメガトロンは決まって変形時に上半身が回転します。

劇場版TFは変形プロセスが多いので撮影枚数も多くなっていますが、その分容量を抑えないといけないので画像が小さくなっています。

変形に関しては下半身は小気味良く変形させられるんですが、上半身、特にバンパー周りのクリックが堅くて初回変形時に私はバンパーの接着部分を壊した、というか外してしまいました。でも、そうしないと変形できなかったのでまぁ仕方ないかという感じです。

Dsc02874.jpg Dsc02875.jpg

Dsc02876.jpg Dsc02877.jpg

メガトロンらしい点と言えばメックテックウェポンであるメガフュージョンキャノンを右手に装備していることくらいで、前2作のメガトロンとは全く見た目が違い、細身で手足が長く顔も崩れていて不気味ではありますが、スタイルは良くなっています。

Dsc02879.jpg Dsc02880.jpg

そして、この商品のウリでもある幌はロボット時にも体を覆うことができます。リベンジで破れ、痛々しく顔が崩れてしまったのを隠すように幌を被っています。このとき、幌は固定できますが軟質材であるため私のは手で持っていないとあまり良い位置に固定できませんでした。なので写真では穴から顔が良く見えていません。

Dsc02902.jpg Dsc02901.jpg

可動に関してはよく動くと思います。脚がすこし長すぎるので動きとしては間延びした印象もありますが、まぁ外国人体型と思いましょう。あと手首は内側に動くのですがボールジョイントでは無い点と、手の平を開いたままで閉じることができないのが少し残念ですね。

Dsc02885.jpg Dsc02886.jpg

トレーラー時の天井部分が背中にくるので武器を背中に取り付けることができます。こうするとオンスロートみたいですね。タンクローリーをミサイルトレーラーにリデコしてオンスロートとして発売できそうですけど、絶対にしませんよね。

Dsc02895.jpg Dsc02892.jpg

また、後発レビューの強味としてアームズマイクロンを絡めてみました。手首を折り畳んでいるところがミソです。

Dsc02900.jpg Dsc02899.jpg

Dsc02897.jpg Dsc02889.jpg

メガトロンといえば巨砲主義なので、あえてオプティマスのエナジーブレードを装備してみましたが、これも合いますね。
本当は劇中で使用したショットガンのイメージが強かったのでショットガンを持った写真も撮りたかったんですが、ミニチュアのショットガンというのがなかなか無くてカプセルトイや中古販売の店を回ってみたものの手に入れることができませんでした。
今後、手に入れることができたら再度アップしようかと思います。
確かイングラムの武器ってショットガンありましたよね・・・。

というわけで、ダークサイド・ムーンからメガトロンでした。
映画ではほどんど目立たず、やっと出てきたかと思ったらオプティマスに秒殺されるという非常にあっけない最後を遂げてしまいましたが、玩具はメガトロンと名の付くものの中では私は一番良いと思います。

発売当時どこかのレビューで「この商品は将来、価値のあるものになる。」というコメントを見ましたが、金銭的な価値はともかくとして、私もこのメガトロンの特殊性はトランスフォーマー史において語り草になる項目の一つであると思いますので、これからも大事に保存したいと思います。それではまた。


毎週日曜日の午後2時に東京FM系列で放送されている「山下達郎のサンデーソングブック」の常連コーナー「レコード棚から一掴み」のことを本人がこう呼んでいる。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

フリックフラック

劇場版TF ダークサイド・ムーン フラック

先週、出張から帰ってきて嫁と子供と初めて家族三人で過ごしているんですが、赤ちゃんがいる生活って本当に大変なんですね。まともに寝起きしているとブログを更新する時間など一切無いので、一人早起きして更新しています。

というわけで、上の話とは全く関係ありませんが今回は劇場版トランスフォーマー第三弾ダークサイドムーンよりフラックの紹介です。

Dsc01647.jpg Dsc01649.jpg

Dsc01653.jpg Dsc01654.jpg

フラックはレギオンクラスの小型商品となっていますが、いわゆるレジェンドクラスやEZコレクションと同じくらいの大きさと考えて良いと思います。比較の為にアームズマイクロンのダイを隣に置いてみましたが、全長だとダイの方が大きいんですね。こんな小サイズながらフラックは砲身を動かすこともできて装甲車としても良いプロポーションをしています。

Dsc01656.jpg Dsc01655.jpg

そう、フラックのビークルモードは装甲車ですが、装甲車は戦車ほどメジャーではありませんので正確にはどの機種をモチーフにしたのかは私にはわかりません。ただ、装甲車のことを調べると、フラックのようにタイヤ走行をするものは装輪装甲車と言い、キャタピラ走行するものは装軌装甲車と言って区別するそうです。更にフラックのような感じ(曖昧)だと軽装甲車とか言ったりもするそうですが・・・

Dsc08439.jpg Dsc08440.jpg

では同じ装甲車モチーフであるブリーチャーだったら軽装甲車じゃなくて装甲車なのかと聞かれるとよくわかりません。
また、装軌装甲車と戦車はどう違うのか?とか新しい疑問も湧いてきますが、とにかく軍用車両は奥が深いという話です。

そんな疑問を投げかけつつトランスフォーム!!!

AnimationF.gif

レギオンクラスである為、フラックの変形パターンは至極簡単なものですが、それでも砲身が変芯して肩に構えるようになるのは良く出来ていますよね。肩のキャノンは男のロマン。その点は良く分かっていると思います。

Dsc01673.jpg Dsc01674.jpg

後ろから見るとまんま装甲車なのでちょっと辛いものがありますが、リカラーでスウィンドルって言って再販しても私は通用すると思います。
リカラーといえばフラックはそもそもマイクロトランスフォーマー、バトルパトロールチームパワーボムの海外名がフラックだそうで、そこから名前を流用したそうですが、ミサイルランチャーから装甲車とビークルモードは変わったものの小さいという点では共通しています。
ちなみに私はパワーボムの中国製パチを所有していたはずだったのですが、いつの間にか紛失していたようで今回写真が載せられずとても残念です。

Dsc01679.jpg Dsc01678.jpg

同梱のメックテックカードに書いてあるフラックの設定はと言いますと
オートボットの突撃戦闘員。その屈強なボディに見合わず、戦術家でもある彼は、常に自分なりの戦術を組み立てて戦場に立つ。
だそうです。当初、メックテックカードの存在を忘れていてパッケージ裏の英文を訳していたのですが、どうも後半の文章が訳し辛かったんですよ。こういう意味だったんですね。
ちなみにバトルパトロールチームの役職も「突撃戦士」となっています。

Dsc01680.jpg Dsc01682.jpg

もう一つ遊びとしてフラックはドルバック風というかガンヘッド風ロボットにもできます。

砲身を頭にするというのはわりと浮かびやすい発想だと思うんですけど、実際のところ目に見える砲身には穴が開いているだけだし、センサー類が密集する頭部に衝撃の大きな銃器を装備するというのは現実的にありえるんでしょうかね。

小さい体に様々な疑問を抱きつつ、劇場版TFダークサイド・ムーンよりフラックの紹介でした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

空飛ぶ山猫は眠らない

劇場版TF ダークサイド・ムーン ディセプティコン・ハチェット

今回はダークサイドムーンからサイバーバースのコマンダークラス商品として発売されたディセプティコン・ハチェットの紹介です。
パワーグライドもそうですが、ハチェットも傑作と言われている商品の一つで発売後すぐにプレミアが付き、割と新しい商品でありながらなかなか手に入れるのが難しい商品となっています。

Dsc00859.jpg Dsc00860.jpg

Dsc00857.jpg Dsc00858.jpg

さて、ハチェットのビークルモードはデルタ翼と呼ばれる三角形の翼をもった戦闘機ですが、全体的に丸みを帯びており黒を基調としたボディはフランス空軍の「ラファール」という機体によく似ていると思います。
ただしラファールは垂直尾翼が1枚なので、もしかすると計画途中で無くなった日本の国産主力戦闘機「F-SX」という機体も捨てがたいと個人的には考えているのですが、どうでしょうかね?
ちなみに「ハチェット」というのは「手斧」という意味だそうですが、デルタ翼を上から見たら手斧に見えるからか、もしくは彼の凶暴な性格を表したものなのでしょうか。

Dsc00861.jpg Dsc00862.jpg

Dsc00874.jpg Dsc00876.jpg

ハチェットは戦闘機としての見た目の完成度もさることながらちゃんと3つのランディングギアが装備されている上、機首の下のランディングギアは展開ができるという、サイバーバースという小サイズでありながらしっかりと作りこまれています。さらに兵装として二基のミサイル(ペンギン対艦ミサイル似)も装備できて充実の内容となっています。

Dsc00877.jpg Dsc00878.jpg

Dsc00873_20121013173209.jpg Dsc00879.jpg

またミサイルは機首を反転させると左右でマシンガンとブラスターに展開させることができ、小技が利いています。

Dsc00870.jpg Dsc00871.jpg

邪道かもしれませんが、変形後に前足になる部分を腕の関節から取り外すと更に航空機モデルとしての完成度の高さが伺えます。

さて、今回は戦闘機好きの私の特にお気に入りということもあって写真が多めですが、そろそろロボットモードにトランスフォーム!!!

Dsc00855.jpg Dsc00856.jpg

Dsc00853.jpg Dsc00854.jpg

と、その前によくある中間形態ネタなんですが、いつものガウォークっぽいのは普通にできるので今回は捻ってスカイリンクスにしてみました。
なんというか・・・スカイリンクスの気持ち悪さがよく出ています。

Dsc00848.jpg Dsc00851.jpg

Dsc00850.jpg Dsc00844.jpg

ロボットモードはいわゆるビーストで特定のモチーフは無いと思われますが、顔の造形が細かく鬼気迫る感じはよく出ています。

Dsc00847.jpg Dsc00846.jpg

後ろ足はそれなりにしか動きませんが、尻尾を含めて他の部分は可動部分が多くポージングには申し分ありません。

話はそれますが、トランスフォーマーはロボットからメカに変形というのが大部分を占める中、昔からジャガーやコンドルなど動物からメカに変形する(人型を持たない)トランスフォーマーについては、ディ〇ニーにおけるグー〇ィーとプ〇ートのような、同等の生命体の中にある「使う側」と「使われる側」という使役関係が見えて子供心にどこか腑に落ちない部分があったのですが、ハチェットに関しても彼が会話の出来る獣なのか、ただの獣なのか気になるところです。

というわけで、傑作玩具を多く輩出したダークサイドムーンの中でも特に評判の良いハチェットのレビューでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

顔が2つたあ生意気なッ!!

劇場版TF ダークサイド・ムーン ヒューマンアライアンス
オートボットサンダーヘッド&タングステン少佐


誰が言ったか昔からドリル戦車と多脚戦車は男のロマンと言われていますが、今日はその多脚戦車であるオートボットサンダーヘッドの紹介です。

Dsc00063.jpg Dsc00061.jpg

多脚戦車といってもいろいろありますが、サンダーヘッドの場合は4本足のキャタピラ走行でありながら、その実は爪先立ちという一風変ったデザインであります。
武器は主砲の他に両脇に説明書には「ミサイル」とありますが、ミサイルというよりは速射砲といった感じでしょうか。Cジョイントで固定してあるので、割と自由に角度を調節できます。

Dsc00065.jpg Dsc00066.jpg

キャタピラを最大限利用するためベタ置きにしてみましたが、コロは付いてないので転がし走行はできません。


続いてはメックスーツモードです。

Dsc00054.jpg Dsc00055.jpg

Dsc00056.jpg Dsc00057.jpg

同時期に販売されたヒューマンアライアンス商品はロボット、ビークルのほかに他のトランスフォーマーの手持ち武器となるウェポンモードの3段変形となっているのですが、サンダーヘッドにはウェポンモードの代わりにメックスーツモードが備わっています。サンダーヘッドに関してはその点で賛否が分かれるようですが、私はわけのわからない武器になるよりはこの方が良いと思います。

Dsc00077.jpg

メックテックスーツはゴッドマスターのようなトランステクターという解釈ではなく、普通に人間がトランスフォーマーに乗って操縦するというものですが、意思のある超ロボット生命体、トランスフォーマーとしては違和感がありますよね。ただ、私としてはこのデザイン自体はとても気に入っています。
エイリアン2かな?で似たようなロボットがエイリアンクィーンと激闘してましたよね。

Dsc00058.jpg Dsc00060.jpg

そして紹介が遅れましたが、彼がタングステン少佐です。なんとも不安げな表情が特徴的な彼ですが、映画本編には登場したのでしょうか?(どうでもいいと思っているが)
右は武器を整備しているよう感じで撮りました。こういう人間との絡みはヒューマンアライアンスならではですが、一時期ゾイドに付属しているフィギュアが大きい時代がありましたよね。あれを思い出させます。

Dsc00072.jpg Dsc00076.jpg
顔がなんとも鉄仮面のようで怖いんですが・・・

3段変形なのでやっとロボットモードですが、手足はメックスーツのままなので劇的にスタイルが変わるということは無いものの差別化はちゃんとされていると思います。(おしり周りのパーツは説明書ではよくわからないので適当にまとめています。)

Dsc00068.jpg Dsc00069.jpg

ただ、3形態を通して気になるのが間接の制約が多いということで、ロボットモードに関しても肘の関節をボールジョイントにするか、回転できるようになっていると良かったんですが、そのせいで武器を真っ直ぐ構えることができません。

Dsc00101.jpg Dsc00102.jpg

余談ですが、ずっと見ていると胸が顔に見えてくるんですよ。なのでそれっぽい(要するにガンメン)写真を撮ってみたんですけど、やっぱり間接が硬くてなかなか思うような写真が撮れませんでした。

というわけで劇場版TFからヒューマンアライアンス オートボットサンダーヘッド&タングステン少佐でした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。