スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さきもの

極小変形トランスフォーマーVSX
コンボイVSメガトロン


Dsc05013.jpg Dsc05014.jpg

というわけで電撃ホビー2004年9月号付録、極小変形トランスフォーマーVSXパック後半戦はコンボイの紹介です。

Dsc05047.jpg Dsc05049.jpg

コンボイのビークルモードは・・・なんて今さら説明するのもなんですがトレーラーキャブがコンボイの世を忍ぶ仮の姿となっています。接続部にボッチがありますが、これは別のパッケージではコンテナが付属する商品もありまして、その名残となっています。
スタイルとしてはG1コンボイは手首が差し込み式となっていてロボット時にヘッドライトに取り付ける余剰パーツとなっていましたが、その点が極小版では解消されています。忠実に縮小したからといってこのサイズで手首を別パーツ化すると紛失は必至ですのでこれくらいのアレンジはむしろ歓迎すべきでしょう。

Dsc05050.jpg Dsc05052.jpg

極小トラック野郎集合!!
今、フト思いましたがスーパージンライを真似たデコトラを作ったら面白そうですね。それはもはやデコトラと言えるのかどうかは別として宝くじに当たったら作ってみましょう。年末はダメだったので次は夏か・・・。

・・・はい。これくらい小さいコンボイならガム版モーターマスターと陸の王者の座を争えそうです。
ちなみに我が家のスーパージンライは塗装したお陰で拳がちゃんと収納できなくなったのでパーチカル・ビームキャノンが斜め45度に取り付けてあります。まぁこの方がかっこいいという意見もちらほら。

それではトランスフォーム!!

Dsc05054.jpg Dsc05058.jpg
変形機構ももちろん当時のコンボイそのものです。

そう、G1コンボイって後ろから見ると背中ががら~んとしている印象があるんですが、その点も再現されているかと思います。ちなみにライフルは手に持っているのではなく腕にはめ込んで保持するようになっています。

<プロフィール>
役割:総司令官
変化:トレーラー
能力:コンボイは強力なパワーとレーザーライフルを備えた指揮官。バギーはスパイ行動を行い2000kmも行動できる。
コンバットコンテナは通信器材や大砲を持っている。
性格:最大のパワーは知慮であり、人類を、そして地球を守ることを使命としている。


バギーってのはローラーのことでしょうね。私も大人になるまで彼がローラーだってことを知りませんでしたし。

Dsc05060.jpg Dsc05056.jpg

今気付いたのですがガム版のスーパージンライは当時品よりも顔が小さかったりとスタイルが良くなっているせいもあって、並べてみるとコンボイをそのままパワーアップしたような感じに見えますね。(実際に海外ではそうなんだけど)
コンボイの肩のマフラーがパーチカル・ビームキャノンになったのかなと当時のデザイナーの意匠に思いを馳せる今日この頃。

というわけで極小変形トランスフォーマーVSX後半戦は我らが総司令官コンボイでした。
私は近年、スカウトクラスよりも小さい物を紹介するのはなるべく避けようと思っているんですが(だからといって大きいのは撮影ブースに入らない)ずっと保管していると、あまり良いタイミングではありませんでしたがレビューの出番って回ってくるものですね。

ちなみにこの対決パッケージに20周年という表示がありますので今年はTF30周年、ちょうど10年前くらい前の物になるんですか。月日が経つのは早いですね。私は幼稚園のバスが迎えに来る前に初代のトランスフォーマーを見て、それからバスに乗って通園していたのですがあれからもう30年ですよ。いやはや、私も年をとりましたし声優さん達も高齢化してきて当然ですよね。ちなみにコンボイの玄田哲章さんは現在65歳だそうですが、あと20年は現役で声優をやってもらいたいものです。シュワちゃんの声もやっぱり玄田じゃなんじゃないとね~。

それでは短いレビューでしたが、皆さんまた次の記事でお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

追悼企画 機械巨人の星

極小変形トランスフォーマーVSX
コンボイVSメガトロン


先日、1月17日に「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」及び「トランスフォーマー2010」においてメガトロン、ガルバトロンの声優を務めた加藤精三さんがお亡くなりになりました。私個人としてはメガトロンもガルバトロンも物心がついて最初に見た悪党という印象が強く、トランスフォーマーファンには珍しくメガトロンが嫌いというスタンスでこれまでやってきましたが、加藤さん自信の吹き替えはとても好きで、やはり加藤さん無しのメガトロンは考えられず、また本当に最近ではケーブルテレビの番組でナレーションを演じていらしてトランスフォーマーファンとしては親しみを感じて番組を見ることができていたのも今となっては感慨深いものとなっています。

というわけで、今回は加藤さんへの追悼の意味を込めてメガトロンもしくはガルバトロンを紹介をしたいと考えたのですが、流石にメガトロン嫌いを公言しているだけあってメガトロンもガルバトロンも持っていないんですね。やっぱりオライオンパックス&メガトロナスは買っておくべきでした!!
でも何か関係するものは無いかなと探したらありましたよ。。。

Dsc05013.jpg Dsc05014.jpg

本品はパッケージ裏にあるように電撃ホビーで2004年9月に雑誌の付録として配布されたものとなっています。

Dsc05015.jpg

4、5年前に未開封(だと思う)の中古品で手に入れたのですが、中はこんな風に入っていました。ちなみに当時から説明書って無かったんでしょうか?あとでまたお話しますがメガトロンの変形には相当苦労しましたよ。

Dsc05036.jpg Dsc05038.jpg

Dsc05040.jpg Dsc05041.jpg

メガトロンの世を忍ぶ仮の姿(ビークルとは言わない)は言わずと知れたワルサーP38です。日本ではルパン三世の愛用銃としてもよく知られていますが、G1メガトロン同様スコープも付いていて、とてもよくできています。
MPコンボイとかだったら丁度持たせるのに良いサイズなのかなと思いましたが、持って無いのでユニクロンに持たせてみました。ちーとユニクロンが大きすぎるみたいですね(苦笑)

以前から言っていますが、幼少の頃の私は乗物以外にトランスフォームするトランスフォーマーを理解できなかったので、そういう点でもメガトロンは嫌いだったんですよね。ワルサーになると明らかに大きさが変わるし、そういった宇宙の神秘も消化することのできない頭の硬い子供でした。

それではデストロン軍団トランスフォーム!!

Dsc05031.jpg Dsc05033.jpg

Dsc05064.jpg Dsc05018.jpg
後ろ姿をよくみると複雑な機構をしてることが分かるかと思います。

極小サイズながらメガトロンの雰囲気は十分に出ていて、塗装もシルバーが美しいですね。

旧作を持っていない私には大きなことは言えませんが、変形機構は当時のものとほぼ同じつくりになっているそうで、そのせいか大変難しいというか小さ過ぎて動かすのが怖い存在となっています。説明書も無かったので本当にどうやって変形するのか手探りという感じでしたね。いやしかし、トランスフォーマーの最も初期の段階でこれだけの変形機構を備えていたメガトロンは優秀な玩具だったと思います。

<プロフィール>
役割:破壊大帝
変化:ワルサーP38
能力:強力な破壊力の融合カノン砲を持っている。融合カノン砲はブラックホールをつくり出し、そこから反物質を引き出す恐ろしい破壊力を生み出す。
性格:全宇宙の征服をたくらむデストロン帝王。サイバトロン軍団の破壊と地球上の資源を手に入れることを決意している。


Dsc05025.jpg Dsc05027.jpg

スコープこと融合カノン砲は肩のポッチにも取り付けることができます。ですがすぐ落ちますので我慢を。

Dsc05042.jpg

「このワシを呼びつけることなど誰にもできんはずだぞ!!」

メガトロンで印象的なシーンというと私はムービーでユニクロンと対峙しても全く臆すること無いメガトロンを思い出します。メガトロンはコンボイとの戦闘で傷つき満身創痍の状態なのですが、それでも圧倒的なユニクロンに屈することなく結局は利用してしまうところが流石は破壊大帝。私のような凡人にはこういう切り返しは思いつかないなぁと感心したもんです。

というわけで、今回は初代メガトロンの声優、加藤精三さんの追悼企画ということで申し訳ない気持ちもあるんですが極小メガトロンのレビューでした。ちなみにウィキペディアによると加藤さんにとってもメガトロンは大切にしているキャラクターだったそうで、G1放送後もメガトロンと名の付くトランスフォーマーは自分で買い揃えていたという話です。極小版は持っていたのかな?
加藤さんのご冥福を心よりお祈りします。

それでは2個セットなので次はコンボイでお会いしましょう。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。