スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Fool

トランスフォーマー カーロボット
湿原兵 グッシャー


Dsc04655.jpg Dsc04657.jpg

というわけで、何の脈絡も無いところから今回はグッシャーの紹介です。最近のりもの、特に車が続きましたからね。たまにはビースト系をと。。。
ちなみにカーロボットからの紹介は単品(かつて抱き合わせでウォーズを紹介したことがある)ではこれが初ということで、まだまだカテゴリーですら全てのトランスフォーマーを紹介しきれていないという点でトランスフォーマーの奥深さを感じさせられます。

Dsc04658.jpg Dsc04661.jpg

本品は海外でBWトランスメタルス・スピッターとして販売されたもののリカラー品でスピッターが青を基調としているのに対しグッシャーは赤(赤紫)が基調となっています。
ビーストのモチーフはメカガエルということですがカエルはカエルでも何某かのドクガエルには間違いないでしょう。

Dsc04662.jpg Dsc04663.jpg

というのもアマガエルがモチーフのダイバーと比べるとだいぶケバケバした形状になっていますからね。
それから両者を比べると大きさも形状も良く似ているのですが、ロボット形態への変形方法が全く異なる為にグッシャーは前足が少し長くてバランスが悪いことに気が付きます。
ちなみに両者とも舌を武器にするというアイデアは共通していますね。

Dsc04659.jpg Dsc04660.jpg

ビーストモードのギミックとしては「ベロビュート」と呼ばれる一見こん棒のようなムチが取り外しできる他、背中に3本目の手であるその名も「ビックリハンド」を展開することができます。生物学的に見て腕や脚が奇数というのはなかなか珍しいですが、ビックリハンドは青いメッキ塗装されており、使い道はよくわからないもののなかなか良い雰囲気を持っています。

それではトランスフォーム!!

AnimationG_20131201205618d6f.gif

比較的変形難易度が高いと言われるカーロボットにあって、グッシャーの変形はそれほど難しくはありませんが、カエルの半身が90度回転してロボットの両肩になるのはとても面白い構造です。丁度良い変形難易度とメタルス時期特有の風変わりな変形パターンがよくマッチしていて、遊んでて楽しいおもちゃとなっています。

Dsc04686.jpg Dsc04687.jpg

Dsc04688.jpg Dsc04689.jpg

いわゆるせむし体型という日本のおもちゃとしては珍しいデザインですが、手足の長さなども相まって不気味な魅力が人を惹きつけます。

<プロフィール>
デストロンガーの実働部隊。ビーストモード時の舌はムチになり、敵の武器を器用に絡めとる。
また、マジックハンドと隠し持ち、戦艦の船底にすら穴を開けてしまう。
地球のビールが大好物で、いくら飲んでも酔わない。


グッシャーのプロフィールはこんな感じですが、アニメ劇中ではガスカンク、ギルドー、グッシャーの三人組みで毎回にぎやかし役として登場していました。しかし・・・酔わないんじゃ楽しくないだろう。

Dsc04697.jpg Dsc04705.jpg

グッシャーの右肩の裏には透明プラでカバーされたプレダコンズのエンブレムが隠されています。
劇中ではガスカンク、ギルドーと共にメーザーというレーザーを発射していました。(グッシャーはライトメーザー)。

hygog.jpg Dsc04691.jpg

いじっているうちになんだかハイゴッグに似てるような気がしてきたので、合成してみました。
なんか画像探してて分かったんですが、ハイゴッグって後年HGが出ていたんですね。私は昔のパッケージしか知らなかったので、ハイゴッグというとミサイルを発射しているこれなんですが。
0080のプラモって当時からクオリティが高かったのでHG化されているのが不思議なくらいです。

Dsc04696.jpg Dsc04695.jpg

Dsc04703.jpg Dsc04702.jpg

ビックリハンドはロボットモードでももちろん展開できる他、ベロビュートはお尻にジョイントがあるので取り付けることができます。ただ、それがかっこいいかどうかは別として。

Dsc04701.jpg Dsc04700.jpg

可動も優秀でかなり自由が利くんですけど、こうやって手を着くとカリオストロの城に出てきたヤツらのようでもあり、パトレイバーの廃棄物13号のようでもある、なんというか不気味だけど非常にスタイリッシュにデザインされているせいで単なるザコキャラではもったいない出来です。

Dsc04699.jpg Dsc04698.jpg

Dsc04706.jpg Dsc04704.jpg

というわけで今回はカーロボットからグッシャーの紹介でした。ビースト、ロボット両方の形態とも良く出来ていて、変形も楽しい良品と言えます。カーロボットには新規でデザインされたものの他にグッシャーのように他所からリカラーで使い回されたものとありますが、そのリカラー組の中でもグッシャーはアニメ劇中での活躍も含め成功した例だと思います。アニメを見ていると若干「ライトメーザー、センターメーザー、レフトメーザー」のくだりが飽きてきますけどね。

それでは皆さん今回はこのへんで、また次回お会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。