スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加速する宇宙

トランスフォーマーユニバース ダイノボットトリケラドン

もうすぐGWですが、皆さんはもう予定を立てましたか?私は子供もまだ小さいしGWが明けると、まもなく一ヶ月ほどの出張に行くことになっていますので、その前にトランスフォーマーの写真を撮り溜めできればなぁと考えているくらいですかね。

それはさておき。今回紹介するのは海外展開シリーズである「トランスフォーマーユニバース」からユニバース恐竜代表であるダイノボットトリケラドン(以下トリケラドン)を紹介したいと思います。
ちなみに私が購入したものはe-hobby限定で販売されていたものなのでパッケージの下の部分に日本語のステッカーが貼ってあったということも純海外版との違いとして報告しておきます。

Dsc02719.jpg Dsc02720.jpg

Dsc02724.jpg Dsc02725.jpg

トリケラドンというだけあってビーストモードはトリケラトプスと思われる恐竜となっていますが、全体のスタイルも良好で角のスジや皮膚の表現まで細やかに造形されています。
また、本品は日本国内ではビーストウォーズネオの「ガイルダート(デストロン)」という名前で販売されていた経緯があるのですが、所属がデストロンからサイバトロン(オートボット)に変更されている他、ガイルダートよりも落ち着いた成型色でリアルな感じ(本物のトリケラトプスを見た人は居ないので想像ですが)に彩色が施されています。

Dsc02733.jpg Dsc02734.jpg

Dsc02727.jpg Dsc02728.jpg

頭部が固定なのが残念ですが、脚は動くので多少動きのあるポーズをとることもできます。
また、全く必要ありませんが腹部はパネルが展開して中の骨が見えるようになっています。そのためなのかどうなのかはわかりませんが、腹部のパーツの噛み合いが悪く後部にかけて空洞が目立つのが残念な点です。

そう、このユニバース版ガイルダートであるトリケラドンの説明書には記載されていませんが、本来はデッドフェイクモード(死んだふり状態)というのが存在し、腹部のアバラを露出させ、真ん中の角を奥に倒すことで白目を剥いて舌を出すというギミックが盛り込まれているのです。上記の噛み合いの悪さはこのギミックからきているんですね。
余談ですが、テントウムシ等は死んだふり(擬死)をすると言いますが死を理解している動物は人間と僅かな類人猿のみなので、本当の意味で死んだふりをしている動物というのは居ないんですよ。

とまあ、既に語りつくされた死んだふりなど、知らぬふりで変身ですよ。

AnimationDT.gif

ユニバァァァァァァァァス!!!

変形の機構は下半身がほぼそのままで上半身が回転して左右非対称という、ビーストメガトロンによく似たパターンだと思います。
他のレビューを見てみると「変形が難解」という感想をよく目にしましたが機構的には適当にいじっていても行き着くタイプだと思うんですよね。ただ、ガワが干渉するので思ったようにパーツ移動がしづらく、とてもイライラさせられます。BWネオ当時の時代背景にもよると思いますが、私は難しいというよりもイライラするタイプの変形パターンだと思います。

Dsc02755.jpg Dsc02756.jpg

Dsc02758.jpg Dsc02773.jpg

単純な構造ゆえにガワが背中に集中してしまうとでも言っておきましょうか。全体的にはボリュームがあり、古くはザク(Ⅱ)に見られるような左腕はアーマー、右腕は武器といった左右非対称を生かしたデザインは動かしにくいという難点に目を瞑ればとても勇壮でカッコイイと思います。

Dsc02760.jpg Dsc02759.jpg

上半身はガワが干渉するのですこぶる動かしにくいのですが、下半身はわりと動くので膝立ちも可能です。

恐竜の尻尾は分離して銃になりますが、これが微妙にカーブして持たせにくい。また、その銃で発射可能なミサイルは2発付属しますが肩に収納できるので余剰になりません。(厳密に言うと今回のレビューではミサイルの挿し方を逆にしています。)
あと、右手にも持たせられるようにして欲しかったですね。雰囲気はあるけど恐竜の頭部そのまんまなんだもの。。。

Dsc02761.jpg Dsc02764.jpg

ところでユニバースの世界観についてですが、時代としてはマシーンズ(日本ではリターンズ)の後の話となり、機械と有機物の調和によって平和が訪れたセイバートロン星にユニクロンが復活したという物語になっています。
復活したユニクロンは様々な時間軸から戦士を召喚して洗脳し、新しいデストロン軍団を作ります。この脅威に対抗すべく創造神プライマスはビーストコンボイを復活させてユニクロンと同じく各時代から戦士を呼び集めてサイバトロン軍団を作ります。こうして様々な時間軸から集まった戦士達の戦いが始まるわけですが、その一方で太古の地球で終焉を迎えたはずのビーストウォーズもタランスとメタルスジャガーの復活により再燃といったすこし複雑なストーリーのようです。

Dsc02770.jpg Dsc02762.jpg

Dsc02769.jpg Dsc02767.jpg

ストーリーだけ聞くと、なんだか過去の英雄が一同に会すようでワクワクしますが、実際は本当に寄せ集めの軍団といった感じで、そもそもトリケラドンなんてキャラクター自体初耳ですもんね。元々のガイルダートもデストロン所属ですし。同梱のパンフレットにある程度のラインナップが記載されていましたが「誰だお前?」キャラ満載でした。

その点では似たようなストーリー背景を持つロボットマスターズは成功した例だと思います。ビーストコンボイとスターセイバーが一緒に戦うなんていうのはある種、スーパーロボット大戦のようなものですから。
だからアールブレイドとかサイコオーブは余計だってんだよ!!

Dsc02765.jpg Dsc02751.jpg

ふぅ・・・。話を元に戻しますが、それにしてもトリケラドンは干渉が多くて動かしにくいとか、そもそもキャラがよく分からないという難点もありますが、ちゃんとポージングさせるととても見栄えがよくカッコイイ商品となっています。ロボット業界にはたまに顎のしゃくれたロボットというのが登場しますが、トリケラドンもその一人で鎧のような装甲に、厳つい顔がよくマッチしていますよね。私は本家ガイルダートよりも落ち着いた着色のトリケラドンの方がお気に入りですが、それは私がBWネオを見ていないからでしょうか?

というわけで今回はトランスフォーマーユニバースからトリケラドンでした。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。