スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重すぎた使命

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
騎士 ホットロディマス(復刻版)


Dsc05147.jpg Dsc05148.jpg

2012年の6月からこのレビューを始めて今回で100回目となります。
というわけで記念すべき100回目は1回目に紹介したジンライと並んでトランスフォーマーの中では最も好きなキャラクターの一人ホットロディマスを紹介したいと思います。

Dsc05200.jpg
「ちょい待てよ!何をあわててるんだ?」

というわけで、落ち着いて、今回はホットロディマスのレビューと平行するかたちでトランスフォーマー2010屈指の名作ストーリーである第28話「重すぎた使命」も紹介していきたいと思います。
※「重すぎた使命」は2011年に発売された食玩、トランスフォーマーDVDレジェンドにも収録されています。

「重すぎた使命」の「使命」というのは平たく言うとロディマスコンボイが総司令官として宇宙の平和を守っていかなければならないという使命のことで、ご承知の通りムービーで戦死したコンボイが後継者に選んだのはウルトラマグナス、しかしマトリクスが選んだのはホットロディマスだったというのが、2010以降続くロディマスコンボイの悲壮感漂う戦いの始まりですが、紆余曲折あったのち最終話の一つ前でロディマスのうっぷんが爆発してしまうところに、2010全体の奥行きの深さやロディマス達の群像劇の面白さが集約されていると思います。

Dsc05194.jpg Dsc05197.jpg

「重すぎた使命」では舞台が日本ということで、象徴的な意味で富士山や皇居が登場しますが、冒頭でアストロトレインに攻撃を受ける新幹線はなぜかトゲトゲしています。ちなみに右の画像の「未来の消防士みたいな格好をした中国人風の男」が他でもない新幹線の運転手です。

Dsc05150.jpg Dsc05152.jpg

Dsc05156.jpg Dsc05153.jpg

さて、玩具の紹介ですがホットロディマスのビークルモードは2010の主要メンバーがそうであるようにフューチャーカーとなっていて独自のデザインによるカーモードとなっています。
ボンネットにはエンジンが剥き出しになっていて、4ミリ穴が空いており付属武器のフォトンレーザーを取り付けることができます。ちなみにフォトンレーザーは二種類あって良く見ると左右の銃は違うんですよ。
また、今回は復刻版の紹介ですがTFコレクション版ホットロディマスはターゲットマスターとなっていますので、4ミリ穴が5ミリ穴に拡張されてるほか塗装なども一部変更されています。

Dsc05155.jpg Dsc05154.jpg

後年発売されるヘケヘケ版ホットロディマスと比較していますが、初代ホットロディマスのカーモードをして童夢零(ゼロ)にアレンジしたのはすごいアイディアですね。

Dsc05160.jpg Dsc05157.jpg

本物のレースってのを教えてやる。
いやあスカッとする!昔を思い出す!


劇中ではラナバウト、ラナマックとカーチェイスを繰り広げることになっていますが、分かる人が見ると実はスタントロンのデッドエンドとワイルドライダーなんですよね。当時の脚本ミスのようです。

それではロボットモードにトランスフォーム!!

Dsc05174.jpg Dsc05175.jpg

Dsc05176.jpg Dsc05177.jpg

<プロフィール>
役割:騎士
変化:スーパーカー
能力:最高速度193km デストロンのマイクロサーキットを一時的に電磁化することができる。
性格:英雄になる事と重要な地位につく事を夢見る若いサイバトロン戦士。その若さからくる衝動的な行動は自分を不利な立場に追いやる事が多い。少々短気だが常に良心的で勇敢な戦士だ。
武器:射程距離6440mの2つのフォトンレーザー


私の記憶だとホットロディマスは2010放送初期には販売されていなかったと思うんですが、というのも日本では長らくコンボイとロディマスコンボイが交代する重要なストーリーであるムービーが放送されませんでしたから、ロディマスコンボイはホットロディマスがパワーアップした姿というのが伝わりにくかったか、知っている人が少なかったからだと思います。もしかしたら私の住んでいる地域だけだったのかもしれませんが、ホットロディマスが店頭に並んでいるのを見たのはかなり時間が経ってからという記憶があります。

Dsc05202.jpg

すったもんだのうち、デストロンにマトリクスを奪われてしまうロディマスコンボイ。ホットロディマスの姿となって目を覚ましますがマトリクス奪還を提案するウルトラマグナス達に対しロディマスが放つセリフは心に突き刺さります。

「ちょうどいい機会だからハッキリ言おう。
オレはもう銀河系の平和だとか宇宙の運命とかにかかわるのはごめんだ。
どうなろうと知ったことか、来る日も来る日もやれデストロン軍団だ、クインテッサだと息つく暇もありゃしない!
それもいつかは必ず終るっていうんならともかく、この戦いにゴールは無いんだぜ!
マトリクスを取り戻したいだと?結構じゃないか、取って来いよ。
でもそいつを付けるバカはもうオレじゃないぜ。オレはもうゴメンなんだよぉ! 」


トランスフォーマーは毎回デストロンが悪事をはたらき、サイバトロンが退治するというのがいつもの構成ですが、いくら正義とはいえ悪にとどめを刺さないという姿勢が900万年も続く戦争の原因ではないかと思うんですよね。まぁアニメだから悪を根絶してしまうと話が終わってしまうわけですが、それにしてもぞっとするくらい長い間戦っているんだというのはロディマスの発言からも伺い知ることができると思います。この終わりの無い戦いにいつまで身を投じればよいのか、自分はリーダーになりたくてなったわけでもないのに、という思わず本音がどっと溢れてしまったロディマスに本当の人間らしさを感じて、最初に見たときはドキっとしました。

それ以来、人生の節目には何かと「重すぎた使命」を見返しては共感したり、思いに耽ってみたりしています。
サラリーマンのバイブルというか、ある程度の年齢に達した男性にとっては思うところのあるストーリーだと私は思いますよ。

Dsc05186.jpg Dsc05184.jpg

ヘケヘケ版ホットロディマスと比較してみます。ヘケヘケ版はとても良いできですが、旧作と比べるとすこしカクカクしていてもう少し従来の柔らかいラインを残して欲しかったかなと思います。可動もイマイチなのはそのデザインのせいでしょうね。

Dsc05207.jpg

巨大ロボットが剣道場で師範から諭されるという異様なシチュエーションには思わず笑ってしまいますが、これで迷いが吹っ切れたロディマスはデストロンからマトリクスを奪還し、サイバトロンのリーダーとして戦っていく決意を固めるという形で物語は締めくくられます。そもそもどうして舞台が日本だったのかというと、このシーンに繋げたかったからかもしれませんね。

Dsc05183.jpg Dsc05179.jpg

ちなみにヘケヘケロディマスも拳が4ミリ穴なので武器を交換することができるんですよ。

というわけでレビュー100回記念は大好きなキャラクターであるホットロディマスの紹介でした。
今回の記事を書くにあたって、また何度か見直してみましたが何度見ても良い話で心に響くものがありました。
これからも人生や仕事で躓いたり、迷った時は「重すぎた使命」を見て癒されようと思います。

それでは、次回は「重すぎた使命」のもう一人の主役、スカージの紹介でお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

デスザらス

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テラートロン急襲兵 カットスロート


今日紹介するのはトランスフォーマー2010に登場したモンスター部隊テラートロンの急襲兵カットスロートです。
こいつは先日、ネットオークションで手に入れた物なんですが、安いだけあって箱なし説明書なし武器なしと本体のみの購入なもので設定とか変形についての細かいことなんかはわかりません。でも、当時品にしてはとても綺麗でいじっていると愛着が湧いてきたのでレビューしてみたいと思います。

Dsc00885.jpg Dsc00887.jpg

カットスロートのモチーフは「怪鳥」となっていますが、UMA(未確認生物)マニアでもある私が思うに日本には怪鳥伝説というものは無いので、おそらくは東宝映画の「ラドン」などがモチーフになっているものと考えます。
まぁもしかすると翼やところどころメカっぽい作りになっているので、ゾイド的なメカ生態の星に住む動物をスキャンした姿なのかもしれませんが、どちらにせよ地球上で翼に爪を持った鳥など居ませんからね。

Dsc00890.jpg Dsc00892.jpg

怪鳥が快調に飛んでおります。
なんというか単純な構造のおもちゃはポージングに繊細さは無いものの、何をしているのか分かりやすくダイナミックで好きです。

Dsc00899.jpg Dsc00888.jpg

あと、説明書が無いので疑問なんですが腰というか太ももの付け根に間接が一つあってクリック固定できるようになっているんですよね。写真のように腰を曲げている方がより鳥っぽいのですが、他のレビューを見てもどうも怪鳥状態では足は縮めているのが正しいようで、何のための間接なのか謎です。
もしかすると5体合体時に腕になった場合を想定した肘関節?いやしかしカットスロートにはスクランブル合体兵士として大きな問題点がありまして・・・。

Dsc00884.jpg Dsc00882.jpg

翼をたたんで、ロボット時の腕を出すとアラ不思議!3代目破壊大帝デスザラスそっくりに。

Dsc00883.jpg Dsc00902.jpg

トランスフォーマーガムのデスザラスしか持ってないんですが、大きさは丁度良いですね。

そんなこんなでロボットにトランスフォーム!!

Dsc00893.jpg Dsc00895.jpg

Dsc00896.jpg Dsc00897.jpg

変形はスクランブル合体兵士なので見たまんまですが、腕がちょっと短すぎるかな。顔がわりとカッコイイのと怪鳥の頭がロボットの胸に移動するのは、ヒーロー物の「獣⇒ロボット」変形ロボの大道でありましていわば主役級の扱いですよ。

Dsc00898_20121014103759.jpg
オボミナスの腕として合体する時の状態。
翼が開いていてもデザイン的にアリという人には問題ないが・・・

で、スクランブル合体兵士としての問題点なんですが、通常カットスロートはオボミナスの左足担当なのでほぼロボット状態から胴体のハングルーに合体すれば足になります。しかし腕として合体しようとすると合体ジョイントであるロボットの頭が翼の折りたたみと同じ方向に曲がるので、ハングルーに干渉して合体できないんです。なので翼は開いたまま合体するのですが、これがデザイン的に邪魔になっておかしいというか。
スクランブル合体兵士なのに足にしか合体できないという欠陥商品となっています。
子供の頃は気付きませんでしたが、手足が代わるとデザイン的に格好悪いということはあっても、こういう明らかな設計ミスって他の合体戦士には無かったと思うんですよね。考察していくとスクランブル戦士も奥が深いですね。


そんなこんなでテラートロンの中でも特に雑な作りといわれるカットスロートですが、でもまあ私は好きですよ。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

ミスタードリラー

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テックボット砲撃員 ノーズコン


テックボット3人目はドリルタンクにトランスフォームする砲撃員ノーズコンです。

Dsc00309_20120824202324.jpg Dsc00307.jpg

実際には存在しない乗り物であるドリルタンク(戦車)ですが、古くはサンダーバードのジェットモグラに始まりマシンロボのドリルロボやこのノーズコンを経て概ねこういう形に収まり現在に至っています。

Dsc00306.jpg Dsc00308.jpg

そんなドリル三賢人の一人ノーズコン。
「ドリルの部分で地面に穴を開け奇襲攻撃」というのがドリルタンクの本来あるべき姿なのだと思いますが、ドリルに対して車体が大きすぎる為、どう考えても地面を掘り進むことはできそうにありません。
設定では「耐弾性合金鋼のドリルでほとんど全ての材料に穴を開けることができる。」とありますので、もしかしたら直接ドリルで敵に突っ込むのかもしれません。

Dsc00317.jpg Dsc00316.jpg

車高を上下できるのがノーズコンの特徴ですが、上昇させると武器を取り付ける穴が出てくるのでそこに「ロケット推進ミサイル」を取り付けるとおなじみアタックモードになります。

Dsc00320.jpg Dsc00321.jpg

なんですが、ライトスピードの時と同様に一つしか残っていなかったので片方(黒い方)はライトスピードの「二連式赤外線スコープ付きミサイル」となっています。やはり武器もシェアする時代ですね。

Dsc00318.jpg Dsc00319.jpg

車体を斜めにしてジェットモグラ的な着地体制に。
ノーズコンは数あるドリルタンクの中でも完成されたデザインですが、こうやって車体を稼動させることができるという点でも優れています。


そしてロボットにトランスフォーム!

Dsc00325.jpg Dsc00326.jpg

変形はこれもまたスクランブル兵士にありがちな極めて単純なもので、ライトスピード同様に旧マーメイドスタイル(一体型の下半身)ですが、一応切れ目のような模様が入っているので多少慰められます。
後ろから見るとドリルがまるで白いマツボックリでも背負っているかのように見えるのもドリルを生かしきれてなく残念です。取り外して手に取り付けたりできると良いんですけどね。

ちなみに性格は「穏やかな態度で、表面的には怠慢である。どんな批判にも耐える。」そうです。
どういう風に批判されるのか疑問ですが、耐えられるそうなのでひとまず安心しました。

Dsc00324.jpg

手持ち武器である「X線レーザーピストル」を手に持たせたところ。今気付いたんですが、この武器は構造的に右手にしか持たせられませんね。

Dsc00323.jpg

ダージ・スラスト系とんがり頭にしてみました。。。が、ドリルロボ?

というわけで燃える男のドリルタンク、ノーズコンでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

旧マーメイドスタイル

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テックボット探索員 ライトスピード


Dsc00303.jpg Dsc00305.jpg

今日はトランスフォーマー2010よりテックボット探索員ライトスピードの紹介です。

元ネタの無い未来系デザインの乗り物によって構成されているテックボット部隊の中でも「スーパーカー」と割に普通っぽいデザインから印象の薄い存在のライトスピード。これがまだ真っ赤に塗装されていればスーパーカーとしても成立しそうなのですが、やや薄い朱色とクリーム色という微妙な色合いで構成されています。
まぁスーパーカーというか正確には未来の車ですよね。

Dsc00304.jpg Dsc00313.jpg

しかし、今でこそライトスピードのデザインはいまいち未来を想像できない微妙なデザインとなっていますが、80年代当時はライトスピードのようにピラーによる分割をしない一体型キャノピーを持つ乗り物のデザインというのが割りと多く、私の記憶ではルイジ・コラーニという人がデザインした「コラーニ チョロQ」は特にライトスピードに良く似た造形となっていますので興味のある方は検索してみてください。

ちなみに右側の写真は思いつきで後輪部分を反転さてみたんですが、80年代のシューティングゲームの機体でこういうのがあったようななかったような・・・。

Dsc00312.jpg

そして付属の「二連式赤外線スコープ付きミサイル」を取り付けるとアタックモードになるんですが、残念ながら購入時の保存状態の関係で「二連式」でありながら一つしかありません。
寂しいので、テックボット部隊のドリル戦車ノーズコンから「ロケット推進ミサイル」を拝借して取り付けてみました。

Dsc00310.jpg Dsc00311.jpg

穴の大きさが同じというだけあって割りと違和感無く取り付けられますよね。

そんなこんなでそろそろロボットにトランスフォーム!!

Dsc00327.jpg Dsc00328.jpg

Dsc00329.jpg Dsc00330.jpg

変形は見たまんまの極めて簡単なもので、特に足は・・・あの、なんていう競技ですかね?運動会なんかで袋に足を突っ込んでピョンピョン跳ねるやつ。あんな感じになってます。
現代のトランスフォーマーでは劇場版TFのアーシーやエリータワン等のバイク系異形ロボットを「マーメイドスタイル」と呼んでいますが、今後はライトスピードや以前紹介したストレイフ等、一体化された足を「旧マーメイドスタイル」と呼んではどうかと提唱します。

ちなみに付属武器として「光バースト砲」という手持ち武器があるそうですが、これも保存状態の関係上ありません。おまけにシールはズレてて車輪はキズだらけですが、当時私が持っていたライトスピードも同じだったと思いますので、それでも捨てられずにちゃんと保存されていたこのライトスピードになんとなく愛着が湧いてシールも剥ぎませんでした。

さて、そんなライトスピードはスーパーカーというビークルモードを持ちながら「探索員」という役割で、性格は「星間宇宙旅行を愛し宇宙の巨大な湾内探査を好む。」そうです。探索にはあまり有効とはいえないビークルモードですが、あくまで私の想像でいうと、ライトスピードは単独で探査するのではなく、広大な宇宙に思いを馳せながら宇宙を航海して未知の惑星を探索する。そんなキャラクターなのではないかと思っています。

Dsc00334.jpg Dsc00335.jpg

え~、これは変形途中の伸びきった状態で撮った写真なのですが、リムジン状態とでも言いますか。
より未来的で気に入ったので載せてみました。

というわけで、テックボット部隊から探索員ライトスピードでした。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

グラディウスだ!

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
テックボット狙撃員 ストレイフ


新幹線しかり、ジェット旅客機しかり、昔から高速で移動する乗り物は空気やその他の抵抗を軽減する為に先っちょを流線型に尖らせてきたものですが、ストレイフのその姿というものは私にとって従来の常識を覆す画期的なデザインでした。

Dsc01204.jpg Dsc01206.jpg
流線型でもなければ、コクピットすら見当たらないという画期的な先割れ戦闘機・・・

これでグラディウスのビックバイパーを知らなければもっと衝撃を受けていたのですが、惜しい。
gradiuse.jpg

さて、合体してコンピューティコンとなるテックボットの一人ストレイフの紹介ですが、このよく分からない形の戦闘機は設定によると「高速ジェット」となっており、SF色の強いテックボットの一員らしいデザインとなっています。

Dsc01205.jpg Dsc01208.jpg

しかし、高速ジェットという割に最高空中速度は時速928kmとなっていまして、音速であるマッハ1をキロメートル換算すると時速約1200kmですから、あまり速くないというか音速は出ないようです。
ちなみにどういった状態を指すのかわかりませんが最高地上速度は時速400kmとなっていますので、ロボットの状態で走るのか(くっついた脚で)、はたまた機体下面に付いたランディングギア的なもので走行するのかどちらにせよ空を飛ぶのと同じくらい地上を走るのも得意みたいです。

Dsc01214.jpg Dsc01213.jpg
問題のランディングギアらしきものですが、これが付いているのはとても良いんですがデザイン上、前後が段違いになっていて機体が水平にならないんですよね。

Dsc01211.jpg

また他のテックボットや同時系列で登場したテラートロンには「アタックモード」と呼ばれる追加武装形態があるのですが、ストレイフには無く、それ以前に前方に取り付けている「二連式自動光パルス宇宙銃」が無くなってしまうとデザイン的に破綻してしまうという点もストレイフの見所の一つです。

余談ですが、ストレイフは中古で手に入れましたが、前の所有者が二連式自動光パルス宇宙銃を紛失しているともうそれで価値は激減してしまいますので、ちゃんと保管されていたことに感謝したいと思います。


というわけで次はロボットモードです。

Dsc01216.jpg Dsc01217.jpg

Dsc01219.jpg

変形はスクランブル合体兵士にありがちなごくシンプルなもので、見たまんま上半身を反転させ下半身を引き伸ばし、主翼を後ろにたたむというものです。

Dsc01220.jpg Dsc01221.jpg

ストレイフにとって生命線である二連式自動光パルス宇宙銃(長い)はロボットモードでは余剰になってしまうのですが、手持ち武器である「熱戦ライフル」の代わりに二丁持ちすることができます。
公式設定では狙撃兵であり「狙撃の腕は熟練を極める」とありますので火気の多さも納得できますね。

Dsc09307.jpg Dsc09301.jpg

Dsc09308.jpg Dsc09310.jpg

あと、弄ってて思ったんですけど、脚も左右くっついたままだし翼をたたまなかったら「対ザクレロ戦のガンダムMA形態」 に見えますよね。(懐しい)

Dsc01230.jpg

最後にG2ストレイフと並べて撮ってみました。
というわけで奇抜なデザインがお気に入りのストレイフはいかがだったでしょうか?
今夜のレビューはここまでです。


PS:小さなこだわりなんですが、今回、高速ジェット状態の写真はグラディウスのゲーム画面を意識して全て右向きに撮っています。

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
プロフィール

ドクター

Author:ドクター
子供の頃からトランスフォーマーを見て育った管理人です。
あまり詳しい情報などは分かりませんが、思いついた時に自分らしいレビューを残していきたいと思っています。
リンクはフリーですので、どうぞご自由になさってください。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。